お問い合わせはこちら

「脱ひきこもり」お役立ちコラム

「短期間」の秘訣は「焦らない」

松隈 信一郎(医学博士)

福岡県出身。慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程にて幸福感や強み等、人間のプラス面を科学するポジティブサイコロジーを研究。在学中より従来のカウンセリングではない、ポジティブサイコロジーコーチング(PPC)による不登校・ひきこもり支援の可能性を見出す。その後、一般社団法人ストレングス協会を設立。10代、20代の若者に特化した訪問支援と教員・保護者へのPPCの教育を通して、世界中の青少年が希望をもてる社会の実現に向けて活動を続ける。著書に『「強み」の見出し方』(「月刊精神科」2017年7月号)等。

 

「脱ひきこもり」の皮肉な矛盾

家に引きこもっているお子様のご相談を保護者様から頂く際、まだ論理的には説明ができないのですが、分かりやすい矛盾(パラドックス)が起きることが多々あります。それは親御様が「何とか学校復帰・社会復帰させよう」と焦れば焦るほど、そのゴールから遠のき、焦らずに「どっちでもいい」くらい肝が据われば据わるほど、お子様のひきこもりからの脱出が近づくという何とも皮肉な矛盾がよく起きるのです。

 

なぜこのような皮肉的な矛盾が起きるのかはうまく説明できませんが、もし自分が今、学校・会社に行ってなく、傍にいる親が焦っていたらと想像すると・・・。私だったら不快に感じるかもしれません。そのくせ自分にとって都合が悪いことは、この状況では棚上げするでしょう。自分を防御するために。恥ずかしいお話ですが、そんなに強い人間ではないですから。

 

人は「安心感」がある方が、行動に移るのが早い生き物です。

「焦り」からは緊張感しか生まれず、「安心感」は生まれません。

「失敗してもいい」「どっちでもいい」という安心感があるからこそ、人は行動に移すことが出来るのです。

 

ストレングス協会はひきこもりの長期化を未然に防ぐために早めの対策を心掛けていますが、焦ってはいません。

どうしたら『安心感』を作れるか?」を考えながら対話を進めるため、結果的に早く、ひきこもりの状態から歩み始めるようになるだけなのです。

あくまでも「安心感」⇒「早い結果」であり、決して「焦って促す」⇒「早い結果」ではないのです。

 

親御様が焦ってしまうがために、我々が仕掛けようする「ひきこもり支援」が阻害されるケースもあり得ます。ですから、親御様には「どうか焦らないでください」とお願いするケースが多々あるのです。表面上は非常に矛盾したことを述べていますが、こればかりは譲れないため、いつもお願いさせて頂いております。

 

もし、お子様が学校に社会に「いち早く戻ってほしい」と焦ってしまったら、ぜひ次の質問を本人ではなく、ご自身に投げかけてみてください。

 

「自分の親が焦ってプレッシャーをかけてきたら、私はどんな気持ちになるだろう?」

「この子がホッと安心できるのはどんな状況なのだろう?」

 

ストレングス協会は「短期間」にこだわります。ですので、どうか焦らないでくださいね。