お問い合わせはこちら

「脱ひきこもり」お役立ちコラム

【コロナ特集】一人暮らしでひきこもりの状態である大学生へ

松隈 信一郎(医学博士/公認心理師/ICF認定コーチ)

福岡県出身。慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程にて幸福感や強み等、人間のプラス面を科学するポジティブサイコロジーを研究。在学中より従来のカウンセリングではない、ポジティブサイコロジーによる不登校・ひきこもり支援の可能性を見出す。その後、一般社団法人ストレングス協会を設立。10代、20代の若者に特化した訪問支援と教員・保護者へのポジティブサイコロジーの教育を通して、世界中の青少年が希望をもてる社会の実現に向けて活動を続ける。著書に『ポジティブサイコロジー:不登校・ひきこもり支援の新しいカタチ』(金剛出版)『「強み」の見出し方』(「月刊精神科」2017年7月号)等。

 

2020年はコロナ禍で予期せぬことや不安を煽られることが多い中、学校や大学もオンライン授業になったり、夏休みが短縮されたりと予想外の対応が迫られています。大学生の場合、後期もオンライン授業に決まったところも多く、特に新一年生はオンライン上で友人を作ることができず、やる気をなくしている方もいらっしゃるかもしれません。2年生以上でも変化になかなか順応することができず、一人暮らしの中、ひきこもりの状態になっている方もいらっしゃるかもしれません。就職活動も例年のようにできず、うまく行かずに途方に暮れ、今を迎えている方もいらっしゃるかもしれません。実家で暮らしている大学生は家族がその変化に気づける機会がありますが、今、一人暮らしをしている大学生にとって、周囲の人がなかなか気づけない環境にいるかもしれません。今回はそんなコロナ禍で一人暮らしをして、今、誰にも相談することができない大学生の方に対して書きました。一人暮らしでオンラインの授業に出ることができず、「もしかしたら自分は引きこもりかも・・・」と思って検索をした結果、ここに辿り着いた方に向けてお伝えしたいこと、書かせて頂きました。

 

まず、今のコロナ禍は異常であり、今年になって調子を崩した人は君だけじゃないことを知ってほしいと切に願います。職業上、調子を崩したお子様や生徒をもつ親御様や先生方からご連絡を頂きますが、今年は例年になくお問い合わせが激増しています。これは当会に限ったことではなく、他の不登校・ひきこもり支援の団体様にも起きている現象です。調子を崩している人、やる気を失っている人、全てが面倒臭くなっている人は君だけじゃなく、調子を崩すことの方がむしろ、自然に感じてしまうくらいです。

 

一人暮らしでうまく行っていない時、部屋に引きこもり、他者と交流することが煩わしくなる・・・。「他の人は皆、コロナ禍でもうまくやっているのに、なんで俺だけうまくいかないんだ」と孤立感を感じてしまう・・・。周囲の友達数人だけのデータを基に、皆うまく行っていると思ってしまい、人と連絡を取りたくなくなる・・・。連絡を取らないのでどんどん自分だけの考えが大きくなり、破局的になってしまう・・・。もし今、自分も大学生でコロナ禍の中、一人暮らしだったら、そうなってもおかしくないなとついつい思ってしまいます。今、多くの人が調子を崩して不登校になったり、ひきこもりの状態になっています。君だけじゃないことを知ってほしいと切に願っています。

 

一方、調子を崩すのは自分だけじゃないと分かったとしても、前期の単位も落として留年が確定しそうで、この先どうしたらいいのか分からないと悩まれている大学生の方も多くいらっしゃると思います。もしかすると、今、コロナ禍で世界中が混乱している中、一人で思い悩む時ではないのかもしれません。今、一番避けたいことは多くの大人が混乱している中、「自分だけが」と一人暮らしの部屋の中で、どんどん孤立感を感じてしまうことです。人の手を借りることは決して弱いことではありません。逆境に強い人は困難な状況でも一人で歯を食いしばり、耐えしのぐようなマッチョなイメージをもつ人が多いんですが、実はそうやって一人で頑張る人は逆に心が折れやすく、本当に逆境に強い人は周囲の人の手を借りる人だったということが研究で明らかになっています。しんどい時こそ、周りの手を掴むことが最も大切だと言われています。今、このページに辿り着いた皆さんは「このままじゃ駄目だ」と自ら調べて、ここまで辿り着いた「力」をもっています。不登校やひきこもりであろうとなかろうと、自分には気づいていない強みがきっとあります。コロナで騒めくこんな時だからこそ、一人で耐える必要はなく、自分の今の状況を知らない昔の学校の友達でも、身近にいる家族でも、大学の学生相談室でも、僕でも構いませんので、コンタクトを取ってみてほしいと切に願っています。

 

もし誰にも相談できない場合は、こちらにご連絡してください。⇒ お問合せメール