お問い合わせはこちら

「脱ひきこもり」お役立ちコラム

ネガティブな感情ばかりになっていませんか?

松隈 信一郎(医学博士)

福岡県出身。慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程にて幸福感や強み等、人間のプラス面を科学するポジティブサイコロジーを研究。在学中より従来のカウンセリングではない、ポジティブサイコロジーコーチング(PPC)による不登校・ひきこもり支援の可能性を見出す。その後、一般社団法人ストレングス協会を設立。10代、20代の若者に特化した訪問支援と教員・保護者へのPPCの教育を通して、世界中の青少年が希望をもてる社会の実現に向けて活動を続ける。著書に『「強み」の見出し方』(「月刊精神科」2017年7月号)等。

 

先ずは親御様ご自身の健康から

お子様が不登校やひきこもりの状況で同じ屋根の下で生活をされていると、どうしても親心から不安や心配、焦りや怒りなど、「ネガティブな感情」が抱きやすくなってしまっているかもしれません。

 

「ネガティブな感情」、それ自体が悪いわけではありませんが、そればかりになり過ぎてしまうと、脳卒中やうつ病、心臓病など、心身の健康や人間関係に悪影響を及ぼしてしまうことが近年の科学によって明らかになっています。

 

飛行機内でも緊急時に酸素マスクをつけるのは、まず大人です。


ストレングス協会は、親御様にもポジティブサイコロジーコーチングを伝授させて頂くことで、その「酸素マスク」をご準備しております。

 

「もうダメだ」となる前に、まずは一度、お問合せください。