お問い合わせはこちら

「脱ひきこもり」お役立ちコラム

不登校・ひきこもりの将来はどうなるの?

「うちの子、今ひきこもっているんですけど、将来、社会に出て大丈夫でしょうか?」というご質問を、不登校やひきこもりのお子様をもつ親御様から何度も伺ってきました。勿論、私達は占い師ではないため、「大丈夫です。」と断言することもできませんし、「大丈夫ではありません。」とも答えることができません。しかし、実際に不登校やひきこもりから脱出して、社会で働いている大人は数えきれないほどいらっしゃいます。

 

ここでは、現在、都内で勤務している30代男性の元不登校だった田中さん(仮名)から、メッセージを頂きましたのでご紹介させて頂きます。田中さんとは、ひきこもり当時に直接関わっておらず、彼が社会で働き出した後にお会いし、まさにその脱出方法がMILESTONEのアプローチと同じく、自分の「強み」を活かした方法でしたので、是非ここでご紹介させて頂きます。

 

***

 

こんにちは、田中(仮)と申します。

私は中学2年生でひきこもりになり、高校2年生の年齢までひきこもり状態を続けたところで自分の強みを発揮する機会を得て受験勉強をはじめました。その後、高卒認定資格取得後に大学を受けて無事合格し、大学卒業後は社会人となって活き活きと働いています。

 

松隈さんとは、「強み」を活かす人材育成の研修プログラムに参加した際、松隈さんが講師をされていた時に出会いました。その際に、企業内での「強み」を活かす人材育成以外にもMILESTONEという人の「強み」を活かした不登校・ひきこもり脱出の支援もされているということを伺い、松隈さんの考え方に深く共感したのがきっかけです。

 

今回は、私が自分自身の「強み」を活かしてひきこもり状態から抜け出し、社会に出てからも活用してきた経験について話すことが少しでも誰かの役に立てばと思い、この記事を書かせていただくことになりました。

 

まず、私がひきこもりになった理由ですが、「学校生活が空虚なものに感じた」というのが一番の理由です。なんとなく学校へ行き、なんとなく勉強をし、なんとなく部活や人付き合いをして過ごす日々が空虚なものに感じ、同時に思春期特有の漠然とした不安や悩みもあり、「学校に行く理由」が分からなくなってしまい、不登校になりました。

 

その後はゲームや漫画、インターネット等で一日のほとんどを過ごし、部屋から出るのも食事のときくらい、心配した両親が精神科の医者やfMRIや問診などの検査、ひいては神社でのお払いなどにも連れて行ってくれましたが、「学校生活が空虚なものに感じた」ままの自分は、高校2年生の年齢まで学校にいかず、一切勉強をすることもありませんでした。

 

ひきこもりの期間が伸びるにつれて「このままじゃまずいよなあ。」と感じてはいたものの、その頃にはすでに社会生活への自信も失ってしまっており、安全で傷つくことのない「ひきこもり」という状態に甘えてしまっていたように思います。

 

また、この頃には、自分の「悪いところ」にばかり目がいってしまい、それこそ「自分には生きる価値が無い」という考えから、「このまま死んでしまったほうがましかな」などと考えることもあったように記憶しています。

 

そんな中、私に転機が訪れたのは、高校2年生の秋頃でした。実はもともと勉強は嫌いでは無かったこともあり、その当時のどうにもならない閉塞感を少しでも破れればと感じ、受験勉強をスタートしてみようと決心したのですが、あまりポジティブな気持ちで始めた勉強ではなかったものの、始めてみるとこれがすごく楽しく、やりがいに満ちた生活が始まったのです。

 

前述した「強み」の人材育成の研修で自分の「強み」を診断*すると、私には「学習欲」(学ぶプロセスや新しいことを知ることが好きという強み)や「収集心」(何でも集めたくなる強み)と呼ばれる「強み」があったのですが、これらのおかげもあってか「受験勉強を通して毎日新しいことを知り、自分の知識が増えていくこと」がとても楽しかったのです。受験勉強をスタートした時点では、算数の「割り算」すらやり方を忘れてしまっていた状態から、ぐんぐんと学力が伸び、翌年の秋には高卒認定資格を取得、勉強を始めてから一年半ほどした春には大学生になれていました。

 

その頃には、自分の「強み」を用いて「大学合格」という目標を達成したこともあって、社会生活への自信も生まれており、大学でも自身の強みを活かして勉学に励み、大学生活を通して人間的にも大きく成長できました。今は社会人5年目です。
※最初のうちは、久しぶりの同年代との人間関係でやや苦労しましたが。

 

私にとって「大学受験の勉強」がひきこもり時代における「自身の強みを活かす機会」であり、それによって「ひきこもり」という閉塞状態から脱出することができたのだと今振り返って本当にそう思います。私の「学習欲」や「収集」といった「強み」は、大学や会社でも「情報収集」「物事を掘り下げて調べる」「物事を人に分かりやすく教える」といった場面重宝され、新しい技術を勉強する際や資料作り、新人教育などの場面で頼られる存在となっています。


ここまでの話を聞いて、もしかしたら「あなたの強みは『勉強』に向いていたから、たまたま上手くいったんじゃないか?」といった感想を持った方もいるかもしれませんが、「強み」とは「思考の癖」であり、誰でも必ず持っているものであるとともに、必ずそれを社会で活かす道があるものです。

 

そして、松隈さんは「人の『強み』を見出し、それを活かす道筋を立てること」に関してはプロフェッショナルです。大学院で専門的に「強み」を研究しているだけでなく、「強み」を活かす人材育成コンサルタント・トレーナーとしても活躍しています。松隈さんの面白さは、アカデミックな世界にいて、またビジネス界でも強みベースの人材育成をしているにも関わらず、10代、20代の不登校やひきこもりの子ども達に友達のように接し、実は大手企業の人材育成でやっているレベルのことを子ども達にも自然とやってしまうところです。子ども達の支援をする中、それぞれの「強み」を元に、社会でどう活かすことが出来るか?までアドバイスできる人はそこまでいないと思います。どうしても支援団体で長く働くと、良くも悪くも「社会」とかけ離れていってしまった方が多いのも事実ですから。


従来の「ひきこもりを『弱み』や『病気』として捉え、それを『治療』することで引きこもりを目指す」というアプローチとは全く違う、「一人ひとりの『強み』に着目し、それを伸ばす」というアプローチで、不登校やひきこもりからの脱出にいたるまでの道筋を明確に提示し、社会で一人立ちできるようになるだけの自信を植え付けてくれるはずです。自分はそのようなアプローチが高い効果を発揮するであろうことは自身の経験から断言できます。

 

例えば、私が従来のアプローチによって「人間関係」などの自身の「弱み」の部分を解消したとしても、一時的にはひきこもりから脱出できたかもしれませんが、きっと今のような「自分自身の足で社会を力強く歩き続ける生活」は送れていなかったはずです。だって、そのような手法で社会に出たとしても、自分の中に何も誇れるものがないのですから!

社会生活の中ですぐに自信喪失して、引きこもり状態に逆戻りしていたことでしょう。

 

私は運よくたまたま引きこもり時代に「自分の強み」を活かす機会が得られたことで自信が得られ、ひきこもり脱出以降は素晴らしい社会生活を送れていますが、もし「運よくたまたま自分の強みを活かす機会」が与えられなかったらと思うとぞっとします。そして、引きこもりの環境の中ではそんな状態が続いている人が大半なんだろうなとも思います。

 

もし、子どもの「強み」を見つけて、それを活かすことで自信をつけ、前を向いて自分の足で力強く歩ける人生を送ってほしいと考えているのであれば、まずはお問合せをされてみてはいかがでしょうか?


松隈さんならば、必ずお子様の「強み」を見出し、それを生かして社会復帰するまでのマイルストーンを示してしてくれるはずです。

 

この記事が、ご覧くださった方の背中を少しでも押し、前に進む力になったのであれば幸いです。

お読みいただき、ありがとうございました。

 

*米国GALLUP社CliftonStrengths

 

***

 

田中さん、非常に力強いメッセージをくださり、大変ありがたく思います。ひきこもり当時に直接、私が関わった訳ではございませんが、田中さんにとって、無意識に活かしていた自分の「強み」がひきこもりから脱出するためのカギだったと大人になって、お気づきになられたようですね。まさに私達が現在、不登校やひきこもりのお子様に対して実践いることを、当時、ご自身でやられていたのです。第三者の支援を借りずに自分自身の力でされたとのことですが、あっ晴れです。

 

もし不登校やひきこもりのお子様ご本人が自分の「強み」を理解し、自信があるのであれば何も心配いりません。ただもし、今、お子様が「自分には良いところがひとつもない」「自分はダメだ」と自己肯定感が低い状態であれば、何か私達はお手伝いできることがあるかもしれません。

 

お子様の「強み」を見出し、次の一歩が踏み出せるように、私達は傍にいます。

 

 

松隈 信一郎

1986年福岡県出身。慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程にて、幸福感や強み等、人間のプラス面を科学するポジティブサイコロジーを研究。在学中、知人よりひきこもりの子どもの訪問支援を依頼され、試行錯誤しながら面談を実施していく中、長年ひきこもっていた子達が活力を取り戻し、行動し始めたことから、従来のカウンセリングではない、ポジティブサイコロジーによるひきこもり脱出支援の可能性を見出す。その後、MILESTONEを立ち上げ。10代、20代の若者に特化した訪問支援を通して、世界中の若者たちが人間らしい喜怒哀楽を享受する社会の実現に向けて活動を続ける。日本ポジティブサイコロジー医学会事務局、米国GALLUP社人材開発コンサルタント兼任。