お問い合わせはこちら

「脱ひきこもり」お役立ちコラム

9月、新学期を迎えるにあたって

夏休みが明けるこの時期になると、「子どもの自殺」がよくメディアでも取り上げられます。「学校に行きたくないけど、行かざるを得ない、でも・・・もうどうすることも出来ない」・・・そのような心理状況になるお子様が特に多い時期なのかもしれません。ほとんどの子ども達にとって、世界は「学校と家の往復」のみであり、その他に「世界」があることを知る機会がないので、そのような心理になってしまうのも無理ありません。

 

9月、特にお子様がこれまで不登校であった親御様にとっても、「我が子は2学期から心機一転、学校に行ってくれるのではないか」とついつい期待してしまいがちになる時期です。このような時期、親御様はどのような心持ちでお子様に向き合えばよいのでしょうか?

 

私たちは、よくこの時期、不登校のお子様をもつ親御様に対して、「本当に大切なこと」を今一度、確認してもらうように呼びかけます。「お子様にとって、本当に大切なことはなにか?」「根本的なところで、お子様にどのようになってほしいか?」ということを一緒に考えていくのです。

 

そのプロセスを歩むなか、最終的に「子どもに幸せになってほしい」と、多くの親御様がこの当たり前のような結論に辿り着きます。そして、「お子様にとっての幸せって何でしょうか?」と伺っていく中、しっかり時間を掛けて考えていくと、目の前の学校生活での幸せよりも、「将来の幸せ」についてお話される親御様が多いようです。

 

この「将来の幸せ」という軸から、今のお子様を捉えていくことが非常に重要になっていきます。なぜなら、往々にして人は目の前に危険やチャンスがあると、そちらの方に目が奪われ、俯瞰してみることを忘れがちになるからです。

 

よくメディアでは「死ぬくらいなら学校に行かない方がいい」というメッセージが発信されます。

私たちもこのメッセージに同意します。

 

一方、「学校に行かないこと」と「家で何もしないこと」は違います。だからといって「学校に行かないなら、〇〇しなさい」という条件付けもまた違うように感じます。「条件付け」は不登校であることの罪悪感を植え付けるだけで、「将来の幸せ」と照らし合わせてみると、極めてネガティブに働くものだからです。

 

重要なことは、子どもの将来を考えられるように「俯瞰」すること。

 

不登校のお子様が9月に学校に戻ろうと無理をしている姿をみたら、そこで期待するのではなく、「行っても行かなくても、あなたの将来の幸せを願っている」というメッセージを、親御様ご自身が持っていただければと思います。

 

まだまだ、立ち上がるチャンスは、転がっています。そして、その立ち上がるタイミングに、私たちは傍にいます。

9月はあえて、「Take it easy.(気楽に行こうよ)」でいきましょう。

 

 

松隈 信一郎

1986年福岡県出身。慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程にて、幸福感や強み等、人間のプラス面を科学するポジティブサイコロジーを研究。在学中、知人よりひきこもりの子どもの訪問支援を依頼され、試行錯誤しながら面談を実施していく中、長年ひきこもっていた子達が活力を取り戻し、行動し始めたことから、従来のカウンセリングではない、ポジティブサイコロジーによるひきこもり脱出支援の可能性を見出す。その後、MILESTONEを立ち上げ。10代、20代の若者に特化した訪問支援を通して、世界中の若者たちが人間らしい喜怒哀楽を享受する社会の実現に向けて活動を続ける。日本ポジティブサイコロジー医学会事務局、米国GALLUP社人材開発コンサルタント兼任。