お問い合わせはこちら

「脱ひきこもり」お役立ちコラム

ゴールデンウィークを目の前にして

松隈 信一郎(医学博士)

福岡県出身。慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程にて幸福感や強み等、人間のプラス面を科学するポジティブサイコロジーを研究。在学中より従来のカウンセリングではない、ポジティブサイコロジーコーチング(PPC)による不登校・ひきこもり支援の可能性を見出す。その後、一般社団法人ストレングス協会を設立。10代、20代の若者に特化した訪問支援と教員・保護者へのPPCの教育を通して、世界中の青少年が希望をもてる社会の実現に向けて活動を続ける。著書に『「強み」の見出し方』(「月刊精神科」2017年7月号)等。

 

4月から新年度がはじまり、学校に行き始めた、もしくはバイトや新しい環境で働きはじめたお子様もいらっしゃるかと思います。中には以前、同じクラスだった仲が良い子と同じクラスになり、楽しく学校に行き始めたお子様、「もうあのような状況になりたくない」と自分に言い聞かせながら頑張っているお子様など、人生を前に進めはじめたお子様もいらっしゃれば、新年度が始まっても相変わらず家でじっとしているお子様もいらっしゃるかと思います。もし、皆様のお子様が4月から行動を取り始めている場合、お子様に考させてほしいことがあります。それは 4月、なぜうまくいったと思うか?ということです。

成功を分析する

人はよくこれまでのことを振り返る時、「反省会」という名のもと、うまくいったことはおざなりにし、できていないことばかりにフォーカスをします。トヨタ自動車の「KAIZEN(カイゼン)」に見られるように、できなかった部分を直していくことが向上に繋がると考えられています。しかし、これは「目指すべき目的がはっきりして、自発的なモチベーションが高い人」には有効ですけれど、そうでない人にとっては、自信を一向に付けることができず、モチベーションも高めることが非常に困難なアプローチなのです。

ポジティブサイコロジーには、「成功は成功から学ぶ」という考えがあります。成功したプロセスを振り返り、将来も再現可能にするために、丁寧になぜ成功したのかを分析していくことが非常に重要だと考えられています。4月から学校に行き出した保護者の方とお話をすると、「学校には行き出したけど、もう勉強の方は全くだめで、家庭教師を・・・」という言葉をよく伺います。そんなお声を伺うたびに「あ~いつまで経ってもこの子が自己肯定感を育むことは、この環境じゃ難しいな~」と思ってしまいます。

 

私達、大人がしなければならないことは、一歩前に進んだお子様の成長をしっかり振り返り、「前できなかったことができるようになったね。どうやったの?何が自分を突き動かしたの?勝因は何?」とお子様の成長に気づいて、「自信」の地盤を固めていくことです。「0」から「1」に進んだら、「2」を見るのではなく、「0」から「1」の道をしっかりと固めていくことです。もし、お子様が新年度から変化がある場合、一度立ち止まって、しっかりそのプロセスを振り返って頂きたいと思います。また、新年度も、まだまだひきこもった状態のお子様であれば、昔、お子様が活き活きとしていた時のことを、ぜひ振り返ってみてください。そしてどうして活き活きしていたのかを分析してみるとお子様独自のパターンが見つかるかもしれません。

ストレングス協会の取り組み

ストレングス協会では、お子様の過去の話を伺い、お子様の「強み」を特定していきます。その際、①最高の瞬間、②没頭した経験、③成功体験(ゲームの中でも)を必ず伺います。なぜなら、人はうまくいっている時、必ず「強み」を活かしているからです。「強み」を特定することで、本人の勝ちパターンが見えてきます。そして「次もこの『強み』を活かせばいいんだ」と再現性が増していき、元の状態に戻りにくくなるのです。「うまくいったこと」がどんなに些細なことでも構いません。リアルもバーチャルも問いません。お子様独自の「思考・行動・感情のパターン」を特定することで次に繋がる一歩が見えてきます。

 

もし、お子様がなぜ今うまくいっているのか、もしくは、お子様の「強み」が何なのか分からない状態で見守っているのであれば、これ以上、勿体ないことはありません。これまで「脱ひきこもり」を果たしていったお子様たちは皆、自分の強みや勝ちパターンが少なくとも5つは言えます。そのため、就職活動の際もこれまで引きこもっていたのにも関わらず、非常に強いのです。親御様ご自身のご経験を振り返られても、うまくいっている時は、無意識のうちに必ず「強み」を活かしています。お子様の「強み」を知り、次の一歩に繋げたいと思われる親御様がいらっしゃいましたら、ぜひ、一度、お問い合わせを頂ければと思います。