お問い合わせはこちら

「脱ひきこもり」お役立ちコラム

【コロナ特集】休校が延びた今こそ、何気ない「会話」を大切に

松隈 信一郎(医学博士/公認心理師)

福岡県出身。慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程にて幸福感や強み等、人間のプラス面を科学するポジティブサイコロジーを研究。在学中より従来のカウンセリンではない、ポジティブサイコロジーによる不登校・ひきこもり支援の可能性を見出す。その後、一般社団法人ストレングス協会を設立。10代、20代の若者に特化した訪問支援と教員・保護者へのポジティブサイコロジーの教育を通して、世界中の青少年が希望をもてる社会の実現に向けて活動を続ける。著書に『「強み」の見出し方』(「月刊精神科」2017年7月号)等。

 

コロナウイルス感染拡大の影響で首都圏の学校の休校が決まりました。また、他の都道府県も短縮授業での再開などの情報がありますが、各地のコロナウイルス感染者数に応じて、これからも方針や具体的な日程も変わってくると予想されます。通信制高校は持ち前のオンライン授業を通して、通常に開始を予定している学校もあったり、まだ開始時期について方針が出ていない学校もあるのが現状のようです。

 

前例がなく、まだコロナウイルス感染の広がりの全貌が見えず、クラスター感染のリスクもあるため、学校側も決め兼ねているのは当然なことだと思います。特にこれまで不登校であり、新学期から行こうとされていたお子様がいる親御様にとっては、「一刻も早く学校が始まってくれないとまた元の状態に戻ってしまうのではないか?」とご心配になられることもあるかもしれません。特に今は不登校生であろうとなかろうと家にいる時間が長いので、部屋でオンラインゲームや携帯ゲームに熱中しているお子様も多いのではないかと思います。中には在宅勤務となり、子どもの様子を見る時間が増えた分、その姿が余計に気になる親御様も多くいらっしゃるかもしれません。

 

このような場合、自分がお子様と同じ年齢で同じ立場だったらどんなことを考えるのかを想像されると少し見方が変わってくるかもしれません。例えば、春休みに出されている宿題や課題に関して、子どもの頃を思い返すと「休みが終わるギリギリまでやらない」というのは誰しもが経験したことがあることだと思います。今、まだ始まる時期がわからない分、やる気が起きないのもある意味、自然なことだと思うんです。また、不登校だったためにこれまで遅れている分、今取り返さないといけないのにと思われる親御様もいらっしゃると思いますが、ちょっとここは一度、立ち止まって考えたいところです。

 

不登校のお子様と関わる支援者に聞けば十中八九、同意をもらえるのが、ゲームばかりやったりと目に見える行動とは裏腹に「自分は遅れをとってしまい、もう駄目だ」と自己嫌悪に陥っている子達が圧倒的に多いものです。このコロナウイルス感染はこれまで引きこもっていた分、あまり関係ないと感じているお子様も多いようですが、「周りも学校に行っていない」「学校に行かない理由がある」というのは、不登校のお子様にとっては相当なある種の安堵感を与えてくれています。そのような安堵感がある時期だからこそ、「次の準備、次の準備」と焦るよりも、まず、お子様と一緒に何気ない、他愛もない会話をして、より良い関係性を築いてほしいなと思います。在宅勤務が増えた分、親御様が家にいる時間が長くなり、そのせいか、あまり居心地がよくなく、自分の部屋に閉じこもって出てこないお子様も多くいらっしゃいます。そのような場合は、お子様の「次の準備」を考えるよりも、まずは談笑し合えるような会話ができるようになることから始めませんか?

 

今、世の中が自分のためにも他者のためにも「引きこもろう」と呼びかけ合っています。戦争や餓死する程の貧困がない日本で暮らしていると、どうしても「死」というものから離れていってしまいますが、今、コロナウイルス感染症によって、その「死」というものが身近となり、私たちにとって、何が本当に大切なのかを一人一人が改めて考えなければならない課題を与えられています。「#stayhome」や「#おうちで過ごそう」と呼びかけあったり、緊急事態宣言を出すのが遅かった安倍首相に批判があるのは、「命が何よりも大事である」ということに気づかれている方々の声なのでしょう。今は焦って先のことを考えるよりも、今を生きている家族と共に過ごす時間を大事にしてほしいと個人的には思っています。繰り返しになりますが、不登校のお子様をもつご家庭にとって、談笑し合える関係性が土台です。もし、そのような関係性を作るためにはどうすればいいのかわからないとお悩みの親御様がいらっしゃいましたら、ぜひ、お気軽にお問合せ頂ければと思います。テレビを付けると暗いニュースが多い毎日ですが、家庭内だけでも明るくこの時期を乗り越えられるようにと願っています。

 

お問合せはコチラ

家で親子間で健全な会話ができるようになるための保護者支援のご案内はコチラ