ご相談はこちら

「脱ひきこもり」お役立ちコラム

1つも良いところがないと思っていませんか?

松隈 信一郎(医学博士/公認心理師)

福岡県出身。慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程にて幸福感や強み等、人間のプラス面を科学するポジティブサイコロジーを研究。在学中より従来のカウンセリングではない、ポジティブサイコロジーによる不登校・ひきこもり支援の可能性を見出す。その後、一般社団法人ストレングス協会を設立。10代、20代の若者に特化した訪問支援と教員・保護者への心理教育を通して、世界中の青少年が希望をもてる社会の実現に向けて活動を続ける。著書に『ポジティブサイコロジー:不登校・ひきこもり支援の新しいカタチ』(金剛出版)、『「強み」の見出し方』(「月刊精神科」2017年7月号)等。

 

不登校やひきこもりのお子様でお悩みの親御様よりお問い合わせを頂く際、お子様の過去にあった出来事について詳細にご教示頂けることがあります。通常、親御様からお子様の不登校やひきこもりの状況や性格的なことをお伺いして、お子様ご自身の了承を得、最初の無料面談に伺うのですが、この訪問支援を続ける中で、あることに気付いたのです。それは事前に親御様から伺ったお子様情報と不登校やひきこもり中のお子様ご本人から伺う情報に違いがあるということ。勿論、お子様の不登校やひきこもりのことでお悩みであるからご連絡を頂くのですが、往々にして親御様から頂くお子様情報は、彼らの短所について書かれたことばかりであり、彼らの長所に関しての情報がほとんどありません。その親御様から頂いた情報をもとに「どんなすごい子なんだろう・・・。」とビクビクしながら訪問するのですが、実際に会ってみると、全然、普通の子じゃないかと思うことがよくあるのです。目を見て話してくれるし、頷いてくれるし、「あれ?」と拍子抜けすることが実際にはよくあるのです。

 

この違いに気づいてからというもの、よく不登校やひきこもりのお子様に「ここに来る前にざっくりと親御さんから君のことを聞いて来たんだけど、親が思う君と、君が思う君って結構違うことがよくあるんだけど、どう思う?」と尋ねると、十中八九、「うん」と返ってきます。中には、ずっと物静かな子だったのですが、その質問の時だけ「ニヤッ」とした表情を浮かべる子もいました。今回はどうやったら子どもの長所を見つけることができるのかという点に関して、①なぜ見えないのか、そして②どうやったら見つけることができるのかという点に関して、お話していきたいと思います。

 

人は信じているものしか目に入らない

まず、心理学の分野では「確証バイアス」という人の心理機能を表す言葉があります。簡単に言うと、「自分が信じていることの根拠となる情報のみ、人は無意識に選んでいる」というバイアス(偏見)であり、例えば、「自分はダメだ」と信じていると、「勉強が出来ない」とか「ニキビがある」など、自分がダメなことを証明する情報ばかりを無意識に選びとり、一方、信じているものと反するもの、つじつまが合わないものは無意識にスルーしている心理的機能を言います。

 

もし親御様が「この子には問題がある」と信じていると、親御様の脳は全力でその問題を証明するための根拠を探します。そして、お子様の過去や現在の「良いところ」には、親御様自身の意志に反して、無意識のうちに勝手にスルーするようになっているのです。ですから、親御様にとって「この子には問題がある」ことは、実は一つの側面にしかすぎないのに、それが「真実」となってしまうことがよくあるのです。これは何も親御様が悪いというお話ではなく、人間である以上、誰しもがこのようになる傾向があり、この心理機能を理解しておかないと「現実」に対して適切な対応が出来なくなると思うのです。

 

ストレングス協会では不登校やひきこもりのお子様とお会いする際、必ず心の中で「この子の良いところはどこなんだろう?」と十数回つぶやいた後にお会いします。そうすることで今まで見過ごしていた彼らの「プラスの情報」に気づけることが出来るからです。「この子は大丈夫だ」と意識的に信じ込もうとすると、脳が勝手にその根拠を探し始めます。そして人は困難な状況から脱出するためには、実は問題探しをするよりも、自分のプラス面を活かした方が早いので、彼らのプラスの情報を得ることが非常に重要なのです。

 

今、目の前には、ずっと寝たままのお子様の姿があるかもしれません。ずっとスマホで動画を見て一日過ごすお子様の姿があるかもしれません。でも、敢えて「この子は大丈夫」という言葉を、気持ちはこもってなくても構いませんから、ぜひご自身の中で呪文のように唱えてみてください。これまで見過ごしていた情報に気付くことがあるかもしれません。そして、その気づいた彼らのプラスの情報こそが、不登校やひきこもりからの一歩目のカギとなるでしょう。

 

漠然と思うのではなく、紙に書き出す

また、「大丈夫だ」と思おうと意識することで脳が勝手にその根拠を探しはじめるとお伝えしましたが、中には「そう思おうとしてもやっぱり難しい」と思われる親御様もいらっしゃるかと思います。確かに頭では分かっていても、なかなか出来ないことってありますよね。「頭では分かっているけど、できない」・・・因みに、僕が「なんで、大丈夫と思うと意識がそっちに向くから、それをやればいいのに」「なんで出来ないんですか?」と皆さんに言ったら、どんな気持ちになりますか?僕の問いかけは皆さんの行動に結びつくでしょうか?・・・おそらく、結びつかないですよね。「頭では分かっていてもできない」・・・お子さんも一緒です。「なんで出来ないのか?」と問いただすよりも、逆に「頭では分かっていてもできない時ってありますよね。」と今の事実を認めたり、「頭で分かったことが出来た時ってどういう時?」と出来た時のお話を思い出させるような声がけの方がよっぽど意味があると思いませんか?

 

すいません、本題の「どうやって長所を見つけるか?」に戻りますが、「大丈夫」の理由を挙げても出てこない時、他のご家庭で親御さんが「うちの子、一つも良いところないんです」と言ってきたら、皆さんどう思われますか?・・・「そんなはずないでしょ?」って思いますよね。他のご家庭の子に対しては言えるけども、我が子に対しては言えない。もしかすると期待値が高すぎて、お子さんの良い側面が見えなくなっているかもしれません。そのため、お子様の良い部分に関して、一度、冷静に紙に書き出してみることをお勧めします。まず、少なくとも5個は書いてみてください。たった5個で構いません。もし手が止まってしまった場合、彼・彼女の友達だったら何て言うかな?先生だったら何て言うかな?と、他の人の視点を借りてくるのも役立つかもしれません。その際、「昔は〇〇だった」はカウントに入れないで、今、目の前にいるお子様の良い部分について書き出してみてください。

 

人は、自分のことを肯定的に見てくれない人の話を聞こうとはしません。「ここを直さなければ、社会でやっていけない」からと親心からご指摘されることもあるかもしれませんが、本人からすると「なんでいつも自分のあら探しばかりするの」としか受け取られていないこともよくあります。もし5個書くことができなかった場合は、彼らが好きなことをやっている最中、どんなことを考えているのかを伺ってみてください。その子なりに目標に向かって、創意工夫していることがきっとあるはずです。その際、強みのリストが頭の中に入っていると、よりお子様の強みを見つけやすくなるかもしれません。強みのリストについて、「ポジティブサイコロジー:不登校・ひきこもり支援の新しいカタチ」(金剛出版)に記載しておりますので、もしご関心があれば、是非お手に取ってみてください。何度もお伝えしますが、人は、自分のことを肯定的に見てくれない人の話を聞こうとは思いません。学校や仕事に行っている、行っていないという「結果」のお話から一歩離れて、今、目の前にいるお子様をプラス面を見る意識を練習しましょう。なぜなら、そのプラス面こそが、彼らが希望をもてるための原材料になるのですから。