ご相談はこちら

「脱ひきこもり」お役立ちコラム

不登校や引きこもりの親御様のお悩み ~どこからが過保護/過干渉?

松隈 信一郎(医学博士/公認心理師)

福岡県出身。慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程にて幸福感や強み等、人間のプラス面を科学するポジティブサイコロジーを研究。在学中より従来のカウンセリングではない、ポジティブサイコロジーによる不登校・ひきこもり支援の可能性を見出す。その後、一般社団法人ストレングス協会を設立。10代、20代の若者に特化した訪問支援と教員・保護者へのポジティブサイコロジーの教育を通して、世界中の青年が希望をもてる社会の実現に向けて活動を続ける。著書に『ポジティブサイコロジー:不登校・ひきこもり支援の新しいカタチ』(金剛出版)、『「強み」の見出し方』(「月刊精神科」2017年7月号)等。

 

お子様が不登校やひきこもりの状態になった時、これまでの自分の関わり方に誤りがあったのではないかと悩まれる親御さんが多くいらっしゃいます。「正解」がないものですし、「子育て」自体が初めての経験で、それを完璧にしようという方が非現実的だと思います。一方、「毒親」という言葉もできるくらい、お子さんの考え方や行動にも親御さんの影響が強いのも確かです。が、個人的には「毒」という言葉があまり好きじゃないので、どうもこの手のタイトルの本は手がのびません。

 

親御さんの関わり方で「過保護にしすぎたかも」「甘やかしすぎたかも」「厳しすぎたかも」というお話をよく伺いますので、今回のコラムでは、1つずつ、それぞれの場合にどうすればよいのかを見ていきたいと思います。勿論、ご家庭によって、その背景はそれぞれ異なりますので、全てに当てはまるという訳ではありませんが、少しでもご参考になればと願っています。(随時、更新していきます)

 

どこからが「過保護」?

まずは過保護から見ていきましょう。ここでいう「過保護」とは、どちらかというと「過干渉」に近いかもしれませんが、お子さんが困らない状況を作ってあげ過ぎてしまっている状態です。例えば、この春に進路先が決まったり、進級ができたお子様も多くいらっしゃるかと思いますが、親御様がその喜びを噛みしめるのも束の間、すぐに「入学した後に、また行かなくなったらどうしよう」「そうなるといけないから、春休みのうちに運動させておこう」という考えから「ちょっと運動したらどう?」と、まだ見ぬ将来のことを不安に思い、そのために何かをさせようとお子さんに提案し始めていたら、それは過保護になっちゃっているかもしれません。親として「子どもが困らないようにしてあげたい」と思うのは自然な感情だと思います。一方、親御さんの頭の中のシミュレーションは、あくまでも親御さんの頭の中でのお話であり、まだ起きていないので勿論、「現実」ではありません。そのシミュレーションで起きる出来事をお子さんに押し付けていたら、もしかすると、その行為はちょっと行き過ぎの状態かもしれません。

 

過保護(過干渉)にならないために大切にしたい視点は、「困ることは悪いことじゃない。今、学ぶ時だ」という視点です。困ったときが学ぶとき。親御さんがお子さんを困らないようにしたいという想いの背景には、きっと幸せに生きてほしいという願いがあると思います。子どもが幸せに生きるためには、「学び、成長すること」が大切です。僕ら大人であれば、大なり小なりご経験があるのではないかと思いますが、事前に他人から忠告されていたけど気にならず、そのことが実際に起きて、初めて困り、意識するようになったというご経験、皆さんもありますよね?僕も結構、(というか、かなり)あります。自分自身がもっと高尚で完成された人間であればと思うのですが、「完成された人格者であれば、この世に生まれてくる必要もなかったのかも」と思う、非科学的な自分もいます。人は僕も含めて、皆、未熟です。困って初めて学び出す生き物なのかもしれません。

 

「困らないように」という親心は至って自然な感情です。一方、それによりお子さんが「学ぶ機会」を失っていたら、もしかすると、その行為はお子さんが幸せな人生を歩んでいくための真逆の行為になっているかもしれません。もし自分自身が過保護になり過ぎていないかとご不安でしたら、一番はお子さんご本人に伺ってみてほしいです。お子さんと会話できる関係性であれば、「私、過保護になりすぎ?」と伺うと「うん」や「いや、別に」と返事が返ってくると思います。それに対して、「というのは?」と、もう一歩踏み込んで、その背景を伺ってみてほしいです。その回答の中にもっと本質的な発見や気づきがあると思います。

 

また、そのお子さんの回答に「だって、あなたがいつも〇〇だからじゃない?」というお気持ちになるのでしたら、その時はもしかすると、「卵が先か鶏が先か」のお話になっちゃっているかもしれません。その時は一度、「困ったときが学ぶとき」と、そのお子さんには「学ぶ機会」を提供させてほしいなと思います。そして、最も大切なことが、本人が困っているときに、「困ることは悪いことではない。今、何を学びなさいと言われているのかな?」と親御さんご自身がお子さんにではなく、親御さんご自身に対して、聞いてみることです。その自問自答で見えてくるものが、次の一歩へと繋がっていくと思います。