お問い合わせはこちら

「脱ひきこもり」お役立ちコラム

若者のひきこもりの原因とストレングス協会のアプローチ①

松隈 信一郎(医学博士)

福岡県出身。慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程にて幸福感や強み等、人間のプラス面を科学するポジティブサイコロジーを研究。在学中より従来のカウンセリングではない、ポジティブサイコロジーコーチング(PPC)による不登校・ひきこもり支援の可能性を見出す。その後、一般社団法人ストレングス協会を設立。10代、20代の若者に特化した訪問支援と教員・保護者へのPPCの教育を通して、世界中の青少年が希望をもてる社会の実現に向けて活動を続ける。著書に『「強み」の見出し方』(「月刊精神科」2017年7月号)等。

 

10代、20代の若者たちが不登校やひきこもりになるのは一体なぜでしょうか?不登校やひきこもりになるのは性格的な違いもあれば、家庭、学校、職場環境など様々な要因が重なって起きる現象であるため、不登校やひきこもりの数ほどその原因はあると思います。そのため、私はほぼ不可能な原因特定に時間をかけるよりも不登校やひきこもりの若者が「今もっているもの」と「未来の可能性」に重点を置き、コーチングの手法により、不登校・ひきこもり支援を実施しておりますが、その主な要因であれば、以下のように挙げることができるかもしれません。ここでは不登校やひきこもりの主な原因を3つ取り上げ、それぞれに対して、ストレングス協会の取り組み方について、簡単にまとめてみました。

学校や職場での人間関係

まず、不登校やひきこもりになるきっかけとして「人間関係のもつれ」が挙げられます。典型的な例はいじめですが、何気ない友人との会話がきっかけとなって不登校になるケースもありますし、20代であれば職場での上司とのやり取りに疲弊したり、空気が合わずに職場から足が遠のいていくというケースもございます。ある心理学者が「全ての悩みは人間関係の中にある」と言ったように、不登校・ひきこもりを問わず、よく頭を抱える引き金となってしまうのは「人間関係」ですよね。人は繋がりから喜びを感じる生き物ですが、この人間関係のトラブルや縺れを避けたい・傷つきたくないという欲求によって、ひきこもりになっていくことは容易に想像できるのではないでしょうか。まずはそれがイジメではないかどうかを必ず確認したいところですが、もしイジメではない場合、人間関係は相手ありきのお話ですので、そもそも一人で解決できる問題ではないかもしれません。しかし、ポジティブサイコロジーの観点から見てみると、いくつか不登校やひきこもりのお子様本人に対して取り組めることがあります。1つ目はマインドフルネスという「今・ここ」をありのままで見ていく練習をすることです。そのトラブルとなっている関係性を一歩引いて客観的にみていくエクササイズをお子様と一緒にやっていきます。2つ目は自分の「強み」を理解し、それがあるからこそ感じる「満たされていないニーズ」や「価値観」を認識していくプロセスをサポートしていきます。例えば、「調和性」という「調和やハーモニーを大事にし、争いを避けてお互いの合意点を見つけていく」という強みがありますが、それが強いお子様の場合、周りの空気を読まずに、自分の意見を押し出してきて下がらない人(仮にAさん)に嫌悪感を感じやすくなる傾向があります。他の人はAさんの行為に腹を立てないのに、「調和性」が高いお子様は腹を立ててしまう、その違いについて話し合っていると、「全てAさんが悪いのではなく、自分の調和性が高いがために、そう感じているのかもしれない」と気づき、Aさんとの間に少しの隙間をつくることができるようになる、もしくはAさんに対する嫌悪感が少し緩む可能性が高まります。自分の「強み」が満たされていないから感じていることなのかもしれないという気づきは、矢印の矛先を相手ではなく、自分に向ける力があり、自分自身の味方について考えるきっかけをもたらしてくれる場合がございます。勿論、これだけではありませんが、人間関係の縺れに関して、客観的に観察し、自分の満たされていない強みのニーズを把握していくことは非常に効果的であると感じています。

意味・目的の欠如

「学校に行く意味がわからない」「働く目的がない」と意味や目的の欠如によってひきこもり状態を続けるお子様も多くいらっしゃいます。周りからみると、「意味や目的なんて考えないでとにかく行きなさい」という感じに映るのですが、意味や目的がないと動く気にならないお子様もいらっしゃいます。確かに、何のためにやっているのかが分からないものをやり続けるとは大人でも苦痛ですよね。さらに80年代以降に生まれたミレニアル世代にとって、モノが溢れた環境で生まれ育ってきたため、「モノでは埋められない何か」がないとモチベーションが湧きにくい傾向にあるのはなんとなく理に叶っています。私自身もミレニアル世代に属する一人として、意味がないことをやり続けることの苦痛はとても共感できます。それでは、意味や目的を探し求める不登校やひきこもりのお子様にはどのように対応していけばよいのでしょうか?私はまず、その子にとっての「意味」や「目的」の定義を明確にするところから始めます。その子にとって「意義深い」と感じるものは何か、「目的」とはどんなものを指しているのかを伺い、その子の世界観を深く理解することに努めます。そして、彼らがどのような「強み」をもっているのかも同時に把握していきます。なぜなら「強み」の種類には、自然と目的を探そうとする「強み」や形而上的なことをただ考えることが好きという「強み」もあり、どの「強み」が彼らに意味を探させているのかを特定すると彼らの思考パターンが浮き彫りんなってくるからです。その「強み」を特定することができれば、今の状況でどのようにその「強み」を活かせるかという前向きな話し合いへと展開できる可能性があります。2014年のドイツの研究では、同じ仕事でも自分の「強み」を意識してやるのとやらないのでは「天職だ」と感じる度合いが異なることが明らかになっています。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するために、意味を見出せない環境での「強み」の活かし方を教えていくことで、意味を一緒に作っていきます。

親の願望への反抗

中学受験や高校受験など、「〇〇になってほしい」「〇〇すべき」という親御様の過度な願望や期待によって、思春期や学校を卒業した後に爆発するというケースもよくあります。幼少期は他に世界を知らないため、親御様から言われることは全て「正解」であり、なんとかその「正解」を出し続けようと背伸びをしながら頑張ってきたお子様がある時をきっかけに「爆発」することがあります。大人になるにつれて自分の考えや価値観ができてくる中、「もう無理」と激しい感情が表に出てくる子もいれば、内に籠って身体の不調という形で出てくる子もいらっしゃいます。このように親御様の願望と本人の思いの不一致の中、潰れてしまうお子様に対して、その子だけとコーチングセッションをしても根本的な解決にはなりません。私は親御様の願望が強すぎると感じた場合、「もし自分の親が望んでいることに全て従わないといけないと思うとどんな気持ちになりますか?」と伺うようにしています。それと同じことをしていることに客観的に気づいてもらうためです。勿論、不登校やひきこもりの原因は複合的なものですので、ここで、これだけに絞ってお話すること自体がナンセンスだと思っていますが、ここで気づける親御様はその後のお子様への見方を変えようと努力され始めるため、結果的にやはり、お子様が不登校やひきこもり状態から一歩前に歩き出すのが早くなる傾向にあるようです。親御様としては「一刻も早く子どもをどうかしてほしい」と来られたのに、自分が変わる必要があると言われれば憤慨したくなるのは当然ですよね。でも、このようなケースは引いちゃいけないと思い、あえて上述の質問をさせてもらっています。厄介なのは、お子様自身が「親の期待に従うことが正しい」と思い込んでしまっているケースです。二重の扉があるようなもので、このような場合は、まず自分が何を考えているのか、どんな価値観をもっているのかを一歩引いて観察してもらい、それが今の自分に役立つものなのかを吟味していくプロセスを辿っていきます。花を育てる前に、まずは土を耕すことを始めるといったイメージでしょうか。固定概念に縛られたガチガチの土だと花(強み)を見つけても、開花させることは困難ですので、丁寧に自分の「思い込み」を分析していきます。それができてはじめて、自分自身の望みは何かという本質的な問いと向き合ってもらうプロセスを歩んでいます。一見、遠回りのようですが、この順番を飛ばすと結局何も変わらないため、じっくり取り組んでいきたいケースです。

 

勿論、人間という複雑な生き物を単純に分類できることはできませんし、不登校やひきこもりになる原因も一つでなく、複合的なもののため、全てを鵜呑みにされるのではなく、ご参考程度にお読み頂けますと幸いです。次回は「性格的なもの」「自己肯定感の低さ」「日本のカルチャー」等が主な原因の場合はどのようなアプローチが可能になるのかについてご紹介したいと思います。