お問い合わせはこちら

「脱ひきこもり」お役立ちコラム

不登校やひきこもりのお子様と進路や今後の話ができない

松隈 信一郎(医学博士/公認心理師)

福岡県出身。慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程にて幸福感や強み等、人間のプラス面を科学するポジティブサイコロジーを研究。在学中より従来のカウンセリングではない、ポジティブサイコロジーによる不登校・ひきこもり支援の可能性を見出す。その後、一般社団法人ストレングス協会を設立。10代、20代の若者に特化した訪問支援と教員・保護者へのポジティブサイコロジーの教育を通して、世界中の青少年が希望をもてる社会の実現に向けて活動を続ける。著書に『「強み」の見出し方』(「月刊精神科」2017年7月号)等。

 

現在、不登校やひきこもりのお子様をもつ親御様で、普段の会話があるもののいざ進路や今後の話題を出したら、その途端に自分の部屋に入ってしまうというご経験がある親御様も多くいらっしゃるかと思います。ここで私自身が思うのが、「普通の会話」ができていることはとても良いことだと思います。普通の会話すらしたくないという場合もあるため、会話ができているということは少なくとも親子間の信頼関係はある状態です。もし今、このような状況で進路や今後の話となると、会話ができなくなるという状態であれば、まずはお子様と同じサイドに立って頂きたいと思います。

 

こと今後や進路の話となると、不登校やひきこもりのお子様はよく親御様を「敵」と見なしてしまいます。「もうウザいな」「そんなこと言われなくてもわかっているよ」「頭ではわかっているけど、どうすればいいのかわからないから困ってるんだよ」「ああ、もう居心地悪いから部屋戻ろう」・・・不登校やひきこもりのお子さんにとって、親御様は自分と同じサイドに立っている味方ではなく、自分を追いつめてくる「敵」だと見なしてしまうことがよくあるのです。親御様はお子さんのことをご心配して将来のことを話しかけているのに「敵」と見なされていては心外ですよね。しかし、逆の立場に立ってみると自分の親から自分でも分かっている(けれども、なかなか行動に起こせない)ことを、顔をみる度に言われたら・・・皆さん、どのような気持ちになりますか?少なくとも僕は嫌です。普通の会話ができている状態から進路の会話もできるようになるためには、まずは親御様が不登校・ひきこもりのお子様と同じサイドに立つことが重要になります。

 

皆さんがもし逆の立場だったら、どんな声を親にかけてもらえると、「あっ、お母さん自分の味方だな」と思いますか?

 

もし考えづらかったらもっと身近な例で考えてみましょう。

 

もし親御様ご自身の職場の上司が自分でも分かっている(けれど、できない)ことを何度も顔見る度に言われたらどんな気持ちになりますか? 上司からどんな声をかけてもらったら、「あっ、この上司、自分の味方だな」「自分の気持ち、本当に分かってくれているな」と思いますか?

 

「正解」「不正解」はございません。この問いからでてくる皆さんの答えの中に重要なヒントが隠されているかもしれません。ぜひ、一度、お考えになられてみてください。