お問い合わせはこちら

「脱ひきこもり」お役立ちコラム

国際ポジティブサイコロジー協会 (IPPA) ニュースレター創刊号に症例が掲載

この度、ポジティブサイコロジーの世界的な権威である「国際ポジティブサイコロジー協会(IPPA)」の臨床部門が発行するニュースレター創刊号に、査読者の厳選な審査の結果、MILESTONEの症例報告が掲載されました。     「国際ポジティブサイコロジー協会」とは、米国ペンシルベニア大学やハーバード大学をはじめ、世界中のポジティブサイコロジーの研究者やプラクティショナーが……

続きを読む

9月、新学期を迎えるにあたって

夏休みが明けるこの時期になると、「子どもの自殺」がよくメディアでも取り上げられます。「学校に行きたくないけど、行かざるを得ない、でも・・・もうどうすることも出来ない」・・・そのような心理状況になるお子様が特に多い時期なのかもしれません。ほとんどの子ども達にとって、世界は「学校と家の往復」のみであり、その他に「世界」があることを知る機会がないので、そのような心理になってしまうのも無理ありません。 ……

続きを読む

MILESTONEって、実際のところどうなの?

「MILESTONEのホームページを見たけれど、実際のところどうなの?」   このような疑問を持たれる不登校やひきこもりのお子様をおもちになる親御様のために、実際にプログラムに参加したお子様の親御様から頂いたメール内容をここではご紹介します。     こちらのご家庭は、高校2年生のお子様で、精神的な面からしばらく引きこもられていたのですが、MILESTONEのポジティブサイコロジーに基づ……

続きを読む

不登校・ひきこもりの将来はどうなるの?

「うちの子、今ひきこもっているんですけど、将来、社会に出て大丈夫でしょうか?」というご質問を、不登校やひきこもりのお子様をもつ親御様から何度も伺ってきました。勿論、私達は占い師ではないため、「大丈夫です。」と断言することもできませんし、「大丈夫ではありません。」とも答えることができません。しかし、実際に不登校やひきこもりから脱出して、社会で働いている大人は数えきれないほどいらっしゃいます。 &n……

続きを読む

初めてのサイトをご覧になる親御様へ

皆さん、初めまして。MILESTONE代表の松隈 信一郎と申します。当団体のホームページにお越しくださり、ありがとうございます。私達は現在、東京・神奈川・千葉・埼玉にいる10代・20代の不登校やひきこもりのお子様を対象に訪問面談を行い、また全国各地の親御様とは電話でやり取りをしながら、お子様が次の一歩を踏み出すご支援をさせて頂いております。   おそらく今このホームページをご覧頂いて……

続きを読む

「無意識の自分」に御礼を言う。

不登校やひきこもりのお子様の悩みの1つに「〇〇しなければいけないけど、どうしてもできない」というものがあります。「意識の上ではテスト受けないといけないと分かっているけど、受けれなかった」「外に出ないといけないと分かっているけど、気がすすまない」・・・などなど、お子様本人の意識は「〇〇したい」「〇〇しなきゃ」と思っているけれど、無意識的にストップをかけるというご経験をするお子様が多くいらっしゃいます……

続きを読む

MILESTONEと非常に相性が良いお子様の特徴

ネットで「不登校」や「ひきこもり」の支援で検索すると多くの団体が出てきます。不登校やひきこもり状態のお子様をどうにかしたいとお悩みになられる親御様にとって、一体どこの団体にお願いをすればよいのかとお悩みになられることも多いかと思います。そこで今回、ここではMILESTONEならではの特長をいくつかお伝えし、「こういうお子様にとってはメリットがある」という点に言及したいと思います。もしお子様が以下の……

続きを読む

親御様の「幸せ」は?

訪問支援を通して、不登校やひきこもりのお子様と関わっている中、往々にして4回目の面談頃から未来に向けた有意義な対話が出来るようになります。その時、親御様の期待や世間体ではなく、お子様本人がやっぱり復学したいという意志がある場合、その方向で作戦を立てていくということをさせて頂いておりますが、その後、実際にお子様が行動に移し始めた時、親御様は一体どのようなサポートができるのでしょうか?ここでは親御様の……

続きを読む

引きこもる子供の声「将来、したいことがわからない。」

「この子の将来、どうなるのかしら・・・」不登校のお子様をもつ親御様は、ずっと寝ているお子様やゲームばかりしているお子様を見るたびに、そのようなご心配をお持ちになる方もいらっしゃるのではないでしょうか?   MILESTONEが不登校のお子様と面談をしていく際、もちろん将来についての作戦会議をしていくのですが、自分から「将来、〇〇したい」と明確に仰るお子様は稀であり、ほとんどの不登校の……

続きを読む

親だけではどうしようもない時のコツ

不登校やひきこもりのお子様をもつ親御様からよくご相談頂く内容で、「本人にどのように言ったら会ってくれるか?」というものがあります。特に10代半ばから20代の不登校やひきこもりのお子様でお悩みの親御様からこのようなご質問を頂く際、親御様といたしましても「もう親が言っても聞く年頃じゃないし、第三者の人が必要だと思っているけど、どのように紹介したらいいか・・・」とお悩みになられている方も多いようです。お……

続きを読む