お問い合わせはこちら

「脱ひきこもり」お役立ちコラム

ただポジティブな言葉をかけても意味がない?

松隈 信一郎(医学博士)

福岡県出身。慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程にて幸福感や強み等、人間のプラス面を科学するポジティブサイコロジーを研究。在学中より従来のカウンセリングではない、ポジティブサイコロジーコーチング(PPC)による不登校・ひきこもり支援の可能性を見出す。その後、一般社団法人ストレングス協会を設立。10代、20代の若者に特化した訪問支援と教員・保護者へのPPCの教育を通して、世界中の青少年が希望をもてる社会の実現に向けて活動を続ける。著書に『「強み」の見出し方』(「月刊精神科」2017年7月号)等。

 

プラスの言葉の裏側にあるもの

ストレングス協会の支援アプローチの特徴は不登校・ひきこもりのご本人と保護者様の「強み」にフォーカスする中でひきこもりから一歩、前に歩き始めることを支援することです。しかし、「強みにフォーカス」と言っても、ただ単に「プラスの言葉を投げかけて励ます」といったものではないのです。ここでは不登校・ひきこもりの脱出に向けた相談支援をしている上でご本人からよく伺う言葉を元に考えていきたいと思います。

 

不登校・ひきこもりのお子様の相談にのっている際、以下のようなコメントをよく伺います。

 

「自分は他の人と比べて経験が少ないから・・・」

 

さて、このようなコメントに対して、不登校・ひきこもり状態から背中を後押しするために、どのような返答が適切でしょうか?ストレングス協会は「強み」にフォーカスするので、ただ単に「プラスの言葉で励ます」と思われがちなのですが、その解決方法、支援のアプローチは全く異なります。

 

それでは、じっくり見ていきましょう。

 

「自分は他の人と比べて経験が少ないから・・・」

 

様々なご意見があるかと思いますが、このコメントには以下の3点がポイントでしょうか。

 

  • 1.他者との比較
  • 2.経験のなさ
  • 3.これまでの人生の否定

 

「プラスの言葉で励ますこと」に重点を置いたとしても、従来の不登校・ひきこもり支援の解決アプローチでは、このコメントに対して以下のような返答が往々にして考えられます。

 

  • 1.他者との比較 ⇒「他人と比べなくていいよ」
  • 2.経験のなさ ⇒ 「これから一歩ずつ経験を積んでいけばいいよ」
  • 3.これまでの人生の否定 ⇒「過去は変えられないけど、未来は変えられるから」

 

皆さんも一度は耳にしたことがあるような内容ではないでしょうか?

 

しかし、ここで注目して頂きたいのが、これら1から3に対応したどのコメントも、不登校・ひきこもりのお子様の「過去」は「使いようがなく、消せない悪いもの」という意味合いが暗に隠れている点です。

 

「(そのような悪いものを持っていたとしても、)他人と比べる必要ないよ。」
「(そのような悪いものを持っていたとしても、)これから一歩ずつ(良いものを)積んでいけばいいんだよ。」
「(そのような悪いものを持っていたとしても、)未来は変えられるから。」

 

いかがでしょうか?目の前のお子様にいくらポジティブな言葉を投げかけて励まして解決しようとしても、「自分の過去は悪いもの」という暗黙の了解が不登校・ひきこもりご本人と支援者との間に存在していないでしょうか?

 

このように不登校生やひきこもりのご本人が過去に部屋の中だけで過ごした時間を「使いようがなく、消せない悪いもの」と診断して解決方法や脱出方法を考えている限り、いくらプラスの言葉を投げかけたところで、不登校・ひきこもりご本人の自己肯定感は益々下がっていくだけであり、不登校やひきこもり状態から前に歩き始めるまでには時間がかかるのです。

 

それではストレングス協会はどのようにこのコメントに返答し、不登校や若者ひきこもりの支援を行っていくのでしょうか?