お問い合わせはこちら

「脱ひきこもり」お役立ちコラム

大学生の一人暮らしと「ひきこもり」~親として出来ること~

松隈 信一郎(医学博士)

福岡県出身。慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程にて幸福感や強み等、人間のプラス面を科学するポジティブサイコロジーを研究。在学中より従来のカウンセリングではない、ポジティブサイコロジーコーチング(PPC)による不登校・ひきこもり支援の可能性を見出す。その後、一般社団法人ストレングス協会を設立。10代、20代の若者に特化した訪問支援と教員・保護者へのPPCの教育を通して、世界中の青少年が希望をもてる社会の実現に向けて活動を続ける。著書に『「強み」の見出し方』(「月刊精神科」2017年7月号)等。

 

お子様が小学生、中学生、高校生の時は一緒に暮らしていたり、担任の先生がいるため、お子様が不登校やひきこもり状態かどうか分かりやすいのですが、大学生になると一人暮らしを始めたり、講義も毎日あるわけでなく、担任もいるわけではないので、「ひきこもり」の状態にあるのかどうか、わかりにくい状況になります。

 

また日本の大学(特に文系)は行っても行かなくても(ちょっとした知恵と工夫で)単位が取れるものも多く、就職活動が始まるまで、正直どんな生活を送ろうとなんとかやっていける現状もあります。さらに大学生ともなると、経済面はともかく心理面では親御様の管理のもとに生きたくないと思う心情も至って自然なことです。

 

何か部活やバイト、または課外活動等、打ち込むものを見つけていればよいのですが、何も打ち込むものがない大学生にとって「授業は面白くない、大して仲良い友人もいない、制約もない」となると大学から足が遠のいていくのも人間ですから、わけもないなと思ってしまいます。

 

「授業はちゃんと出てるの?」「健康管理は出来ているの?」と親御様からご心配の連絡があっても、電話やラインでは「はい」と言っておけばその場はしのげる。まさか「行っていない」なんて言えない・・・。そうこうしているうちに学期末になり、親御さんの元に大学側から「お子様の単位が足りなく進級できません」という連絡が来て、実際に会いに行ってみるとずっと家の中にいて、外に出られない状態になっていた・・・。このような大学生の引きこもりのケースはよくある話なのです。

 

大学生自身も自分がただ怠けているのか、「ひきこもり」の状態になってしまっているのか、実は本人達もわかっていないことが多く、もしくは「自分はひきこもりではない」と認めたくない心情もあるため、なかなか周囲のサポートを求めにくいことが多いようです。1~2年生のうちはそれでも守られた状況ですのでなんとかやっていけますが、将来のことをいよいよ真剣に考えないといけなくなった大学3年生、4年生頃になると、気づけば動けなくなってしまったということが往々にして起きやすいのです。

 

このような大学生を取り巻く状況や心情を考慮すると、大学生のひきこもりに対してはとにかく「早期発見・早期介入」に越したことはありません。親御様としてできることは、もし少し気になるのであれば、こっそり学期末に大学側に問い合わせてみるのも一つの手かもしれません。またもしお子様が現在進行中でひきこもりの状態であれば、第三者と繋げることをお勧めします。その際、明らかに身体的に何か症状がでていれば、病院に行くことをお勧めします。その際、もちろん、状況に応じてですが、「何か問題があるから行こう」という姿勢ではなく、「何もないことを確認するために行こう」というスタンスでお話をされた方がよいかもしれません。大学生のひきこもりのお子様の「自分はひきこもりではない」「自立したい」という気持ちを配慮することもとても重要なことだと思うからです。また、もし身体的な症状がなく、またカウンセリングに行きたくない(つまり、自分はおかしくないと信じたい)という状況でしたら、「将来を見据えた投資」として、当協会でなくとも、キャリア・カウンセリング等の将来のアドバイスをもらえる人に一度会ってもらうということをお勧めします。人は「将来のこと」等、理解できないものに対面し続けると不安や恐怖を抱きはじめ、負のスパイラルに陥りやすくなります。そのため、「将来、こういう道がある、ああいう道がある」と道標を示してくれる人に会うことで、その霧を晴らしていくことが非常に重要になっていきます。もしかすると、大学生の引きこもりは、「治療」よりも「投資」と捉えられる方が本人たちも気が楽に周囲のサポートを求めることができるかもしれません。「引きこもり」だから「心のカウンセリング」とすぐに飛ぶのではなく、「キャリアを築いていくためのコンサルティング」のような機関も考慮に入れられるのはいかがでしょうか?

 

大学生のひきこもりに対するストレングス協会の取り組み

ストレングス協会では、ひきこもった大学生とのコーチング面談を通して、一歩前に踏み出すサポートをさせて頂いています。初回の面談で信頼関係を構築した上で、その後、自分自身をより客観的に見られるようにマインドフルネスに取り組んでもらっています。そして、3回目のセッション前に強み診断テストを受検してもらい、彼らの「強み」を見出し、どのようにこの「強み」が今の大学生活で活かせるのか、将来の仕事や就職活動に活かせるのかを4回目以降に具体的に議論していきます。いきなり大学復帰が難しいのであれば、アルバイトや学外のコミュニティの中など、心理的にハードルが低い場所で自分の「強み」を活かせるように試してもらい、自信をつけながら、一歩ずつ前に進んでいきます。私たちのアプローチは、マインドセット(ものの考え方)にフォーカスするため、小学生にはあまり向かないのですが、しっかり物事を考えられるような大学生にはとても相性がいいのです。
 
大学で躓いたとしても、これまでの人生、受験勉強をはじめ、何かしらやってきた経験がある分、本人は気づいていないかもしれませんが、無意識のうちにこれまで「強み」を磨いているのです。そのため、訪問面談でお話をしていると、いくら自分に自信がないお子様でも、「強み」を見つけるのが実に簡単です。また、中高生と異なり、学校と家の往復という環境から比較的、自由である大学生は、バイト先やサークル、ボランティア、旅や海外短期留学など、その「強み」を活かせる場が多岐にわたるため、自分の「強み」を自覚さえできれば、いくらでも実践に移せるのです。そのため、これまで関わった大学生のひきこもりは、バイト先やサークル等で自分の「強み」を活かしはじめ、自分に自信を取り戻して復学していくお子様ばかりで、4~5回の面談で終わるケースが実に多いのです。また、自分の「強み」を意識した大学生活が送れるため、就職活動の面接でも、「自分の強みは〇〇です」と、それを説明するエピソードもつけて話すことができるようになり、就職活動に強いのです。バイトのリーダーとして活躍し始めた子や、カナダやフィリピンに留学した子、就職活動で年齢のハンデも関係なく内定をもらってくる子など、その立ち直るスピード(躓く前の状態以上に成長していくケースがほとんどですが)は非常に目覚ましいものです。
 
 
「ひょっとしてうちの子、ひきこもりかも・・・」とご心配されている親御様がいらっしゃいましたら、一度、訪問支援の内容をご覧ください。