お問い合わせはこちら

「脱ひきこもり」お役立ちコラム

不登校やひきこもりのお子様と進路や今後の話ができない

松隈 信一郎(医学博士/公認心理師) 福岡県出身。慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程にて幸福感や強み等、人間のプラス面を科学するポジティブサイコロジーを研究。在学中より従来のカウンセリングではない、ポジティブサイコロジーによる不登校・ひきこもり支援の可能性を見出す。その後、一般社団法人ストレングス協会を設立。10代、20代の若者に特化した訪問支援と教員・保護者へのポジティブサイコロジー……

続きを読む

不登校の生徒をクラスにもつ先生へ①

松隈 信一郎(医学博士/公認心理師) 福岡県出身。慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程にて幸福感や強み等、人間のプラス面を科学するポジティブサイコロジーを研究。在学中より従来のカウンセリングではない、ポジティブサイコロジーによる不登校・ひきこもり支援の可能性を見出す。その後、一般社団法人ストレングス協会を設立。10代、20代の若者に特化した訪問支援と教員・保護者へのポジティブサイコロジー……

続きを読む

高校2年時に退学して引きこもっていた男の子が、自分の「強み」を自覚し、高卒認定に向けて塾に通い出したケース

L君(16歳/男性:東京都在住)は13歳の時、教室内で過呼吸を起こし、パニック発作により欠席と早退を繰り返していましたが、中学2年の半ば頃から不登校になり、その代わりにフリースクールに通い始めていました。しかし、そこでの登校も困難になり、ひきこもりの状態となっていました。15歳の時、もう一度人生をやり直そうと新たな気持ちで通信制高校に入学しましたが、そこでも登校できない状態が続き、最終的に、高校を……

続きを読む

年齢別による不登校・ひきこもりの対策

松隈 信一郎(医学博士/公認心理師) 福岡県出身。慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程にて幸福感や強み等、人間のプラス面を科学するポジティブサイコロジーを研究。在学中より従来のカウンセリングではない、ポジティブサイコロジーによる不登校・ひきこもり支援の可能性を見出す。その後、一般社団法人ストレングス協会を設立。10代、20代の若者に特化した訪問支援と教員・保護者へのポジティブサイコロジー……

続きを読む

部活の強豪校で挫折し、転校後に引きこもっていた女の子が、自分の「強み」を自覚して短期留学に踏み出したケース

Kさん(17歳/女性:神奈川県在住)は当時、通信制高校に在籍する高校2年生でした。中学までスポーツで高い成績を残し、体育系に特化した私立高校に入学しましたが、部内の人間関係に躓き、学校に行きづらくなり、そのまま不登校に。出席日数が足りず、高校1年の冬に通信制に転校することになりました。転校後、オリエンテーション等で何度か学校に通ったものの、そこからぱったりと行かなくなり、毎朝、母親が起こしに伺うも……

続きを読む

ポジティブサイコロジーは「従来のカウンセリング」ではありません。

松隈 信一郎(医学博士/公認心理師) 福岡県出身。慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程にて幸福感や強み等、人間のプラス面を科学するポジティブサイコロジーを研究。在学中より従来のカウンセリングではない、ポジティブサイコロジーによる不登校・ひきこもり支援の可能性を見出す。その後、一般社団法人ストレングス協会を設立。10代、20代の若者に特化した訪問支援と教員・保護者へのポジティブサイコロジー……

続きを読む

不登校・ひきこもりのお子様にかけるべき言葉

松隈 信一郎(医学博士/公認心理師) 福岡県出身。慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程にて幸福感や強み等、人間のプラス面を科学するポジティブサイコロジーを研究。在学中より従来のカウンセリングではない、ポジティブサイコロジーによる不登校・ひきこもり支援の可能性を見出す。その後、一般社団法人ストレングス協会を設立。10代、20代の若者に特化した訪問支援と教員・保護者へのポジティブサイコロジー……

続きを読む

大学生の一人暮らしと「ひきこもり」~親として出来ること~

松隈 信一郎(医学博士/公認心理師) 福岡県出身。慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程にて幸福感や強み等、人間のプラス面を科学するポジティブサイコロジーを研究。在学中より従来のカウンセリングではない、ポジティブサイコロジーによる不登校・ひきこもり支援の可能性を見出す。その後、一般社団法人ストレングス協会を設立。10代、20代の若者に特化した訪問支援と教員・保護者へのポジティブサイコロジー……

続きを読む

元農水次官の事件でご心配になられた親御様へ

松隈 信一郎(医学博士/公認心理師) 福岡県出身。慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程にて幸福感や強み等、人間のプラス面を科学するポジティブサイコロジーを研究。在学中より従来のカウンセリングではない、ポジティブサイコロジーによる不登校・ひきこもり支援の可能性を見出す。その後、一般社団法人ストレングス協会を設立。10代、20代の若者に特化した訪問支援と教員・保護者へのポジティブサイコロジー……

続きを読む

私立中学で挫折した男の子が、2ヶ月後にマインドフルネスで一歩前に踏み出したケース

J君(14歳/男性:東京都内在住)は中高一貫の私立の進学校に通学していましたが、中学1年時、毎日1時間以上かかる通学と課題や宿題の多い授業の進捗についていけずに数日間、休んだことを機にそのまま不登校になっていました。苦しそうにしていたので、見兼ねた親御さんは家の近くの公立中学に転校することを提案し、高校2年の春に転校しました。元々、同じ小学校の生徒も多く通っているため、友人関係で問題はないように思……

続きを読む