お問い合わせはこちら

「脱ひきこもり」お役立ちコラム

【本の紹介】子ども達が生きるこれからの時代感覚をアップデート

松隈 信一郎(医学博士)

福岡県出身。慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程にて幸福感や強み等、人間のプラス面を科学するポジティブサイコロジーを研究。在学中より従来のカウンセリングではない、ポジティブサイコロジーコーチング(PPC)による不登校・ひきこもり支援の可能性を見出す。その後、一般社団法人ストレングス協会を設立。10代、20代の若者に特化した訪問支援と教員・保護者へのPPCの教育を通して、世界中の青少年が希望をもてる社会の実現に向けて活動を続ける。著書に『「強み」の見出し方』(「月刊精神科」2017年7月号)等。

 

不登校や引きこもりのお子様をもつ親御様がご不安に感じられることのうちの1つに「引きこもり状態から脱出して、将来ちゃんと仕事に就けるのか?」というものがあります。「小学校-中学校-高校-大学3年時-就職活動-大学卒業-就職-約40年勤務-退職-年金暮らし」という見えないレールが敷かれている日本社会では、このレールから外れてしまったお子様に対して、そのようにご不安を感じられ、一刻も早くこのレールに戻さないとと焦るお気持ちになるのは仕方がないことかもしれません。

 

しかし、ここに朗報があります。それはこの「レール」はバブル崩壊までに存在した一昔前のモデルであり、今の社会や子ども達が生きていくこれからの社会をうまく反映していないということです。

 

この「レール」がもはや古いものだと気づいた瞬間、親御様然り、不登校やひきこもりのお子様ご自身も安心感をもち、建設的に引きもり状態からの脱出に向けて、次の一歩目を踏み出せることが多々あるのです。

 

不登校・ひきこもり支援のアプローチ方法は様々ですが、実はこの時代感覚のアップデートは親御様や不登校やひきこもりのお子様の価値観を転換させ、一歩踏み出す上で最も大事なことかもしれません。

 

そこで「時代感覚のアップデート」のためにお薦めの本を紹介します。

 

『10年後、君に仕事はあるのか?―――未来を生きるための「雇われる力」』(ダイヤモンド社)

 

この本は元リクルート社で初の民間校長となった藤原和博さんが書かれた本で、不登校やひきこもりを対象に書かれたものではありませんが、時代感覚をアップデートする上で非常に納得するものです。

 

現在、家にいる不登校やひきこもりのお子様を目の前に「引きこもり状態から脱出して将来、ちゃんと仕事に就けるのか?」と疑問に感じられたら、是非ご参考にされてみてください。