お問い合わせはこちら

「脱ひきこもり」お役立ちコラム

不登校・ひきこもりの原因:中学受験

松隈 信一郎(医学博士)

福岡県出身。慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程にて幸福感や強み等、人間のプラス面を科学するポジティブサイコロジーを研究。在学中より従来のカウンセリングではない、ポジティブサイコロジーコーチング(PPC)による不登校・ひきこもり支援の可能性を見出す。その後、一般社団法人ストレングス協会を設立。10代、20代の若者に特化した訪問支援と教員・保護者へのPPCの教育を通して、世界中の青少年が希望をもてる社会の実現に向けて活動を続ける。著書に『「強み」の見出し方』(「月刊精神科」2017年7月号)等。

 

私たちは不登校やひきこもりのお子様と向き合うとき、「何が原因なのか?」よりも「何がうまくいっているのか?」に注目することから取り掛かりますが、こちらの意図とは裏腹に、お子様ご本人や親御様から、このような状態になった「原因」についてお話され始めることがあります。

 

その中で、不登校やひきこもりになった背景にある共通点を見出すこともしばしばあり、中でも中学受験で子どもに無理をさせ、中学に入学して次第に不登校になったというケースをよく伺います。もしかすると私自身が九州で生まれ育ち、あまり周りに中学受験をする友人がいなかったため、余計に感じることなのかもしれません。しかし、その中でも「自分自身の思い通りになるように子育てをしてきてしまったので、無理をさせていたのかも」と仰られる親御様は、ある意味、非常に良い方向に進んでいるなと思うのです。なぜなら、お子様は我が子と言えども別の人格をもった「他人」であり、自分の期待に合わないお子様の欠けている部分にフォーカスするのではなく、親御様ご自身が見方を変えていかなければならないことに気づき始めている証拠だからです。

 

勿論、一概には言えませんが、「子どもが変わる」から「私が変わる」と主語が変わり、ご自身に矢印を向けられているご家庭は、やはりお子様が自分の人生を歩き始めるまで早いように感じます。親御様がご自身に矢印を向けられるため、お子様の欠けている部分に重視することが緩和され、良い面をみる姿勢も育まれやすいのでしょう。そこから親子間の信頼関係が強化され、不登校やひきこもりのお子様が次のステップへと動きやすくなる、自分の本心を伝えてくるという現象がよく起こり始めます。不登校やひきこもりの原因は特定できませんが、そのような現象をよく見てきた私として、親御様ご自身が変わろうとする姿勢は不登校やひきこもりでお悩みのご家庭にとって、非常に重要な要素だと感じさせられるのです。

 

勿論、親御様のこれまでの育て方が一概に良い悪いなど、白黒つけられるようなお話ではありません。どのご家庭も良かった面もあれば、悪かった面もあり、完璧な白や完璧な黒等、どこにもありません。ですから、この記事を読まれて「私が全て悪かった」とも思わないで頂きたいですし、「私が全て悪いっていうの」と憤慨されないでください。

 

私自身、いくつになっても自分自身に矢印を向け、成長し続けたいと思っていますし、親御様にも、この不登校やひきこもりという課題を「ご自身の成長の機会」と捉えて、共に成長していきましょうと呼びかけたいと思っています。

 

もし「自分も変わっていく必要がある」と思われる親御様がいらっしゃいましたら、お気軽に「お問合せ」よりご連絡ください。