お問い合わせはこちら

「強み」を活かして「親子」で実現! 訪問支援

訪問支援:ポジティブサイコロジーコーチング(PPC)

一般社団法人ストレングス協会が行う訪問支援(家庭訪問)は、主に10代・ 20代を対象に、近年アメリカを中心に生まれた新しい心理学であるポジティブサイコロジーの理論を応用したコーチングによる支援です。「弱み」や「欠点」を修理する従来のカウンセリングとは異なり、ストレングス協会の訪問支援で行うポジティブサイコロジーコーチング(PPC)はお子様の「強み」にフォーカスします。また不登校・ひきこもりのお子様を支える親御様にもPPCをご理解いただき、日々実践していただくことで、お子様が人生を前に進める環境づくりに貢献して頂きます。

「強み」にフォーカス

<従来のカウンセリング>
  • 不登校・ひきこもりの「弱み」に焦点を置く
  • その子たちは「問題のある患者」として扱われることになる
  • 「自分はダメなんだ」という心のチリがどんどん蓄積され症状は悪化する
<ポジティブサイコロジーコーチング(PPC)>
  • 不登校・ひきこもりの「強み」に焦点をおく
  • その子たちと強みをもつ「一人の人間」として向き合う
  • 本来備わっている「強み」を活かすことで自然とひきこもり状態から一歩前へと歩み出す

「親子」にフォーカス

<従来のカウンセリング>
  • お子様のみ(もしくは保護者様のみ)がカウンセリングの対象
  • 一方に心理的変化があっても、家庭環境が変わらないのですぐに元にもどる
  • 結果、何も変わらない
<ポジティブサイコロジーコーチング(PPC)>
  • 親御様にもPPCのやり方を教える
  • 親御様の関わり方がポジティブなものに変わると、自然とお子様の心情も変わり出す
  • お子様の「強み」を理解して、お子様らしい歩み方を応援して頂く
  • お子様の「一歩」には親子のプラスの関係性がカギ

訪問支援の概要

訪問回数 お子様 親御様
お試し訪問   信頼関係づくり コーチングスキル
ご入会
1回目 心の整え方 心の整え方
2回目 「強み」の発見 楽観性トレーニング
3回目 「強み」テスト 「強み」テスト
4回目 「強み」の活用 「強み」を活かす声がけ
5回目 アクションプラン作成 今後について

※お子様の状況に応じてカスタマイズする可能性があります。
※お試し訪問は1万円(税別)になります。
※クリフトンストレングス® (米国ギャラップ社)
※5回目以降の継続支援について、下記をご参照ください。

訪問支援の内容

  • お子様へのポジティブサイコロジーコーチング5回(90分/回)※約1週間間隔
  • 保護者様へのご報告とPPCの伝授5回
  • お子様・親御様(1名分)の強み診断テスト受検と結果レポート説明
  • 次回までのホームワークの実施・提出(お子様用)

【ポジティブサイコロジーコーチング(PPC)】

お子様へのポジティブサイコロジーコーチング(PPC)はご自宅にて約1週間間隔で行います。お子様とのセッション後は毎回、親御様にご報告し、PPCのやり方も伝授させて頂きます。そして、日々のお子様との関わり方に変化をつけて頂きます。ストレングス協会のPPCは従来の原因を特定して治療するアプローチではないため、親御様もお子様の「良い部分」にフォーカスされることが不登校・ひきこもり支援のカギとなります。(参考:コラム「ひきこもりを支える保護者の方へ」

【ホームワーク】

次回面談までの間にお子様にホームワークがあります。このホームワークは科学的に実証されたポジティブサイコロジー(参考:コラム「心理学の歴史」)のワークを用いて実施します。

お試し訪問

お試し訪問では、コーチとお子様の信頼関係づくりを目的としています。お子様の現状を把握するとともに、お子様の趣味や没頭した経験などを伺い、お子様がもつ「強み」を特定する上で必要な情報を伺っていきます。またコーチはPPCの考え方を教え、お子様が今後、PPCに取り組みたいかどうかを判断して頂きます。お子様とのセッション後、親御様に報告し、PPCの基本となるコーチングスキル(傾聴と明確化)を親御様に伝授させて頂きます。

1回目:心の整え方

【お子様】

お子様がPPCに取り組むことに同意した場合、ご入会後に1回目のコーチングセッションをご自宅にて行います。初回はネガティブになりがちな時に使える「心の整え方」をお子様に教えていきます。具体的には、科学的に実証されたマインドフルネスや脱フュージョンと呼ばれるスキルです。このスキルを学ぶことで、お子様はネガティブになりやすい「思い込み」を観察できるようになっていきます。また信頼関係を築くために、お子様のお話を聴きながら、「強み」の原石を探っていきます。ホームワークとして、「1日の終わりに良かったことを3つ書く」というポジティブサイコロジーのエクササイズを行ってもらいます。

【親御様】

セッションの内容をご報告した後、親御様にもマインドフルネスと脱フュージョンという「心の整え方」を伝授させて頂きます。お子様の現状に不安を感じられる時、この「心の整え方」のスキルを用いて、一度、気持ちを整理して頂き、前回のコーチングスキルを継続して行えるようにサポートさせて頂きます。

2回目:「強み」の発見

【お子様】

前回の復習をした後に、「3つ良かったことを書く」ホームワークを振り返ります。お子様は「なぜ自分がこれを『良かったこと』として挙げたのか」という理由を考えることで自己理解を深めていきます。その後、コーチはこれまでの会話の中で見出したお子様特有の「強み」について、お子様と話し合っていきます。これまで自分のダメな部分ばかりを見ていたお子様にとって、自分のプラス面を知るキッカケをつくります。また、お子様のレジリエンス(折れない心)を育むために、「楽観性」のトレーニングを行います。ホームワークとして、「3つ良かったことを書く」エクササイズとマインドフルネスの継続と次回までに「強み診断テスト」をオンライン上で受検して頂きます。

【親御様】

お子様とのセッション内容をご報告した後、親御様にも楽観性トレーニングを伝授いたします。「楽観性」を親子で学ぶことで、お子様がネガティブになり過ぎて“戻ってこられなくなる”一歩手前で気づけるようになり、未然に回避できる会話ができるようになります。また次回までに親御様にも「強み診断テスト」を受検して頂きます。

3回目:強み診断テストの解説

【お子様】

前回の復習とホームワークの確認をした後に、コーチはお子様に「強み診断テスト」の結果を解説していきます。この「強み診断テスト」は「ポジティブサイコロジーの祖父」と呼ばれる故ドナルド・クリフトン博士(元米国ギャラップ社CEO、ネブラスカ大学心理学部教授)が開発したアセスメントツールで、お子様の「強み」の原石を特定します。(参考:コラム「『強み』アプローチの科学的根拠とは?」)お子様はテスト結果を理解する中で自分自身の「強み」が過去にどのように機能していたのかを認識しはじめ、自分自身に対する深い洞察を得ることができます。ホームワークとして、「3つ良かったことを書く」とマインドフルネスの継続、また自分自身の「強み」が日常生活でどのように機能しているかを観察してもらいます。

【親御様】

お子様の「強み診断テスト」の結果をご共有した後、コーチは親御様のテスト結果も解説します。親御様がご自身の「強み」を把握することで自分らしい子育ての仕方やお子様と関わる上で配慮すべきことを学ぶことができ、より良い関係性を構築していきます。

4回目:「強み」の活かし方

【お子様】

前回の復習をした後に、お子様は自分自身の「強み」の活かし方を学んでいきます。自己理解を深めるセッションであり、自分はどのような状況で「水を得た魚」のようになるのか、「陸に上がった魚」になってしまうのかを自分自身の「強み」をもとに考えていきます。このプロセスを通して、お子様は自分自身の良い部分と気をつけるべき部分を認識することができるようになります。ホームワークとして、「3つ良かったことを書く」エクササイズとマインドフルネスの継続、また自分自身の「強み」をもとに今後どのような人生を送りたいのかを考え始めて頂きます。自分の欠点ばかりをみて将来の展望を考えても何も見えてきませんが、自分の「強み」をもとに将来を考え始めると異なる景色がみえてきます。

【親御様】

お子様とのセッション内容をご報告した後、親御様にお子様の「強み」をさらに詳細にお伝えし、それに合わせた声がけのコツをお伝えしていきます。

5回目:アクションプラン作成

【お子様】

前回の復習をした後に、ポジティブサイコロジーの「希望」に関する知見をもとに、将来の展望について話し合います。そして、将来の展望を見据えた上で踏むべき、次の具体的なアクションについてお子様の「強み」をもとに計画していきます。ホームワークとして、「3つ良かったことを書く」エクササイズとマインドフルネスを継続します。またコーチングセッションで作成したアクションの実行を試みます。

【親御様】

お子様とのセッション内容をご報告した後、コーチはセッションで出てきた「次の一歩」のアクションをお子様ができるように、具体的なサポートの仕方を助言します。また親御様と今後の方針について話し合います。

5回目以降

5回目以降、継続支援をご希望の場合は3回1セット(7万円税別)で継続支援が可能です。5回目以降は、お子様の「強み」をさらに深掘りする形で進めていきます。この時点でお子様は自己理解が非常に進んでいるため、コーチは新しい考え方を教えるよりも、よりお子様特有の「強み」に合った形で適切な質問をしていき、お子様本人が自ら考え、自立して行動していけるよう促していきます。このプロセスを通して、お子様は自分自身の判断や行動に自信を持つことができるようになり、転んでも自分で立ち上がることができるようになっていきます。また親御様にはお子様とのセッション内容をご報告させて頂いた後、親御様に対しても「強み」に合った質問をさせて頂き、親御様ご自身が自ら考え、お子様に適切なサポートができるように導いて参ります。

※これまでのケースでは、平均的に面談回数は7~10回程度です。PPCが完璧に合致するお子様は過去のひきこもり歴に関わらず4~5回でひきこもり状態から前に歩み始めるケースもよくあります。一方、ひきこもり状態から前に進み出しても継続サポートしてほしいというご要望で15回の面談を時間をかけて実施したケースもございます。5回目以降に関して、お子様に合わせて個別でのご対応をさせて頂きますので、お気軽にご相談ください。

「強み」を活かし、前に歩み出した生徒の声

入会までの流れ

  • STEP 1

    無料電話相談・メール相談

    • お電話もしくはメールにて無料相談・お問合せが可能です。
    • メールの場合、お問い合せフォームよりご送付ください。
    • お電話の場合、080-1530-9781までご連絡ください。
    ※お電話の場合、面談や移動中で出られない場合もあります。1~2日以内に必ず折り返しご連絡いたします。
    ※事前にメールにてお子様の状況をご教示頂けますと電話での対応がスムーズになります。
  • STEP 2

    お試し訪問(お子様60分/親御様60分)

    • コーチがご自宅を訪問いたします
    • お子様と直接お会いしてお話を伺う中、現状を把握し、信頼関係を築きます
    • お子様にPPCの説明をします
    • コーチとの相性が合うかどうかを確認してもらいます
    • お子様とのセッション後、親御様にセッションの内容を報告します
    • 親御様にPPCのコーチングスキル(傾聴・明確化)を伝授します
    • 親御様のご質問にお答えし、ご不明な点を解消します
    ※ご自宅以外でも可能です。お気軽にご相談ください。
    ※ご自宅にてお子様とお会いできなかった場合も費用が発生します。予めご了承ください。
  • STEP 3

    ご入会・ポジティブサイコロジーコーチング開始

    • お試し訪問後、コーチング内容やコーチとの相性などをご確認頂いた後、ご入会・訪問支援の開始となります
    • ご不明な点などを解消します
    • 初回のセッション前に心理アセスメントを実施します
    • 「PPC(お子様へ90分×5回/親御様へのご報告とPPC伝授)+ホームワーク」を実施します
  • STEP 4

    5回目以降

    • 継続支援をご希望の場合は3回1セットで継続支援が可能です。
料金(税別)
お試し訪問(初回のみ) 「JR中央線吉祥寺駅 ⇔ 最寄り駅」往復運賃+10,000円
入会費(交通費) 「JR中央線吉祥寺駅 ⇔ 最寄り駅」往復運賃×5回分
訪問支援:PPC(5回分) 150,000円
  • 往復運賃は交通公共機関(電車・バス)を使用した最安ルートを採用します
  • 訪問支援はお子様へのPPCと親御様へのご報告、PPCの伝授が全て含まれます
  • PPC開始後、病欠等の振り替えによる追加料金は一切かかりません
  • PPC料金は指定の講座に一括納入して頂きます
  • 5回目以降は3回分1セット(70,000円+往復交通費3回分/税別)で継続可能です
  • 途中退会による返金はございません。ご了承ください