お問い合わせはこちら

「脱ひきこもり」お役立ちコラム

年齢別による不登校・ひきこもりの対策

松隈 信一郎(医学博士/公認心理師)

福岡県出身。慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程にて幸福感や強み等、人間のプラス面を科学するポジティブサイコロジーを研究。在学中より従来のカウンセリングではない、ポジティブサイコロジーによる不登校・ひきこもり支援の可能性を見出す。その後、一般社団法人ストレングス協会を設立。10代、20代の若者に特化した訪問支援と教員・保護者へのポジティブサイコロジーの教育を通して、世界中の青少年が希望をもてる社会の実現に向けて活動を続ける。著書に『「強み」の見出し方』(「月刊精神科」2017年7月号)等。

 

不登校やひきこもりのお子様の対応の仕方として、お子様の年齢による違いはあるのでしょうか?ここでは年齢別による不登校・ひきこもりのお子様に対する効果的な対応をお話したいと思います。勿論、お子様の性格や強み、精神年齢や環境等によって異なることを前提にしておりますので、あくまでもご参考までにお読み頂ければと思います。(※イジメによる不登校やひきこもりも除外しています。)

小学生の不登校の場合

小学生の不登校の場合、ざっくり申してお子様本人をどうのこうのしようという発想よりも「環境」や「関係性」にフォーカスする支援の方が効果的だと考えます。なぜなら、小学生の場合、「自分は何者であるか」というアイデンティティがまだ確立していないため、「自分と環境」を一括りにして考えた方が現実に即していることが多いからです。例えば、ご家庭内でお母様とお父様の関係が悪く、本来、安心安全な場であるはずの家庭でストレスが溜まり、ある時、お子様が身体的な不調を訴えて不登校になるというケースはよくある話です。また、クラス内に居場所がなく不登校になるケースもよくあり、お子様ご自身の考え方にフォーカスするよりも「居場所」をつくったり、親御様とお子様との関係性を変えたり、外的な要素を変化させていく方が効果的な場合がよくあります。お子様に不登校になった理由を伺っても「わからない」と答える子が多いのも小学生で、それは自分の中だけの問題ではなく、自分と環境との間に存在するものが要因となっているため自分でも気づかないことが多いからかもしれません。また、発達障がいの傾向があり、日本の画一的な教育に合わずに不登校になる場合もあります。この場合も同様に、お子様本人を変えるというよりも環境調整にフォーカスされた方が効果的な場合が多いようです。

 

また、小学生というアイデンティティが確立される前の年代において、親御様の価値観や接し方は非常に影響力が強い場合がほとんどです。親御様や不登校のお子様を取り巻く人達の関わり方が彼らの自己肯定感に大きく影響を及ぼす時期でもあるため、例えば、不登校改善で有名な「コンプリメントシャワー(シャワーのように何でも褒めていくこと)」等、お子様にかける言葉や接し方を変えることで良い影響をもたらすことも多いと思います。勿論、表面上の言葉だけ変えても子どもはすぐに見破りますので、ご自身のお気持ちと裏腹に不登校の我が子を褒めようとされるのでしたら、「不登校」という現象に対する親御様の考え方を一度見直す必要があるかもしれません。具体的にできることとして、各支援団体やフリースクール等が主催する不登校セミナー等に参加し、実際に不登校だった生徒に会って、お話を聴く等、「不登校」を様々な角度から見て見識を拡げることをお勧めします。

 

「環境」にフォーカスするという点で、小学生の不登校への支援として、「居場所をつくる」ことも重要だと考えます。「居場所」とは「安心できる環境」であり、今の学校に拘るのではなく、フリースクールや教育支援センター、支援団体が提供する空間や習い事など、学校とは別の「環境」を準備することも、その子の「成長」を第一に考えていくと大切なことかもしれません。また支援者も行動や考え方に変容を与える専門家の面接というよりも、気兼ねなく一緒に遊ぶことができるお兄ちゃん・お姉ちゃんのような存在と時間を共有していく方が、「関係性」の観点からみるとより効果的な場合も多くあるかもしれません。

 

このように小学生で不登校になった場合、「お子様(の考え方や行動)に問題がある」という発想よりも、彼らを取り巻く「環境」や「関係性」に着眼する視点を持っていて頂きたいと思います。因みに、ストレングス協会の支援は保護者支援という形で親御様の「不登校」に関する考え方やお子様との接し方についてご助言させて頂いております。

 

中学生の不登校の場合

中学生の不登校の場合、私は「多様な物差し」を持たせてあげることが一つのキーワードになると思っています。不登校は一つの原因からなる現象だとは思っていませんが、中学生が不登校になる主なきっかけとして、中学受験、親の期待に応えられなくなり爆発、他者との比較、SNSによる友人関係のトラブル、また「自分は駄目だ」という低い自己肯定感などが挙げられます。小学生だった頃よりも周りの目が気になる思春期ならではの悩みもありますよね。

 

ところで、私は「不登校」という現象に対して、「良い・悪い」という判断基準はないのですが、どうも日本の教育システムは、①勉強ができるか、②スポーツが得意か、③芸術系が得意か、④面白いかの「4つのモノサシ」だけで人間を評価しようとする傾向が強いように感じます。本来、人間というのは複雑な生き物であるのにも関わらず、この「4つのモノサシ」だけで優劣を付けてくる感覚、皆さんはありませんか?よく色んな親御様やお子様とこの「4つのモノサシ」のお話をすると、多くの方に共感してもらえるため、結構、的を得ているのではないかと思いますが、もしそうであれば、勉強もできない、運動も得意でない、音楽ができるわけでもない、あまり面白いことも言えないお子様にとって、「自分は駄目だ」と思ってしまうのはある意味、当然だと思うのです。お子様の自己肯定感が低いのは、本人の心の問題というよりも、この「モノサシの少なさ」に大きく起因しているという見方もできるかもしれません。特に他人の目が気になるこの年頃に、4つのモノサシで優劣を決められると、私だったら、たまったもんじゃありません。その点で、ストレングス協会ではお子様本人の性格的な「強み」を見つけて、そこを伸ばしていくことで、モノサシを増やしていくことにフォーカスしています。お子様が自分自身を上述の4つのモノサシだけで測れなくしてしまうことが自己肯定感を高めるポイントであり、彼らが次の一歩を踏み出すきっかけとなっていきます。

 

また、昔の軍隊や産業革命のニーズに合わせてできた教育システム(統制しやすく、代わりが効くように全員を均一にする)が、今の時代に合わず、そのギャップに息苦しさを感じて不登校になるお子様もいらっしゃいます。日本の経済が右肩上がりで大量生産・大量消費が軸にあった親御様の世代であれば、「平均くらいでいれば食べていけるだろう」という一種の安心感をもてたかもしれません。しかし、インターネットにより様々な価値観に触れ、食べていく心配をあまりする必要がないお子様の世代にとって、「平均的に育てられる意味や目的がわからない」というのは、彼らの視点に立ってみたら、非常に共感してしまうのです。あくまでも経験上ですが、実際に不登校やひきこもりの青少年たちの「強み」の診断で高く出てくるのが「個別化」という「一人ひとりの違いに魅力を感じ、その個性に合わせて対応をカスタマイズする」という「強み」です。「皆、同じ」が平等であるのではなく、「一人ひとり異なるので、それぞれにカスタマイズするのが平等である」という発想が自然な子達が多いようです。実はこの発想、「21世紀の教育の在り方」と知識人や著名人が提唱している内容に結構、沿っているんです。特に有名なのはTEDトークで有名なケン・ロビンソン氏の講演で、個人的にはとても共感しています。ここで何をお伝えしたいのかというと、「不登校」という現象は時代にそぐわない教育制度が作り出しているかもという視点をもつことの大切さです。この視点がないまま、親御様の世代の「常識」で今の時代を生きる子ども達を評価していると、「普通」ができない不登校のお子様に対して、責める気持ちが湧き起こってきます。文科省も時代の流れを反映して、「教育機会確保法」をつくり、これまで何が何でも学校に戻すことが支援の在り方であったのに対し、フリースクールや教育支援センターなど、異なる環境での学びを推奨し始めています。今の中学生の不登校の問題は、お子様自身の問題というより、むしろ、社会がまだその機会を十分に提供できていないことにあるのかもしれません。

 

お子様を一昔前の教育システムに無理矢理、押し込む必要はないけれども、だからといって家で何もしない状態が続くことが良いわけでもありません。私は学校に行っていようといまいと、「人として成長すること」が最も重要であるという価値観をもっているため、もしお子様が今、不登校の状態でしたら、一旦、「義務教育だから」という正論を横において、机上の勉強ではない「学びの機会」を提供できないか一緒に模索してほしいと思っています。「学校に行っていないのに、〇〇」という条件付きの対話は何もプラスに働くことがありません。習い事でも何でも構いませんので、彼らが「成長できる機会」を一緒に探してほしいと思いますし、「家庭」と「学校」だけが「社会」であるという視野を拡げ、様々なモノサシに触れる経験を積ませてほしいと切に願います。

 

因みに余談ですが、「義務教育なんだから」と不登校のお子様に仰る親御様もいらっしゃいますが、義務教育の「義務」は「親が子どもに教育を受けさせる義務」を指し、教育を受けるのは子どもの「権利」です。「義務教育」の意味を正しく理解していないと、「義務教育なのに行っていない自分は駄目だ」と自分を責めてしまい、自分を傷つけるだけで何も意味を成しません。それが理由で苦痛な表情をみせる不登校のお子様によく出会うので、「義務教育」の正しい定義について、親御様もお子様も理解して頂きたいと思っています。

 

高校生・大学生の不登校の場合

高校生・大学生の不登校のお子様の場合、環境調整も重要ですが、お子様ご本人の物事の捉え方や考え方にもフォーカスする支援に移っていくことが重要だと考えます。誤解を恐れずに言ってしまうと、中学までのコミュニケーションはまだ「コミュニケーション」と呼べるレベルではないと個人的に思っています。コミュニケーションは「言葉のキャッチボール」と言われますが、中学のクラス内や部活動内で行われている会話を聞いていると、相手がとりやすいところに投げてあげようという配慮がないボールの渡し方だったり、とりやすいところに投げたはずのに、敢えて無視されたり、絶対とれないところに投げられて、「なんでとれないんだよ」とからかわれたり・・・なんだか「無法地帯」のような会話が繰り広げられているのをよく耳にします。不登校のお子様で、大人とだったら普通に喋れるけど、同世代が苦手という子が多いのは、自分がとりやすいところにボールを投げてくれたり、多少外れたところに投げたとしても拾ってくれるからでしょう。そういった点で、中学生ごろまでは「環境」の影響も大きいと考えています。

 

しかし、高校生・大学生になってくると、周りのお子さんの精神年齢もあがってきますので、キャッチボールは中学時と比べて、やりやすくなってくるはずです。勿論、一概には言えませんので環境調整が必要な場合もありますが、不登校のお子様の考え方や捉え方にフォーカスしていきたい年代でもあります。よく高校生や大学生の不登校のお子様とお話をすると、十中八九で「自分は周囲と比べて駄目だ」「遅れをとっている」と自己批判をする子が多い印象をもっています。これはなにも高校生・大学生に限ったお話ではありませんが、他者との比較で自分で自分をいじめてしまっているような心理状態をよく伺うのです。一方、中学生の頃よりも、自分のことをより論理的に考えることができるようになっているため、周りと比べてどこが駄目なのかも根拠がちゃんとしている場合が多く、それがゆえに「自分は駄目だ」という考えもより強固なものになっています。ここで一つ、人を「庭」で例えたとすると、多くの不登校の高校生は自分の「雑草」ばかりを見て、ちゃんと分析し、「こういう『雑草』があるから自分は駄目なんです」と言っているような感じです。彼らの「雑草」に対する分析は的確な時が多いのですが、一方、「雑草」ばかりを見て、自分の「花」の部分には気づていないことがほとんどです。そもそもの自分の見方自体に偏りがあることまでは気づいていません。

 

不登校の高校生・大学生にとって、まず大事なことは、この「花」の部分に気づき、それらを育てていくマインドを養うことです。人間であれば、誰でも駄目な部分や劣っている感じてしまう部分、大人の私たちにでもありますよね。重要なことは、「駄目な部分があること」ではなく、「駄目な部分もあるけれど、良い部分もある」と両方とも見れるようにしていくことです。人はネガティブものばかりを見てしまう傾向にあるのは、脳の仕組み上、仕方ありません。ですから自分自身の駄目な部分に目がいくことは何もおかしなことではないんです。一方、自分自身の良い面は意識しなければわからないものです。自分の良い部分が見えてくるようになると、自己肯定感も高まり、他者を受け入れる余裕も少しずつ生まれてきます。ですから、不登校の高校生・大学生に対しては、まず「自分の取扱説明書」をもてるようになることがスタートだと考えます。具体的には、自分自身の「強み」を理解し、自分の特性を把握することで、自分が「水を得た魚」になれる環境、「陸に上がった魚」になってしまう環境を把握し、自らその環境を整える工夫ができるようになることです。子どもから大人へと変わっていくこの年代において、自分で考え、工夫し、心理的な自立を図っていくことが重要ですし、だからこそ、ストレングス協会の「強み」にフォーカスするアプローチは10代半ばから20代にかけて非常に相性が良いと実感しています。