お問い合わせはこちら

「脱ひきこもり」お役立ちコラム

ある親御様からの感想

松隈 信一郎(医学博士/公認心理師)

福岡県出身。慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程にて幸福感や強み等、人間のプラス面を科学するポジティブサイコロジーを研究。在学中より従来のカウンセリングではない、ポジティブサイコロジーによる不登校・ひきこもり支援の可能性を見出す。その後、一般社団法人ストレングス協会を設立。10代、20代の若者に特化した訪問支援と教員・保護者へのポジティブサイコロジーの教育を通して、世界中の青少年が希望をもてる社会の実現に向けて活動を続ける。著書に『「強み」の見出し方』(「月刊精神科」2017年7月号)等。

 

現在進行中で関わっている親御様より、ご感想文を頂戴しましたので、ご紹介させて頂きます。まだ訪問を始めて数回で、これからが本当の勝負なのかなといったところですが、親御様からのリアルなお声があった方がこちらのコラムをご覧頂いている皆さんにとって、有益なものになるだろうと思い、ご掲載させて頂きます。

 

ある親御様からの感想

大学1年と高校1年の子どもが同時期にダブルで引きこもりになり、布団から出て来ない朝。心臓が押し潰されて吐きそうになりながら、それぞれの学校へ欠席連絡。そして出勤。この生活いつまで続くんだろう。仕方ない、こういう人生なんだ…そう諦めていました、松隈先生に出会うまでは。

 

それまでにも数多くのカウンセラーと相談をしてきましたが、松隈先生は別格でした。「この先生すごい!イチ押しだ!」これが第一印象です。まとまらない私の長い話を熱心に聞き・時に笑い・とても丁寧に対応してくださるので、気持ちが明るく楽になっていく自分を感じました。また先生と話をすると、沢山問いかけて考える時間を与えてくださるので、モヤモヤした心が整理されてスッキリする上に、具体的に「これやってみよう」「こう関わってみよう」と、方向や道すじが見えてきて、その度に前向きになれる自分がいました。

 

訪問支援を受けた子ども達に今の段階で劇的な変化はありませんが、支援を受ける前と比べると確実に変化している事がわかります。落ち込んでも立ち直りが早くなり、布団から出て来ないという事はなくなりました。先生から教えられた考え方が定着し、使いこなす姿を見ると成長を感じました。限りなくゼロに近い自己肯定感の子が、「自分はやれば出来る」と自信を取り戻しつつあります。「死しかない」と言っていた子が、「田舎の広い土地に家を建ててリモートワークしようかな」「シフォンケーキの店開こうかな」と夢を描き、プログラミングの勉強を始めたり、専門学校のお菓子作り体験に申し込み始めました。

 

外から見ると相変わらずの引きこもりですが、私は明るい引きこもりになったと思いますし、それは蝶になる前のさなぎのようだと思います。そこに至るまでの道のりを松隈先生が導いてくださいました。今までどのカウンセラーもやらなかった方法で…。先生には、この先もう暫くサポートしていただきたいと親子で願っております。

 

一番初め、実は非常に疑い怪しんだポジティブサイコロジー。今ではこの私が悩める友人達に宣伝しています。