お問い合わせはこちら

「脱ひきこもり」お役立ちコラム

【コロナ特集】緊急事態措置解除後、お子様にお声がけをする前に

松隈 信一郎(医学博士/公認心理師)

福岡県出身。慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程にて幸福感や強み等、人間のプラス面を科学するポジティブサイコロジーを研究。在学中より従来のカウンセリングではない、ポジティブサイコロジーによる不登校・ひきこもり支援の可能性を見出す。その後、一般社団法人ストレングス協会を設立。10代、20代の若者に特化した訪問支援と教員・保護者へのポジティブサイコロジーの教育を通して、世界中の青少年が希望をもてる社会の実現に向けて活動を続ける。著書に『「強み」の見出し方』(「月刊精神科」2017年7月号)等。

 

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態措置により、多くの学校が休校やオンライン授業へと移行し、ひきこもりであろうとなかろうと、メリハリがつきにくい生活が続いているお子さんが多いようです。関東・関西圏、北海道を除く県では、緊急事態措置が解除され、これから分散登校などで徐々に登校が始まる地域もあるかと思います。一方、多くの大学では、前期は全てオンライン授業でいくと決定しているところも多いようです。今回は緊急事態措置が解除後、不登校やひきこもりのお子様とどのように接していくことがよいのかについてお話していきたいと思います。ポイントは「スローダウン」です。

 

僕自身、今関わっている10代・20代の不登校やひきこもりのお子様と連絡をしてみて感じるのが、この外出自粛期間、心穏やかに過ごしている子が非常に多い印象を受けています。周りの人達も巣ごもりしているため、「自分が特別ではない」「皆と一緒」という感覚は不登校やひきこもりのお子様に非常に安堵感をもたらせます。今、新型コロナウイルスの感染者数が減少してきて、外出自粛の期間も終わり、徐々に学校や社会が動き出すタイミングに来ているのではないかと思います。この時期にメディアのせいか、私たちは、何か「急いで遅れた分を取り戻さないと」となんだか焦燥感に駆られてしまいそうになりがちです。お子様が外出自粛前から不登校やひきこもりの状態であった場合、彼らの中ではずっと部屋の中にいたため、そこまで日常生活の変化はなかったかもしれませんが、どうしても周りの大人たちからすると「学校も再開したから動き出さないと」「とりあえず何か始めなさい」と言いたくなってしまいます。この言葉が駄目だというお話ではありませんし、不登校や引きこもりであろうとなかろうと、世の親御さんであれば、我が子に対して、自然と仰られる言葉だと思います。

 

一方、私たちが『「遅れを取り戻さないと」と誰もが焦ってしまう中に、今、生きている』という客観的な視点を失ってしまうと、冷静さを失ったままの声がけとなってしまい、会話が成立せずに、結果、言わない方がマシだったということにもなり兼ねません。「今を逃がすと、遅れを取り戻せない」と、焦ってしまっている時は白か黒かの思考になりがちです。ですから、緊急事態措置解除された際、「自分は焦ってしまうだろう」等、自分自身の心の動きを事前に認識しておくことをお勧めします。事前に予想しておくことで、少し「遊び」部分を心の中につくれ、少し冷静な目でお子様と建設的な関わりができるかもしれません。

 

また、これからしばらくは誰にも先が読めないグレーゾーンの生活が続いていきます。不登校やひきこもりの状態であったお子様と関わる際、特にこの時期は世の中の時間の流れに影響を受けやすく、視野が狭くなってしまうため、今一度、「人生は長い」という言葉を敢えて自分自身に言い聞かせてみてほしいなと思います。(僕自身も自分自身に言い聞かせています!)これから世の中はオンライン授業やテレワークがさらに推進されていき、不登校やひきこもりのお子様が様々な経験を積む上での敷居はドンドン低くなっていきます。大局的にみていくと、無駄なものが無くなっていき、彼らにとってもより住みやすい社会へと変容していく流れがあります。だからこそ、敢えて、この6~7月はじっくりいきましょう、じっくり。