お問い合わせはこちら

「脱ひきこもり」お役立ちコラム

「無意識の自分」に御礼を言う。

不登校やひきこもりのお子様の悩みの1つに「〇〇しなければいけないけど、どうしてもできない」というものがあります。「意識の上ではテスト受けないといけないと分かっているけど、受けれなかった」「外に出ないといけないと分かっているけど、気がすすまない」・・・などなど、お子様本人の意識は「〇〇したい」「〇〇しなきゃ」と思っているけれど、無意識的にストップをかけるというご経験をするお子様が多くいらっしゃいます……

続きを読む

MILESTONEと非常に相性が良いお子様の特徴

ネットで「不登校」や「ひきこもり」の支援で検索すると多くの団体が出てきます。不登校やひきこもり状態のお子様をどうにかしたいとお悩みになられる親御様にとって、一体どこの団体にお願いをすればよいのかとお悩みになられることも多いかと思います。そこで今回、ここではMILESTONEならではの特長をいくつかお伝えし、「こういうお子様にとってはメリットがある」という点に言及したいと思います。もしお子様が以下の……

続きを読む

親御様の「幸せ」は?

訪問支援を通して、不登校やひきこもりのお子様と関わっている中、往々にして4回目の面談頃から未来に向けた有意義な対話が出来るようになります。その時、親御様の期待や世間体ではなく、お子様本人がやっぱり復学したいという意志がある場合、その方向で作戦を立てていくということをさせて頂いておりますが、その後、実際にお子様が行動に移し始めた時、親御様は一体どのようなサポートができるのでしょうか?ここでは親御様の……

続きを読む

将来、したいことがわからない。

「この子の将来、どうなるのかしら・・・」不登校のお子様をもつ親御様は、ずっと寝ているお子様やゲームばかりしているお子様を見るたびに、そのようなご心配をお持ちになる方もいらっしゃるのではないでしょうか?   MILESTONEが不登校のお子様と面談をしていく際、もちろん将来についての作戦会議をしていくのですが、自分から「将来、〇〇したい」と明確に仰るお子様は稀であり、ほとんどの不登校の……

続きを読む

親だけではどうしようもない時のコツ

不登校やひきこもりのお子様をもつ親御様からよくご相談頂く内容で、「本人にどのように言ったら会ってくれるか?」というものがあります。特に10代半ばから20代の不登校やひきこもりのお子様でお悩みの親御様からこのようなご質問を頂く際、親御様といたしましても「もう親が言っても聞く年頃じゃないし、第三者の人が必要だと思っているけど、どのように紹介したらいいか・・・」とお悩みになられている方も多いようです。お……

続きを読む

うちの子には良いところがない。

不登校やひきこもりのお子様でお悩みの親御様よりお問い合わせを頂く際、お子様の過去にあった出来事について詳細にご教示頂けることがあります。通常、親御様からお子様の不登校やひきこもりの状況や性格的なことをお伺いして、お子様ご自身の了承を得、最初の無料面談に伺うのですが、この訪問支援を続ける中で、あることに気付いたのです。それは事前に親御様から伺ったお子様情報と不登校やひきこもり中のお子様ご本人から伺う……

続きを読む

【本の紹介】『〇に近い△を生きる』

このコラムでは、不登校やひきこもりのために書かれた本ではありませんが、不登校やひきこもりのお子様をもつ親御様に非常に重要な気づきを与えてくれる本をご紹介いたします。   鎌田實さんの『〇に近い△を生きる 「正論」や「正解」にだまされるな』(ポプラ新書)   私、松隈自身、20代半ばで人生に迷っていた時、たまたまこの本に出逢ったのですが、表紙を開き「はじめに」の……

続きを読む

「梅雨」の時期が重要?!

6月に入り、いよいよ関東圏も梅雨入りしました。連日降り注ぐ雨や曇り空を見ていると、気分が晴れないと感じられる親御様もいらっしゃるかもしれません。今回は「不登校やひきこもりのお子様」と「梅雨」に関して、この時期の過ごし方について記載させて頂きます。   まず、冒頭にも書かせて頂いたように、梅雨の時期は不登校やひきこもりに関係なく、誰しもが憂鬱な気持ちになる時期でもあります。低気圧の影響……

続きを読む

6月30日(土)@池袋:通信制高校主催「不登校セミナー」に登壇します。

2018年6月30日(土)に八洲学園高等学校(池袋)主催「第9回不登校セミナー」にMILESTONE代表の松隈信一郎が登壇致します。当日はMILESTONEが訪問相談で実施する面談内容がどのようなものであるかを実際にあった起立性調節障害のお子様のケースをもとにご紹介いたします。参加希望の親御様は是非、八洲学園高等学校池袋キャンパスまでお問い合わせください。     八……

続きを読む

不登校・ひきこもりの心理⑤ 「劣等感」を捉え直す

不登校・ひきこもりのお子様の心理でよく「劣等感」というものがキーワードに挙げられます。他人と比較し、自分は劣っていると感じるマイナスの心理を指しますが、いくら周囲が「他の子と比べる必要ないのに」「人と比べる必要なんてないよ」と助言しても、社会的動物である私達にとって他人と比較しないことはそもそも不可能に近いことなのかもしれません。ここではこの「劣等感」という不登校・ひきこもりのお子様の心理をポジテ……

続きを読む