お問い合わせはこちら

「脱ひきこもり」お役立ちコラム

大学入学時に人間関係でつまずいた20歳の男の子が自分なりの人間関係の築き方を学んでいったケース

N君(20歳/男性:東京都在住)は幼少期から高校まで地方で過ごし、大学時から進学のために東京に引っ越して一人暮らしをしていました。都会の生活や周囲のクラスメイトのあか抜けた雰囲気に馴染めず、1年時の4月のみ登校してゴールデンウィーク明けから大学に行けなくなりました。その後は自分の部屋でスマホをいじりながら時間だけが過ぎていくという日々を送り、進級のタイミングで単位が取れていないことを親が知り、この……

続きを読む

大学を休学して引きこもっていた男の子が、リスクを明確にしたことで進み出したケース

F君(22歳/男性:東京都内在住) 【背 景】 大学2年生を休学中の22歳。高校時代、不登校気味であったが、学校側の協力もあり、なんとか卒業。その後、入学した大学では1年時の夏休みまでは通学したが、2学期以降、ひきこもり状態に。大学側から保護者に連絡があり、学校に行っていない事実が発覚。翌年3月に休学手続きを行う。親から大学を辞めて働くか復学するかの選択を迫られるが、無言のままでほとんどの時間……

続きを読む

大学を退学して引きこもっていた男子が、3ヶ月後に再入学に向けて歩き始めたケース

D君(21歳/男性:埼玉県在住) 【背 景】 都内の大学(理工学部)に自宅から通う大学1年生であったが、前年11月に突然退学したいと言い出し、親が説得してもどうすることも出来ず、本人の意思を尊重し、退学。高校時にも夏休み明けに不登校になっていた時期もあったがその理由については不明。退学前から家で過ごす時間が増えてはいたが、退学後から自分の部屋にひきこもり、会話がなくなり、両親はどのようにすれ……

続きを読む