お問い合わせはこちら

「脱ひきこもり」お役立ちコラム

あれこれ考えすぎてしまうお子様に対して

松隈 信一郎(医学博士/公認心理師)

福岡県出身。慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程にて幸福感や強み等、人間のプラス面を科学するポジティブサイコロジーを研究。在学中より従来のカウンセリンではない、ポジティブサイコロジーによる不登校・ひきこもり支援の可能性を見出す。その後、一般社団法人ストレングス協会を設立。10代、20代の若者に特化した訪問支援と教員・保護者へのポジティブサイコロジーの教育を通して、世界中の青少年が希望をもてる社会の実現に向けて活動を続ける。著書に『「強み」の見出し方』(「月刊精神科」2017年7月号)等。

 

これまで関わってきた10代・20代の不登校やひきこもりのお子様に対して、「強み」の診断アセスメントを受けてもらったり、会話をしていく中でよく見受けられる「強み」があります。それは「知的柔軟性(Open-mindedness/critical thinking)」とポジティブサイコロジーの分野で呼ばれる「強み」です。(まだ研究データとして収集していないので、あくまでも個人的な感想として、関わるお子様に多いなあという感想に過ぎませんが。)この「強み」は「物事をすぐに判断せずに客観的に見て、色んな角度から見る分析的な思考力」を指しています。これ自体は、状況によって様々な角度から客観的に考えることができる「強み」になるのですが、ある状況でこの「強み」を使い過ぎてしまうと「考えすぎて行動に移すことが出来なくなる」もしくは「考えすぎて、思い込みが強くなる」ため、何をするにしても、不登校やひきこもりの状態から一歩、進みづらくなります。因みに、お子様のことを理屈っぽいと感じる時があれば、十中八九、この「知的柔軟性」という「強み」を使い過ぎている状態(もしくは親御様の「知的柔軟性」がご自身の中で相対的に低くそう感じてしまっているのかもしれませんが。)なのかもしれません。

 

「知的柔軟性」という「強み」をもつお子様はとにかく確証を求める傾向にあります。不登校やひきこもりの状態が長く続くと、学校や職場など、外の世界が不明瞭になってしまうため、確証を得られず、思い込みが強くなってしまうことがよくあります。本来は「強み」であるはずの「知的柔軟性」を使い過ぎてしまっている状態なのです。

 

ですから、「知的柔軟性」を使い過ぎて思い込みが激しくなってしまっている不登校やひきこもりのお子様に対しては、その時、「その証拠はあるの?」と是非、問いただして欲しいと思います。「知的柔軟性」を強みとして持つお子様は感情面に訴えかけるのではなく、証拠に基づいて動く(色んな側面から見て確証がある方向に動く)傾向にあります。ですから、もし「知的柔軟性」を使い過ぎてしまっている時、「そういう証拠はあるの?」と聞いてみてください。もし過去の出来事からその証拠を持ってきたとしたら、「1つの証拠はあるのね。他に証拠は?」「1つの証拠しかないのにその結論を導き出しているんだ。他に証拠は?」と、いかに自分の発言に証拠がないかを気づかせてほしいのです。お子様が確証を求めている中、親御様が「そんなこと絶対起きるはずないわよ」「それは考えすぎよ」と諭したところで聞き入れることはほぼないと思います。「知的柔軟性」を強みとしてもつお子様は、自分で考えさせてほしいと思います。自分で「自分の発言の根拠は果たしてあるのか?」と頭の中で検索させてください。本来、ある状況では論理的に考えることができる「強み」を持った子です。その「強み」を活かし、次の一歩を踏み出すためにも「証拠」をキーワードに接して見られるのはいかがでしょうか?