ご相談はこちら

「脱ひきこもり」お役立ちコラム

不登校になった原因を聞き出そうとしていませんか?

松隈 信一郎(医学博士/公認心理師)

福岡県出身。慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程にて幸福感や強み等、人間のプラス面を科学するポジティブサイコロジーを研究。在学中より従来のカウンセリングではない、ポジティブサイコロジーによる不登校・ひきこもり支援の可能性を見出す。その後、一般社団法人ストレングス協会を設立。10代、20代の若者に特化した訪問支援と教員・保護者へのポジティブサイコロジーの教育を通して、世界中の青年が希望をもてる社会の実現に向けて活動を続ける。著書に『ポジティブサイコロジー:不登校・ひきこもり支援の新しいカタチ』(金剛出版)、『「強み」の見出し方』(「月刊精神科」2017年7月号)等。

 

お子様や生徒が不登校になると、「なぜ学校に行かなくなったのか」と聞き出したくなってしまいます。もしその原因さえ分かれば、それを解決すれば良くなるからと思い、どうしても「なんで学校に行かないの?」という質問という名の問い詰めをよくやってしまいます。今回は原因追求は必ずしも解決には繋がらないというお話をしたいと思います。

 

まず、「原因を見つければ解決できる」という考えはどこから来るのでしょうか。おそらく、それは故障した車やテレビ等、対象が「モノ」であるケースが多いのではないでしょうか?もしくは、風邪や喘息、肺炎等の原因が分かれば治療できるという「身体的な病気の治療」を思い出されるのではないでしょうか?このように対象が「モノ」や「身体的な疾患」であれば、この原因追求からの解決策というのは有効です。しかし、不登校やひきこもりという現象や、心の不調というものは様々な要素が複雑に絡み合って表に現れてきたものであるため、「原因追求」が必ずしも有効ではないことがよくあります。よく専門的には「生物心理社会モデル」と呼ばれ、「脳の機能障害(生物的)かもしれないし、考え方や認知の歪み(心理的)かもしれないし、社会システムの欠陥(社会的)かもしれないから複合的に見ることが大切だ」と説明されますが、要は原因を1つに特定するのは難しいということです。

 

色んなことが重なって現れた現象に対して、「原因を特定しよう」と根掘り葉掘り聞こうとすると見つからないどころか、ますます大切な人間関係が悪化していく可能性があります。なぜなら、「なんで学校に行けないの?」という原因追求の質問は、目の前のお子さんのための質問のように見えて、その深層に「自分が安心したい」からしていることもあるからです。子どもはこのような意図にとても敏感に反応します。私自身、面談中によくお子さんに質問をするのですが、その昔、メンターの先生によく「その質問は誰のためにしている質問ですか?」と聞かれていました。自分が安心したいから、自分が情報を得たいからしている質問なのか、それとも、お子さんの新たな気づきや視点につながる質問なのか。「なんで学校に行けないの?」という質問はどのようにお子さんに役立っているでしょうか?もしお子さんにとって役立つことがある場合は、続けて原因追求をすることが大切だと思いますし、何も役立っていない場合は止めた方が良いと思います。「役立つことは続け、役立たないことは止めて、違うことをする」至ってシンプルなお話です。

 

もし「なんで学校に行けないの?」という質問が役に立ってないと感じられるならば、違った見方が必要かもしれません。その際、一つの見方として「問題の原因」と「解決」は別次元に存在するということを知っておくことは大切かもしれません。一つ例を挙げてみましょう。あるレストランにお腹が空いている人がやって来ました。レストランの店員さんは、そのお腹を空かしたお客さんに伺いました。

 

「お腹が空いた原因は何ですか?」

「いつからお腹が空いているんですか?」

「どのくらいお腹が空いているんですか?」

「ご家族にお腹が空いている人、他にもいらっしゃいますか?」

 

このようにお腹が空いたお客さんに対して、その原因を伺っていったところでこのお客さんの「お腹が空いた」という問題は解決するでしょうか?言わずもがなですよね。逆にこの店員さんは、何をすれば解決に繋がるでしょうか?皆さんが思う通り、「メニューを出して、欲しているものを提供すること」です。この解決策は、お客さんがどのような背景でお腹が空いたのかなんて関係ありません。問題の「原因」と「解決」は異なる次元に存在するんです。このことを理解していると、「なんで学校に行けないの?」「どうして外に出れないの?」という問い詰めが必ずしも役に立たないことがわかってきます。我々周囲の大人にとって最も大切なことは、お腹が空いている人に「何が食べたいの?」と伺うように、今のお子様が「本当に望んでいること」は何かをしっかり認識することだと思います。お腹が空いた原因がなんであれ、「パンが食べたい」という言葉に耳を傾けること、それが解決を構築していくうえでとても重要なことです。特に今まで、「こうなった原因は何か?」ばかりを探して疲れてしまった親御様がいらっしゃいましたら、ぜひ、もう一度、改めてお子様の立場から見て、「今、この子が本当に欲しいものは何だろう?」と考えてみてください。これまでとは違った答えが浮かび上がってくるかもしれません。何かのご参考になればと願っています。