お問い合わせはこちら

「脱ひきこもり」お役立ちコラム

「目標」の示し方

松隈 信一郎(医学博士)

福岡県出身。慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程にて幸福感や強み等、人間のプラス面を科学するポジティブサイコロジーを研究。在学中より従来のカウンセリングではない、ポジティブサイコロジーコーチング(PPC)による不登校・ひきこもり支援の可能性を見出す。その後、一般社団法人ストレングス協会を設立。10代、20代の若者に特化した訪問支援と教員・保護者へのPPCの教育を通して、世界中の青少年が希望をもてる社会の実現に向けて活動を続ける。著書に『「強み」の見出し方』(「月刊精神科」2017年7月号)等。

 

やりたい「目標」しか設定しない!


<一般的なカウンセリング>

  • ひきこもりには「悪い何か」(ストレスなど)が体内にある前提
  • それを傾聴し、吐き出させることがカウンセリング
  • しかし、次に何をすればいいのか、具体的に分からない状態で終わる


<ポジティブサイコロジーコーチング(訪問支援)>

  • 無理がないよう細分化した「目標」設定により道しるべを示す
  • 「強み」を武器に一緒に作戦を立て、実行しながら「未来」を描く
  • だからストレングス協会はひきこもり状態から一歩踏み出しやすい

 

ストレングス協会は不登校やひきこもりのお子様と共に目の前の「目標」を細かく設定して、道標を示しながらご支援をさせて頂いています。ある有名な実業家は「小さな仕事に分けてしまえば、何事も特に難しいことはない。」と言いましたが、ストレングス協会でも、ひきこもりから前に踏み出すまでの道のりに無理がないように細分化して、確実に前に進めるように支援していきます。

 

また、ただ目標を設定するだけでなく、その目標をどのようにすれば達成できるかというところまで作戦を立てていきます。そして、次回にその目標に対してどのような行動をとったか、自己採点は何点か、何がうまくいったか、どこを改良できるかなど、自分がした経験を振り返って考察し、自分自身の内面と深く向かい合う機会を設けます。ひきこもりの子たちは机上では学べない生きるうえでの大切な知恵を、実体験を通して養っていくことができるのです。

 

従来のカウンセリングでは、相手が話したいことを全て話させ、それをただ傾聴する方法がひきこもり脱出の支援だと考え実施していました。しかしこの従来のカウンセリングはひきこもりの子たちはストレスなど「悪い何か」が体内にあり、それを吐き出させることが支援であるととらえていたのです。なので、高額なカウンセリングを受けたとしても、お話を聞かれるだけで次に何をすればいいのかわからない状態のまま終わるということも多々あるのが現状です。

 

ひきこもり状態から前に歩き始める上で本当に必要な支援とは、端的に、本人がまだ見ぬ未来と自分の可能性に確信を持つことであり、そのためには未来を見えるようすることが最も大切な支援のありかたなのです。そして、その見えるようになった未来に対してひとつひとつ石を積み重ねていくように、小さな目標を設定して「あそこまで行ってみよう」とコーチと伴走し、そうすることで建設的に前に進む感覚を育みつつ、これまで見えなかった漠然とした未来を、見えやすい具体的な目標に変えていきます。目標までいくと次が見える、次の目標まで行くとさらに次が見える。このプロセスを繰り返した結果、「気づいたら、ひきこもり状態から前に進んでいた」という状態に導いていきます。

 

さらに、ストレングス協会はこの目標設定自体にもこだわります。目標設定を生徒と一緒につくる際、その動機は主に2つにパターン化されます。ひとつは「アプローチ型」と呼び、もうひとつは「回避型」と呼びます。アプローチ型は、自分がその目標を達成した時にプラスの感情が味わえるからやりたいという「やりたい!」気持ちがベースとなっており、「回避型」は自分が何か嫌なことを避けたいからそれをやるという「避けたい」気持ちがベースとなっています。

 

みなさんご存知のように、人間というのは「やりたい!」と思ったものに対して注ぐエネルギーの方が、「ある状況を避けたいからやる」というエネルギーよりもはるかに強いのです。私はこの「アプローチ型」で目標設定することにこだわっており、ひきこもりからの一歩目を誰か何かに強いられながらイヤイヤするのではなく、「本人がしたいから脱出する」という前提のもと、目標を設定していきます。