お問い合わせはこちら

「脱ひきこもり」お役立ちコラム

新年度、新しい環境に馴染めない

松隈 信一郎(医学博士)

福岡県出身。慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程にて幸福感や強み等、人間のプラス面を科学するポジティブサイコロジーを研究。在学中より従来のカウンセリングではない、ポジティブサイコロジーコーチング(PPC)による不登校・ひきこもり支援の可能性を見出す。その後、一般社団法人ストレングス協会を設立。10代、20代の若者に特化した訪問支援と教員・保護者へのPPCの教育を通して、世界中の青少年が希望をもてる社会の実現に向けて活動を続ける。著書に『「強み」の見出し方』(「月刊精神科」2017年7月号)等。

 

新しい年度が始まり、これまで不登校や引きこもり状態であったお子様も、年度変わりをきっかけにひきこもりから脱出し、新しい場所に踏み出されたお子様もいらっしゃるのではないかと思います。

 

その中でも友達が出来ずに悩んでいるお子様、朝起きるのが辛いというお子様に、私は「人生は竹のようなもの」だとイメージするように教えます。

 

竹の生え際は竹輪の間隔が狭いのですが、竹は伸びていくに連れて、その間隔も広くなっていきます。

何事も新しいことをするのは力がグッグッと必要で、大変なことなのですが、しばらくしていると慣れてくるので楽になります。

 

「このきつさがずっーと続くって思ってない?」

 

「過去に最初大変だったけど、慣れてきて楽になった経験ある?」

 

「まだ生え際のところで判断するのは早くない?」

 

このような問いかけをしていく中、彼らの中で、このきつさは「今だけ」なんだと、今の自分の状況を客観的に見れるようになっていきます。

 

ポジティブサイコロジーの研究では、悲観的な人と楽観的な人の特徴を調査した結果、ネガティブな出来事に対して、楽観的な人は「今だけ」と瞬間的に捉えているのに対して、悲観的な人は「ずっと続く」と永続的に捉えていることが明らかになりました。

 

竹のイメージをもつことによって、「今だけ」という捉え方に変えるきっかけとなります。

 

もし今お子様が新しい場所で四苦八苦されているのであれば、是非このような視点からお話されてみてください。