お問い合わせはこちら

「脱ひきこもり」お役立ちコラム

若者のひきこもりの原因とストレングス協会のアプローチ②

松隈 信一郎(医学博士)

福岡県出身。慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程にて幸福感や強み等、人間のプラス面を科学するポジティブサイコロジーを研究。在学中より従来のカウンセリングではない、ポジティブサイコロジーコーチング(PPC)による不登校・ひきこもり支援の可能性を見出す。その後、一般社団法人ストレングス協会を設立。10代、20代の若者に特化した訪問支援と教員・保護者へのPPCの教育を通して、世界中の青少年が希望をもてる社会の実現に向けて活動を続ける。著書に『「強み」の見出し方』(「月刊精神科」2017年7月号)等。

 

ここでは前回の記事に引き続き、10代、20代の若者たちが不登校やひきこもりになる要因とストレングス協会のアプローチに関してお話します。

性格的なもの

不登校やひきこもりの主な原因としては考えにくいですが、性格的なことも関連があるかもしれません。幼少期からとても臆病だったり、過敏であったお子様は、そうではないお子様と比べて、ひょっとすると不登校や 引きこもりに なりやすい のかもしれません。科学的に 性格と不登校や引きこもり に関して研究されたものはございませんので鵜呑みにはされてほしくないのですが、経験上、不登校やひきこもりになった親御様と話している時、よく幼少期からとても慎重だったというお話を伺います。ストレングス協会が訪問支援中に行う強み診断テスト においても、「慎重さ」という「強み」が上の方に出てくることがよくあります。この「慎重さ」という「強み」はリスクや 落とし穴にいち早く気づき、どう回避すればいいのか、またはどう予防できるのかということを自然に考え実行に移るという強みです。この 「慎重さ」が高いお子様にとって、外に出るという行為は ひょっとするとリスクや危険だらけと必要以上に思っているかもしれません。ストレングス協会ではこのような「慎重さ」が高いお子様に対して、リスクを軽減するために情報を人よりも多く与えることを意識しています。これから 進んで行く道先に彼らはリスクしかみていない傾向にあるため、より多くの情報を与えることによって モザイクを晴らしていくように、リスクや落とし穴がないことをまず知識として教えて行きます。また、頭ではわかっていても、行動に移すことが難しい場合を想定して、マインドフルネス や 脱フュージョンという心を整える 練習も同時に行っていき、慎重なお子様も自分ならではのやり方で、一歩前に歩んでいけるよう支援させて頂いています。

自己肯定感の低さ

こちらも原因ではありませんが、自己肯定感が低いお子様は不登校やひきこもりになりやすい傾向にあるかもしれません。自己肯定感とは「自分には価値がある」と思う主観的な感覚のことを指しますが、これまで私が接してきたお子様には毎回、初回のセッションを始める前に自己肯定感を心理学で実証されているアンケートを用いて測定してから始めるのですが、 確かに「自分に価値がある」と感じているお子様は非常に少ないようです。「自分には価値がない」と感じていると学校や職場など所属する場所に自分がいてもいなくても同じだと感じてしまい、社会とのつながりを断ちやすくなる傾向にあるのかもしれません。「自分には価値がある」と思っているお子様は社会的なつながりを感じている印でもありますので、そのようなお子様は不登校やひきこもりの状態になったり、ずっとその状態が続くということは考えにくいと思います。この自己肯定感の低さというのが、私の最も関心事のあることなのですが、ストレングス協会はお子様の「強み」を共に見出し、それを育んでいくことで自己肯定感を高めていくというアプローチを取っています。人は誰かに「ありがとう」と言われたり、必要としている人がいると自覚した時、「自分には価値がある」と思う生き物だと思うのです。ですから私は不登校やひきこもりの若者たちに、自分自身がどのような「強み」をもっていて、どのような貢献ができるのかを話し合います。そして実際にそれを実践してもらう機会を探っていき、次の一歩へ繋がるようにセッションを進めています。「自分には強みがある」と自覚し、それを他者のために使った時、ぶれない自己肯定感が育ちます。「強み」によって、 10代、20代という若い年齢にも関わらず、自分はダメだと 思い込んでしまてちる子達を解放していきます。

精神疾患

「不登校」や「ひきこもり」はあくまでも状態を表す言葉であるため、現在、「ひきこもり」という医学的な病名はございません。一方、重度のうつ病やインターネット依存症など、精神疾患が原因となってひきこもりの状態になることも考えられます。もしくは、引きこもりが長らく続き、孤立状態や過度なストレスから精神疾患を引き起こす場合もございます。ストレングス協会は医療機関ではなく、コーチングという手法を用いた支援になるため、精神疾患が疑われる場合は医療機関でまず受診をされることを推奨しております。実際にお試し訪問で伺った際に、お子様より幻覚が見えると伺い、親御様にお伝えして医療機関にご相談されることを勧め、ご入院されたお子様も過去いらっしゃいました。そのお子様とは退院後に復学に向けてのセッションを積み重ねていったのですが、その結果、高校進学と同時に復学して、高校生活を楽しみました。ですから、精神疾患が疑われる場合はまず医療機関をお勧め致します。

家が居心地いい

インターネットやスマートフォンがここまで普及していなかった一昔前では、家の中ですることがなく退屈になるから外に関心が向き始めたかもしれませんが、今の時代は家の中でもオンラインゲームやユーチューブ等、退屈しない環境が整い過ぎています。寧ろバーチャルの方が面白いため、リアルの世界の方を退屈に感じてしまうお子様も多いのではないでしょうか。また、人の無意識は「安心・安全」を何よりも求めますが、傷つくことがない「安心・安全」が確保され、尚且つ暇にならない自分の部屋は不登校やひきこもりのお子様にとってある意味、最高の空間なのかもしれません。この先進国における行き過ぎた便利さに対して「快適中毒」(Comfort addiction)と名づける心理学者もいるほどです。勿論、不登校やひきこもり支援の歴史から見て、「不登校やひきこもりはただ怠けているのではない」という主張も重々わかります。一方、あまりにも居心地が良すぎる環境では、不登校・ひきこもり問わず、それは出たくないだろうと思ってしまいます。子どもの心理的に「安心・安全」を感じられる家庭環境は非常に重要です。一方、「過ぎたるは猶及ばざるが如し」というように、快適すぎることも不登校やひきこもりの長期化の原因にもなり得ます。ここでも勿論、不登校やひきこもりの原因を1つに絞ることはナンセンスであるため、ざっくりとしたことしか書けないのですが、自己肯定感も高く、ゲームにどハマりして行動をしないというお子様に対しては、今の状況を否定するのではなく、(否定したところであまり意味がありませんから)将来の話をよくするように心がけています。描く将来から逆算していく中で「本当に重要なこと」に自ら気づいていくプロセスを大事にしています。

日本のカルチャー

上述の「快適中毒」も社会がもたらしたものになるかもしれませんが、不登校やひきこもりの原因をお子様個人やご家庭の問題ではなく、「社会病理(社会の在り方が引き起こす病気)」だと主張する社会学者もいます。極端に言うと「日本社会」がひきこもりを生み出す原因だという考えです。「ひきこもり」は現在、海外でも見受けられる現象ですが、英語でも「Hikikomori」と記載されるように日本社会特有の特性があるようです。というのも日本社会は規律や秩序の統制が非常に重要視され、「出る杭は打たれる」というように、なかなか個性的であることが認められない、人と違うことがみっともないとされる社会的価値観が根底にあります。私自身、20代の時にアメリカやフィリピン、中米コスタリカで暮らした経験があるのですが、確かに日本社会、「〇〇すべき」の見えないルールが多すぎて息苦しく感じてしまうことがよくあるんです。10代・20代と自分のアイデンティティを確立していく中、自己を表現したい欲求は本能です。その自己表現が規制されすぎる社会では、そのやり場のなさをバーチャルの世界に求めたり、家に引っ込んでおいた方が楽だと考えるのも無理ないなと思ってしまいます。これまでは個性を押さえつけて周りと同じことをすることが「当たり前」だと思わてきたため、その世代で育った親御様にとっては単なる甘えに見えてしまうかもしれません。しかし、これだけインターネットで様々な価値観が溢れかえる世界の中に生まれてきた10代、20代にとって、その理屈は通用せず、もしかすると私達、大人の方が考え方をアップデートしないといけないのかもしれません。そう思ってしまうほど世の中は変わっているのに、未だに変わらない学校制度や職場環境の方にこそ真の原因があるのかもしれませんが、そう主張したところですぐに話は進みません。私が関わっていた不登校のお子様はいっそのこと、日本の学校に戻るのではなく、ニュージーランドの高校やカナダの大学に進学したお子様もいらっしゃいます。また海外志向ではないお子様に対しては、「強み」を見出していく中、どのように自分が個性的で、その「強み」があるためにどうして今の環境が息苦しく感じるのかを明確化していきます。というのも、息苦しさの理由と自分の「強み」が表裏一体であることに気づくだけでも、心が緩む傾向にあるからです。自分に「強み」があったから息苦しく感じていたということが腑に落ちれば少し楽になり、またその「強み」を活かして、どのように個性的に生きられるのかという前向きな会話に変わっていきます。ストレングス協会ではこのように規律や秩序を重んじる日本社会に対して、「強み」を日常生活に活かす工夫をしていくことで、その人らしく前に歩み出せるようサポートさせて頂いております。

 

 

以上、不登校やひきこもりの主な原因とストレングス協会のアプローチに関して、2回にわたり記載させて頂きました。何度もお伝えしておりますが、不登校やひきこもりの原因を1つに特定するのはナンセンスであり、本人も原因がわかっていないお子様もいらっしゃいます。ですから、あまり「なんでこうなったのか?」という原因追求というアリ地獄に陥らないで頂きたいのですが、もし、不登校やひきこもりの状態に上記の項目が影響しているのではないかと感じた場合、これからサポートしていく道筋として、ご参考にして頂ければと思います。方向性はわかったけれど、自分ではそっちの方向に進めていくことは困難だと感じられる方も多くいらっしゃると思います。もし、第三者の方がやりやすいと思われる場合は、お気軽に一度、お問い合わせください。原因がなんであれ、お子様の可能性を見ながら、一緒に歩いていきましょう。