お問い合わせはこちら

「脱ひきこもり」お役立ちコラム

新学期に向けて親御様が意識すべきこと

松隈 信一郎(医学博士)

福岡県出身。慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程にて幸福感や強み等、人間のプラス面を科学するポジティブサイコロジーを研究。在学中より従来のカウンセリングではない、ポジティブサイコロジーコーチング(PPC)による不登校・ひきこもり支援の可能性を見出す。その後、一般社団法人ストレングス協会を設立。10代、20代の若者に特化した訪問支援と教員・保護者へのPPCの教育を通して、世界中の青少年が希望をもてる社会の実現に向けて活動を続ける。著書に『「強み」の見出し方』(「月刊精神科」2017年7月号)等。

 

特に不登校において、新学期が始まる時に親御様の中では「ゆっくり休んだんだから、新学期からは行けるよね」と暗黙の了解のように思われる方が多くいらっしゃいます。

 

お子様は何も言っていないのに、「新学期から行けるよね」とお話され、(勝手に)話が進んでいくことがよくありがちです。しかし、人間が行動を変容する上において、5つのステージがあると言われるように、「新学期から行けるよね」はあくまでも「親御様が」思われていることで、不登校の「お子様が」思っていることとは異なる場合がよくあります。

 

このような会話を親御様がされているのを聞いたとき、「おそらく行かないだろうな」と思ってしまうのです。なぜなら主語が違うので、お子様本人がどう思っているのかまだ分からない状況で、「なんとも言えない」というのが正直なところです。

 

「ゆっくり休んだ」と感じているかどうか、「新学期から行ける」と思えるかどうか、これはあくまでも主観でしか分からないことであり、相手のレンズを通してでないと理解できないことなのです。ですから、ちょっときつい言い方をすれば、新学期が始まるにあたって、「親御様が」どのように考えられるかはあまり意味がない話であり、「お子様が」どのように考えるのかの方がより重要なのです。当たり前の話ですが、ついついこの点は見落としがちで、「”親御様が”もう十分休んだんだから、新学期から学校に行ける」と(勝手に)思われ、結局、当日行かなかった時に「なんで行けないの!」とお子様にイライラしたり、責めたり、落ち込んだりしてしまうことが起きてしまうのです。

 

新学期を迎えるにあたって、まずは親御様がどう思われるかは一先ず横においておき、お子様ご自身の言葉と言葉になっていない気持ちに耳を傾けてほしいなと思います。「どんな気持ちなのかな?」とお子様のレンズを通して世界を見ることで、何か気づくことがあるかもしれません。ここでご助言させて頂いた内容は、全ての不登校のご家庭に当てはまることではございませんが、何かのご参考になればと願っています。