お問い合わせはこちら

「脱ひきこもり」お役立ちコラム

高校2年時に退学して引きこもっていた男の子が、自分の「強み」を自覚し、高卒認定に向けて塾に通い出したケース

L君(16歳/男性:東京都在住)は13歳の時、教室内で過呼吸を起こし、パニック発作により欠席と早退を繰り返していましたが、中学2年の半ば頃から不登校になり、その代わりにフリースクールに通い始めていました。しかし、そこでの登校も困難になり、ひきこもりの状態となっていました。15歳の時、もう一度人生をやり直そうと新たな気持ちで通信制高校に入学しましたが、そこでも登校できない状態が続き、最終的に、高校を……

続きを読む

部活の強豪校で挫折し、転校後に引きこもっていた女の子が、自分の「強み」を自覚して短期留学に踏み出したケース

Kさん(17歳/女性:神奈川県在住)は当時、通信制高校に在籍する高校2年生でした。中学までスポーツで高い成績を残し、体育系に特化した私立高校に入学しましたが、部内の人間関係に躓き、学校に行きづらくなり、そのまま不登校に。出席日数が足りず、高校1年の冬に通信制に転校することになりました。転校後、オリエンテーション等で何度か学校に通ったものの、そこからぱったりと行かなくなり、毎朝、母親が起こしに伺うも……

続きを読む

私立高校から通信制に変わり、劣等感を感じていた男の子がクラスをまとめ始め、そこに意味を見出したケース

H君(17歳/男性:東京都内在住)は高校受験でなんとか進学校に入学したものの学業不振で挫折して学校を辞め、ヤンチャな子から発達に課題がある子まで、様々な子達がいる通信制高校に転校した男子生徒でした。転校したものの、ずっと学校には行けておらず、「自分はこんな環境にいること自体、もう負け組だ」とひどく落ち込み、部屋の壁に多くの穴が開いている状況でした。親御様が都内の通信制高校が主催する不登校セミナーで……

続きを読む

病院に行っても異常がないと言われていた不登校の高校生女子が、目標を細かく設定することで活力を取り戻したケース

Gさん(16歳/女性:埼玉県在住) 【背 景】 私立高校に在学する高校2年生の女子生徒。小学校時から私立に通い、そのままストレートに高校進学。高校1年時の11月頃に不登校になる。原因は不明だが、なかなかベッドから起きてこず、両親も心配になり病院に連れいていくも医学的には問題はなかった。親子間での会話はあるが、学校に行かくなった頃から、「腫物にさわるように」会話が出来なくなっていた。このままで……

続きを読む

留年間際の高校2年生の男の子が、科学的な自己意志力の高め方を実践して前進したケース

E君(16歳/男性:千葉県在住) 【背 景】 私立高校に在学する高校2年生。中学2年時に不登校になり、テストだけは頑張って行ったが、行ったり行かなかったりの日々が続いていた。高校は親の強い勧めで私立高校に入学。高校1年時は仲の良い友人がいて通学していたが、昨年9月に夏休み以降、学校に行きづらくなり、再び不登校になる。本人曰く「学校に行こうとすると脚がすくむ」とのこと。高校2年生に何とか進級さ……

続きを読む

昼夜逆転して不登校だった高校男子が、転校後に安定して通学できるようになったケース

C君(17歳/男性:都内在住) 【背 景】 中高一貫の私学に在学する17歳。高校1年9月に部活の人間関係がきっかけで不登校に。高校1年が終わった頃に訪問支援を受け始める。内気な性格であり、顔を見て話すことができない状態。普段はネットゲームを夜中にし、日中は部屋にこもっているので何をしているのかわからない。夕食のみ家族と共に過ごすが、会話はそこまでない。父親は担任赴任で家におらず、母親、弟、妹……

続きを読む

7年間引きこもっていた17歳の男の子が、自分の「強み」と「生きる意味」に気づき、歩き始めたケース

A君(17歳/男性:都内在住) 【背 景】 小学2年生の時に不登校になり、以後ひきこもり。小学6年生時にフリースクールに半年間通学するも、中学入学と同時に再び不登校に。高校は都内の通信制高校に進学。通学・自宅学習もしておらず、普段は自分の部屋でネットゲームをして過ごし、外出は祖母の通院にタクシーで付添う程度。たまに夜中に目的もなく徘徊し、母親が警察に捜査願いを出すこともしばしば。A君本人によ……

続きを読む