お問い合わせはこちら

「脱ひきこもり」お役立ちコラム

どこからが不登校・ひきこもり?

MILESTONEは10代や20代の不登校・引きこもりのお子様が次の一歩を踏み出せるようにポジティブサイコロジーの理論をベースに面談をさせて頂いておりますが、よく親御様から「うちの子は完璧な不登校や引きこもりではないのですが・・・」「学校や職場以外の外には出れるのですが・・・」「週に1~2回は行っているのですが・・・」というお問合せを頂くため、ここでは、「どこからが不登校・ひきこもりというのか?」ということに関して、考えていきたいと思います。

 

まずは、公の機関の定義によると、「不登校」は「登校しないあるいはしたくともできない状況にあるために年間 30日以上欠席した者のうち、病気や経済的な理由による者を除いたもの」(文科省)であり、また「ひきこもり」は「仕事や学校にゆかず、かつ家族以外の人との交流をほとんどせずに、6ヶ月以上続けて自宅に引きこもっている状態」(厚生労働省)と定義されています。

 

この定義に従うと、例えば「保健室には行ける」「引きこもりだけど外には行ける」「オンラインゲームのイベントにネットで知り合った友人と出かけることはできる」「週に1回は学校や職場に行ける」という状態であれば、「不登校」や「ひきこもり」にはならないと思います。しかし、このような状態のお子様に対して、私たちはどのように考えているのかというと、このような黄色信号の状態だからこそ、予防のために「心のレジリエンス(折れない心)」を育てることは非常に重要だと考えています。さらに言うと、そこにこそ、従来の不登校・ひきこもり支援ではできない、ポジティブサイコロジーだからこそできる支援があるのです。

 

不登校・ひきこもり気味のお子様は、完全な不登校や引きこもりの状態ではなく、まだ行動できています。その時に自分自身の「強み」をしっかり理解し、それを活かす方法を学んでいくことで不登校や引きこもりとは無関係な状態まで自力で歩いていくことができるようになるお子様を見てきました。というのも、自分の「強み」を理解していくと、なぜ今自分がこのような状態なのか、自分は何を求めているのかが明確になり、自分自身や今の現状を受け入れはじめるからです。それができはじめると、無理をすべき時と手を抜いていい時を自覚することができ、継続できるようになっていきます。

 

そのため、「まだうちの子は大丈夫」と何もせずにただその黄色信号の状態を見守っていくよりも、もし本人の意思があれば、このような不登校・ひきこもり気味のお子様にこそ、「強み」をしっかり理解し、行動できる範囲で試していくようなご経験をさせてあげてほしいなと思います。勿論、お子様ご本人にそのような気持ちがない場合は無理に勧められるのも逆効果となりますので、あくまでもご本人の意見を尊重してほしいと思います。

 

「自分」とは、一生、付き合っていかなければなりませんし、誰も変わってくれない存在です。人生の早い段階で、本人の「強み」の活かし方を学び、より良く生きていってほしいなと願っています。

 

松隈 信一郎

1986年福岡県出身。慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程にて、幸福感や強み等、人間のプラス面を科学するポジティブサイコロジーを研究。在学中、知人よりひきこもりの子どもの訪問支援を依頼され、試行錯誤しながら面談を実施していく中、長年ひきこもっていた子達が活力を取り戻し、行動し始めたことから、従来のカウンセリングではない、ポジティブサイコロジーによるひきこもり脱出支援の可能性を見出す。その後、MILESTONEを立ち上げ。10代、20代の若者に特化した訪問支援を通して、世界中の若者たちが人間らしい喜怒哀楽を享受する社会の実現に向けて活動を続ける。日本ポジティブサイコロジー医学会事務局、米国GALLUP社人材開発コンサルタント兼任。