お問い合わせはこちら

「脱ひきこもり」お役立ちコラム

息子に話しかけても、詳しく教えてくれない ②

松隈 信一郎(医学博士)

福岡県出身。慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程にて幸福感や強み等、人間のプラス面を科学するポジティブサイコロジーを研究。在学中より従来のカウンセリングではない、ポジティブサイコロジーコーチング(PPC)による不登校・ひきこもり支援の可能性を見出す。その後、一般社団法人ストレングス協会を設立。10代、20代の若者に特化した訪問支援と教員・保護者へのPPCの教育を通して、世界中の青少年が希望をもてる社会の実現に向けて活動を続ける。著書に『「強み」の見出し方』(「月刊精神科」2017年7月号)等。

 

「知りたい」のは誰のため?

前回のコラム「息子に話しかけても、詳しく教えてくれない ①」では、息子様は「男の子」から「男」に変わっているというお話をさせて頂きました。

 

ここでは、そもそも「息子様の心境を詳しく知りたいのは誰のためか?」という、もっと本質的な問いに関して考えていきます。

 

不登校・ひきこもりの息子様がご家庭にいらっしゃれば、勿論、「何が原因なんだろう?」と知りたくなるのが親心ですし、それを「私が解決してあげたい」というお気持ちになるのも当然かと存じます。

 

ですが、10代後半ともなれば、他人には知られたくない秘密ごとが自分の中に1つや2つくらいあって当然な年頃です。親御様(特にお母様に多いようです)がひきこもり脱出に向けて「私が解決してあげる」と力めば力むほど、私がこれまで関わって来たケースから考えてみると、総じて息子様は心理的なバリケードをさらに高くしていく傾向にあるようです。

 

「話しかけても詳しく教えてくれない」という悩み。

 

様々なケースがあるため、一概に述べたくないのが正直な心境ですが、語弊を恐れず述べさせていただくと、それは、「一体、誰のために聞きたいのですか?」という疑問が、これまでの経験上、私の中で湧き起こってきます。

 

・・・

 

「男」というのは「母親」から生まれてきた生き物です。

 

たとえ年齢と共に「親離れ」しても、歳を重ねるにつれて「感謝」という言葉と共に、また親元に帰ってくる生き物です。

 

「話しかけても詳しく教えてくれない」という悩みを伺うごとに、「お母さん、今は敢えて下がる時期ですよ。そのうち、また波はやってきますから。安心して下さい。」と心の中で呟いています。

 

ストレングス協会は「10年後の母の日」を見据えて、目の前の息子様に語り掛けていきます。