お問い合わせはこちら

「脱ひきこもり」お役立ちコラム

大学生のひきこもりは要注意

松隈 信一郎(医学博士)

福岡県出身。慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程にて幸福感や強み等、人間のプラス面を科学するポジティブサイコロジーを研究。在学中より従来のカウンセリングではない、ポジティブサイコロジーコーチング(PPC)による不登校・ひきこもり支援の可能性を見出す。その後、一般社団法人ストレングス協会を設立。10代、20代の若者に特化した訪問支援と教員・保護者へのPPCの教育を通して、世界中の青少年が希望をもてる社会の実現に向けて活動を続ける。著書に『「強み」の見出し方』(「月刊精神科」2017年7月号)等。

 
今回は「大学生のひきこもり」というテーマでお話していきたいと思います。大学生のひきこもりというのは中高生の不登校または社会人のひきこもりと異なり、一つ厄介なところがあります。それは 本人も周りの大人も「ひきこもりかどうかがわからない」ということです。 中高生であれば毎日学校に行くことが「当たり前」とされているため、本人も周りの大人も気づきやすい環境にありますし、また社会人のひきこもりも、本来何かしているはずの時間帯に、ずっと家で何もしていな姿だと本人も周りも気づきやすい環境です。
 
しかし、大学生の場合、毎日大学に行く必要はありませんし、担任の先生が出欠を毎日管理していることもありません。また多くの場合、親御様の元を離れて、一人暮らしをしている学生も多く存在しているため、周りの大人も気づきにくい状況なのです。本人もただ面倒臭く、学校に行っていないという認識しかないのかもしれません。ところが、この「ひきこもり」っぽい状況が続いていくとその状態に慣れてしまい、そのまま何をするのも面倒臭く、最終的に「ひきこもり」になってしまう可能性があります。もしかすると既になっている方も、ひょっとしたらいらっしゃるかもしれません。
 
私たちはひきこもりの状態が一概に悪いとは考えておりませんが、大学生の彼らはこれまでの高校生活よりも自由があり、まだ感性が豊かな年齢であるため、様々な経験を通して今後の人生の方向性を見出していける時期でもあります。
 
また大学生は、周りの大人達もその若さがゆえに、色んなお話やアドバイス、または機会を与えてくれる特権を無条件にもっています。特に日本では「まだ若いから」ということで失敗に対しても社会の寛容性がある、極めて珍しい時期でもあります
 
このような貴重な時期だからこそ、本当に自分がやりたいことは何だろう」「自分は社会にどんな価値を与えていきたいだろう」と自分の人生に大いに向き合い、良い意味で大いに失敗してほしいと私達は思っています。
 
私達が不登校やひきこもりの若者に対して行っているアプローチは、ポジティブサイコロジーという新しい心理学が基になっていますが、この学問はそもそも「何が意義ある人生にするのか」を科学的に研究するという学問です。
 
一人ひとりの「強み」を見出し、それを育てる過程で自分の価値を認識し、周りや社会に貢献していく。この考えや手法は、ひきこもりであろうとなかろうと、大学生にとって、とても価値のあることであり、米国ハーバード大学では毎年、最も学生数が多い講義として有名です。また実際に、私達が関わった大学生の中では、ひきこもりの状態から前に進み始めただけでなく、自分の強みや価値を認識し、それを活かした活動を大学生活で行い、そのままそれを就職活動で話して内定をもらった学生もいました。
 
「大学生のひきこもり」
 
分かりにくいからこそ、親御様は治療するしないという話を超えて、「社会に出る前の投資」という観点でお子様に自分の「強み」を育てるご経験をさせてほしいなと思います。そのために親御様としてできることは、まずはお子様が「ひきこもり状態」でないかどうかを確認する必要があります。実際に大学に通っており、ただ親にそのことを伝えていないだけという可能性もありますので、行っていないことを前提にお伺いするのは賢明ではないかもしれません。お子様本人に聞きづらい関係であるならば、最悪、大学の学生課にこっそりご相談するのも一つでしょう。そして、もし全然授業に出ていないことがわかり、尚且つ、ちょっと怪しいなと感じた時、お子様にその「ひきこもり状態」について(ネガティブに)言及するのではなく、「将来のこともあるし、自分の強みを知るのもいいんじゃない?」と当協会をご紹介頂ければ、お試しで関われることが可能になるかもしれません。
 

大学生のひきこもりに対するストレングス協会の取り組み

ストレングス協会では、ひきこもった大学生とのコーチング面談を通して、一歩前に踏み出すサポートをさせて頂いています。初回の面談で信頼関係を構築した上で、その後、自分自身をより客観的に見られるようにマインドフルネスに取り組んでもらっています。そして、3回目のセッション前に強み診断テストを受検してもらい、彼らの「強み」を見出し、どのようにこの「強み」が今の大学生活で活かせるのか、将来の仕事や就職活動に活かせるのかを4回目以降に具体的に議論していきます。いきなり大学復帰が難しいのであれば、アルバイトや学外のコミュニティの中など、心理的にハードルが低い場所で自分の「強み」を活かせるように試してもらい、自信をつけながら、一歩ずつ前に進んでいきます。私たちのアプローチは、マインドセット(ものの考え方)にフォーカスするため、小学生にはあまり向かないのですが、しっかり物事を考えられるような大学生にはとても相性がいいのです。
 

ストレングス協会のアプローチと大学生の引きこもりは相性が良い

ストレングス協会では、お子様の「強み」を対話を通して、また客観的な診断テストも受けてもらい見つけていきます。そして、その「強み」を具体的にどのように日常生活で活かしていくかを教えていきます。そのため、お子様自身の自己理解が深まり、大学生活で本当にしたいこと、社会に出てやりたいことや向いていることが自ずと明確になっていきます。自分の「強み」を理解しておくことは就職活動や社会に出た後、自信をもって取り組むことができるようになります。
 
ストレングス協会のアプローチは本人の「強み」を見つけていくアプローチですが、実は大学生と相性が良いのです。大学で躓いたとしても、これまでの人生、受験勉強をはじめ、何かしらやってきた経験がある分、本人は気づいていないかもしれませんが、無意識のうちにこれまで「強み」を磨いているのです。そのため、訪問面談でお話をしていると、いくら自分に自信がないお子様でも、「強み」を見つけるのが実に簡単です。また、中高生と異なり、学校と家の往復という環境から比較的、自由である大学生は、バイト先やサークル、ボランティア、旅や海外短期留学など、その「強み」を活かせる場が多岐にわたるため、自分の「強み」を自覚さえできれば、いくらでも実践に移せるのです。そのため、これまで関わった大学生のひきこもりは、バイト先やサークル等で自分の「強み」を活かしはじめ、自分に自信を取り戻して復学していくお子様ばかりで、4~5回の面談で終わるケースが実に多いのです。また、自分の「強み」を意識した大学生活が送れるため、就職活動の面接でも、「自分の強みは〇〇です」と、それを説明するエピソードもつけて話すことができるようになり、就職活動に強いのです。バイトのリーダーとして活躍し始めた子や、カナダやフィリピンに留学した子、就職活動で年齢のハンデも関係なく内定をもらってくる子など、その立ち直るスピード(躓く前の状態以上に成長していくケースがほとんどですが)は非常に目覚ましいものです。
 
 
「ひょっとしてうちの子、ひきこもりかも・・・」とご心配されている親御様がいらっしゃいましたら、一度、訪問支援の内容をご覧ください。