お問い合わせはこちら

「脱ひきこもり」お役立ちコラム

【教員向け】不登校の生徒さんとお電話で直接お話しする際①

松隈 信一郎(医学博士/公認心理師)

福岡県出身。慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程にて幸福感や強み等、人間のプラス面を科学するポジティブサイコロジーを研究。在学中より従来のカウンセリングではない、ポジティブサイコロジーによる不登校・ひきこもり支援の可能性を見出す。その後、一般社団法人ストレングス協会を設立。10代、20代の若者に特化した訪問支援と教員・保護者へのポジティブサイコロジーの教育を通して、世界中の青少年が希望をもてる社会の実現に向けて活動を続ける。著書に『「強み」の見出し方』(「月刊精神科」2017年7月号)等。

 

新型コロナウイルス感染拡大に伴う休校や分散登校、オンライン授業、あれよあれよと期末テストと学校の担任の先生方もこの6月、7月の2ヶ月間は大変ご苦労をされたのではないかとご察しします。特にこの6月からお子様が不登校になり、当会へのお問合せも例年よりも遥かに多い件数になっているため、休校明けから欠席が続いている生徒さんも多いのではないかと憶測しています。そのため、お電話で親御様への出欠確認や不登校の生徒さんと直接、電話でお話するご機会もあるかと思いますが、そのような場合、何についてお話をした方がよいかについて一緒に考えていきたいと思います。

 

勿論、学校の方針や不登校の生徒さんの状況によって、話す内容は変わってくるかと思いますが、私は、ぜひ、他の生徒さんの状況もプライバシーを保護した上で具体的に伝えることをお勧めしています。なぜなら、不登校になると、生徒さん達は「他の友達はうまくいっているのに自分だけが遅れてしまっている」と思い込みやすく、孤立感から一人、部屋の中でますます「自分はもう駄目だ」と考えてしまう傾向にあるからです。そのため、「こういう状況になっているのは自分だけじゃないんだ」と思えるように、クラスに今、不登校の生徒さんが何人いて、今、学校に通っている生徒の中にもまだ不安定な子もいること等、同じ状況の生徒さんのお話をしてほしいなと思います。「自分だけじゃない」という感覚は不登校の生徒さん達の気持ちを楽にしてあげることができます。そして、このホッとした気持ちや安心感が腰をあげるための動機に繋がっていきます。これはポジティブサイコロジーのセルフ・コンパッション(自己への思いやり)の考え方に基づいているのですが、自己批判をよくしてしまう人は、「なんで自分だけ」と孤独感を感じやすいのに対して、自分に対しても思いやりをもつことができる人は、「皆もそうだし、誰にでもあることだ」と他者との一体感を感じやすいと報告されています。

 

先生というお立場上、やっぱり生徒には学校に戻ってきてほしい。でも、無理矢理に戻すのも生徒を追いつめてしまうかもしれない。だからと言って、ゆっくり休んでいいよとも中々言いづらい・・・。不登校のお子様とお電話でお話する際、何を話せばいいのか悩んでいる先生方も多いと伺っています。もし不登校の生徒さんに具体的に何をお話すればいいのか分からない場合、是非、状況に応じて、他の生徒さんの状況をお伝えし、「自分だけじゃないんだ」という一体感と安心感をもたせてあげるようなお声がけをしてあげてほしいなと思います。

 

ポジティブサイコロジーコーチング動画学習

一般社団法人ストレングス協会では、上述のセルフ・コンパッションのように、不登校のみでなく、生徒指導・教育相談に役立つポジティブサイコロジー(ポジティブ心理学)の知識を動画で学べるサイトを運営しています。人はどんな時に勇気が出るのか、希望が湧いてくるのか、不安とうまく付き合えるのか等、ポジティブサイコロジー(ポジティブ心理学)の知識を知っているかいないかで生徒に対する声がけが変わってきます。青少年の成長を促進するためには、私たちの「対話の質」が問われてきます。ぜひ、こちらの動画でポジティブサイコロジー(ポジティブ心理学)を学び、共に青少年の成長を育んでいけたらと思っております。ポジティブサイコロジーコーチング(PPC)の動画学習はコチラ