ご相談はこちら

「脱ひきこもり」お役立ちコラム

親御さんの解決しようとする努力が問題を維持させていませんか?

松隈 信一郎(医学博士/公認心理師)

福岡県出身。慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程にて幸福感や強み等、人間のプラス面を科学するポジティブサイコロジーを研究。在学中より従来のカウンセリングではない、ポジティブサイコロジーによる不登校・ひきこもり支援の可能性を見出す。その後、一般社団法人ストレングス協会を設立。10代、20代の若者に特化した訪問支援と教員・保護者へのポジティブサイコロジーの教育を通して、世界中の青少年が希望をもてる社会の実現に向けて活動を続ける。著書に『ポジティブサイコロジー:不登校・ひきこもり支援の新しいカタチ』(金剛出版)、『「強み」の見出し方』(「月刊精神科」2017年7月号)等。

 

当会は10代、20代の不登校・ひきこもりのお子様と関わっておりますが、直接的にお子様とお会いできないケースもよくあり、その場合は保護者支援という形でお電話にてご相談を伺っています。よく不登校・ひきこもりの状態から脱出させようと親御様も解決にご尽力されているお話を伺いますが、時として、その解決しようと努力することが、かえって問題を維持させていることがあります。

 

「子どもが問題行動をする」→「なぜその原因が起きたのかを探る」→「駄目な部分を直そうとする」→「関係が悪化する」→「会話できなくなる」→「大事なことについて話し合いができなくなる」

 

このように、問題を解決しようと親御様が努力すればするほど、一生懸命になればなるほど、問題が維持されてしまうことが現実にはあるのです。「不登校」や「ひきこもり」という現象は様々な出来事の重なり合いで現れる現象で、「子どもが問題」「親が問題」と単純化できるものではありませんが、どのような悪循環が生まれているのか、お互いの相互作用や今起きていることを「システム」としてみていくことはこの悪循環から脱出するために極めて重要になってきます。どうしても人間は問題が起きると、ネガティブな方ばかりを見てしまい、視野が狭くなり、全体像を見失ってしまいます。そのため、なかなかこの悪循環(パターン)に気づけず、一生懸命に解決努力をしているにも関わらず、その行為が返って問題を維持してしまうことがよくあるのです。もしこれまで色んなことを試してきたけど、何もかもがうまく行かずに悩んでいらっしゃる親御様がいらっしゃいましたら、ぜひ、以下の7つの質問に従って、一度、親御様ご自身の頭の中で、どんな悪循環(パターン)が今、存在するのかを整理されてみるのはいかがでしょうか?

 

Q1. 果たして「学校に行かないこと」「家に引きこもること」が本当の問題なのでしょうか?

Q2. 何が本当の問題でしょうか?

Q3. その問題に対して、これまでどんな解決努力をしてきましたか?出来る限り多く出してください。

Q4. その結果、何が効果的でしたか?( ⇒ もしあれば、それを増やしましょう)

Q5. その結果、何が効果的ではなかったですか?

Q6. その解決努力が問題を維持している可能性はありますか?

Q7. もし維持しているとしたら、その悪循環から脱出するために違うことをした方が得策です。違うことで何ができますか?

 

上述の質問に答えていくと、今、どんな悪循環(パターン)が存在するのか、客観的に見えてくるかもしれません。例えば、起立性調節障害の診断を受けた子に対して、そもそも問題を「我が子が学校に行かないこと」と設定している場合、問題の設定自体に誤りがあるのかもしれません。先日、ラジオを聞いている時、ある方が「結局、自分の都合通りにならないことを人は悩みと言うんですよね」と仰られていたのを聞いて、ドキッとしたことがありましたが、「本当の問題は何か?」の設定を今一度、丁寧にされてみるのはいかがでしょうか?また、今の解決努力が効果的でない場合は違ったことをした方が悪循環から脱出できる可能性が高いです。ぜひ、色んなアイデアを出して試して欲しいですし、もしアイデアが思い浮かばない場合は一度、保護者支援で一緒に考えてみましょう。