お問い合わせはこちら

「脱ひきこもり」お役立ちコラム

お子様のことで悩んだら、まずはこの質問を!

松隈 信一郎(医学博士)

福岡県出身。慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程にて幸福感や強み等、人間のプラス面を科学するポジティブサイコロジーを研究。在学中より従来のカウンセリングではない、ポジティブサイコロジーコーチング(PPC)による不登校・ひきこもり支援の可能性を見出す。その後、一般社団法人ストレングス協会を設立。10代、20代の若者に特化した訪問支援と教員・保護者へのPPCの教育を通して、世界中の青少年が希望をもてる社会の実現に向けて活動を続ける。著書に『「強み」の見出し方』(「月刊精神科」2017年7月号)等。

 

不登校やひきこもりのお子様をもつご家庭と関わっている中、よく親御様から「この場合どうすればいいでしょうか?」とアドバイスを求められることが多くあります。勿論、ポジティブサイコロジーの知見でしたり、これまで関わってきたご家庭での経験から色々とお伝えすることはできるのですが、まず、次の質問をするように心がけています。

 

もし同じことが他のご家庭でも起きたと想像してみて下さい。(想像できたのを確認して)そのお母さんが相談にきたら、なんてアドバイスしますか?

 

すぐに答えが出てこないかもしれませんが、ここでしっかりと考えて出てきたご自身の言葉に親御様ご自身がとても納得されることが多いんです。というのも、人の主観的で視野が狭くなっている時に悩みます。私も皆さんと同じように悩みますが、やっぱりその時を振り返ると視野が狭くなっている時なんです。(猛獣に襲われる等の危険な状況下では、視野を狭くして一目散に逃げられるように生物は進化してきたのである意味、当然なんでしょうね)他のご家庭で同じ問題が起きていて、それにアドバイスをするという行為は、客観的にその状況をみれる視点に運んでくれます。しかも親御様はその状況を詳しく知っているため、そのアドバイスが適格なんです。

 

もし今お子様の不登校やひきこもりで悩んでいらっしゃる場合、まずは上記の質問をご自身に問いかけてみるのはいかがでしょうか?

これまでと異なる発想や視点をもたらしてくれるかもしれません。それでもなかなか糸口が見つからない場合、一緒に考えていきましょう。