お問い合わせはこちら

「脱ひきこもり」お役立ちコラム

ポジティブサイコロジーは「従来のカウンセリング」ではありません。

松隈 信一郎(医学博士/公認心理師)

福岡県出身。慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程にて幸福感や強み等、人間のプラス面を科学するポジティブサイコロジーを研究。在学中より従来のカウンセリングではない、ポジティブサイコロジーによる不登校・ひきこもり支援の可能性を見出す。その後、一般社団法人ストレングス協会を設立。10代、20代の若者に特化した訪問支援と教員・保護者へのポジティブサイコロジーの教育を通して、世界中の青少年が希望をもてる社会の実現に向けて活動を続ける。著書に『「強み」の見出し方』(「月刊精神科」2017年7月号)等。

 

不登校やひきこもりの親御様からお問合せを頂く際、私は毎回、親御様やお子様が抱く「カウンセリング」のイメージを確認しています。なぜなら、ストレングス協会が行っている訪問支援は、従来のカウンセリングとは異なるため、「従来のカウンセリング」のイメージをもたれてご依頼されたのに期待していたものと違っていたというミスマッチを防ぐためです。ここで私が言う「従来のカウンセリング」とは、不登校やひきこもりのお子様の過去のお話を傾聴して、癒していくプロセスを指します。お子様の気持ちに寄り添い、その気持ちをただただ受容していくイメージですが、共感して苦しい気持ちを癒していくプロセスは非常に重要であり、必要な支援の在り方だと思います。

 

私はこの従来のカウンセリングが効果的な不登校やひきこもりのお子様がいらっしゃる一方、あまり意味をなさないお子様もいると思っています。例えば、「人生の意味が分からない」という哲学少年や、口を開けば「面倒臭い」と言って何もしない不登校・ひきこもりのお子様、次に進みたくても何をすればいいのか分からないと悩んでいるお子様等、「過去の話を傾聴する」だけでは何も現状を打開しない状況も実は多く存在し、そんな子達が人生を前に進めるために踏むべきステップというのは、また別にあるのです。

 

例えば、「人生の意味が分からない」と言われた時、カウンセラー自身の持論を伝えることも一つですが、人生に意味をもっている人達がどのような共通点をもっているかという知識や人生の意味を高めるための手法等、ストレングス協会のベースとなるポジティブサイコロジーには、その知見や研究結果が溢れており、その知識を応用すると、「人生の意味が分からない」と言われたとしても、その高め方を提示したり、アドバイスすることが可能なのです。従来のカウンセリングであれば、「なぜこの子が人生に意味を持てないんだろう、そうなった原因は何だろう」と過去の出来事にフォーカスをして、その深層心理を傾聴しながら探求していくことになりますが、ポジティブサイコロジーという、人間のプラス面(人生の意味や強み、幸福感や勇気、希望等)の研究によって、人はどのような時に人生の意味をもつのか、どのような時に希望が湧くのか、勇気が出るのか等、明らかになってきており、不登校やひきこもりのお子様が一歩前に踏み出していく上の具体的なアドバイスや作戦会議が可能になってきたのです。「勇気が出るツボ」、「希望が湧くツボ」、「モチベーションが湧いてくるツボ」、「人生の意味を見出すツボ」、その子ならではの「強みが発揮しやすくなるツボ」が研究に基づいた形であるため、ただ過去の話を聴くのではなく、お子様に対して、どのツボを押していく必要があるのかを教えていくことができるのです。

 

ストレングス協会の訪問支援は、そのツボの押し方や考え方の「型」を教えていき、お子様がカウンセラーに依存せずに自立していけることをサポートします。そのため、「ただ話を聴いてほしい」「子どもの過去のトラウマを癒してほしい」というご依頼であれば、私達よりもより適切な支援をお探しになられた方が良いかと思います。一方、「従来のカウンセリング」に何も意味を感じなかったお子様や、「前に進まないといけないけれど、どうすればいいのか分からない」と思い悩むお子様、ついついネガティブ思考に陥ってしまうお子様、人生の意味を模索し続けるお子様等に相性が良いアプローチであると実感しています。何かピンとこられる方がいらっしゃいましたら、お気軽にお問い合わせください。