ご相談はこちら

「脱ひきこもり」お役立ちコラム

進級や進路について、「どうするの?」と聞く代わりに

松隈 信一郎(医学博士/公認心理師)

福岡県出身。慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程にて幸福感や強み等、人間のプラス面を科学するポジティブサイコロジーを研究。在学中より従来のカウンセリングではない、ポジティブサイコロジーによる不登校・ひきこもり支援の可能性を見出す。その後、一般社団法人ストレングス協会を設立。10代、20代の若者に特化した訪問支援と教員・保護者へのポジティブサイコロジーの教育を通して、世界中の青年が希望をもてる社会の実現に向けて活動を続ける。著書に『ポジティブサイコロジー:不登校・ひきこもり支援の新しいカタチ』(金剛出版)、『「強み」の見出し方』(「月刊精神科」2017年7月号)等。

 

年末年始が終わり、これから4月の新年度に向けて、進級や進路の話が挙がってきやすい時期。お子様が不登校でまだ中学生や高校生であれば、「進級や進路に関してお話がしたい」と三者面談等の依頼が先生からくる時期かと思います。また、お子様が高校を卒業している状況であれば、専門学校や大学入試等の締切があるため、焦る気持ちが出てくる時期でもあるかと思います。このような時期、不登校やひきこもりの状態で自分の部屋にいる時間が長いとき、なかなか、お子様と直接、会話が出来ないことも多いかと思います。もしくは、お話が出来たとしても、「今後どうするつもりなの?」と聞いても黙ったままで返事がないという状況もよくあるかと思います。

 

このような状況で1つ大切にしておきたいことはお子様本人だけの問題として見るのではなく、お子様を取り巻く環境も含めて「全体」として捉えようとする意識です。今のお子様の状況は、お子様だけのお話ではなく、学校とお子様の関係性や親子間の関係性、夫婦間の関係性等、色んな要素が絡み合っている状況であるため、「本人にどうするの?」と聞いても答えがないのは「考えていない」のではなく、複雑すぎて「わからない」という状況なのかもしれません。これまで進級や進路決定の局面で苦戦しているお子様とお話してきた中で考えていない子なんて誰一人としていませんでした。お子様から答えがないから、「これまで何も考えていない」という前提でお話されると親子間の関係性が悪化してしまうため、余計に状況がややこしくなってしまいます。学校の先生や世間様のプレッシャーに焦って発せられる、「どうするの?」という質問は、親御様の意図していない形で、お子様を追い詰める質問になっているかもしれません。もし「追い詰められている」と相手が捉えてしまうと、本来は味方であるはずの親御様を「敵」とみなし、自分の安全を確保するために、益々、引っ込まれるかもしれません。

 

ですから、今、進級や進路の件でお話をされようとするなら、「どうするの?」と伺うよりも、「ここまでどんなこと考えてきたの?」と伺ってほしいと思います。答えは返ってこないかもしれませんが、少なくとも親御さんが自分が悩みながら考えてきたプロセスを尊重してくれていることは伝わります。時間がないことは本人も重々、認識しています。そこに追い打ちをかけるような声がけをしても関係性が悪化してしまうだけです。「どうするの?」「通信制もあるのよ」「学校変わってもいいのよ」と「結果」の話だけをするのではなく、「ここまでどんなことを考えてきたのか?」という「プロセス」の方に目を向けてほしいなと思います。そして、もし彼らが考えてきたことを話してきた場合、「そこまで考えてきたことを担任の先生に伝えて意見をもらわない?」と学校の先生に繋いだり、「そこまで考えてきたなら、進路相談とかしてくれる人に一度、意見をもらわない?」と支援団体に繋げたり、「第三者と繋げる」という方向に進め、ご家庭だけで抱え込まずに繋がりをつくり、皆で考えていけたらと思います。特に1月~2月は進級や進路のことで時間が差し迫っていて、焦ってしまうのも自然なことです。ご家庭内だけで孤立せずに、一緒に考えていきましょう。当会へのご相談をご希望の場合はコチラからご連絡頂ければと思います。