お問い合わせはこちら

「脱ひきこもり」お役立ちコラム

「不登校・ひきこもり支援」のキーワードは「人としての成長」

松隈 信一郎(医学博士)

福岡県出身。慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程にて幸福感や強み等、人間のプラス面を科学するポジティブサイコロジーを研究。在学中より従来のカウンセリングではない、ポジティブサイコロジーコーチング(PPC)による不登校・ひきこもり支援の可能性を見出す。その後、一般社団法人ストレングス協会を設立。10代、20代の若者に特化した訪問支援と教員・保護者へのPPCの教育を通して、世界中の青少年が希望をもてる社会の実現に向けて活動を続ける。著書に『「強み」の見出し方』(「月刊精神科」2017年7月号)等。

 

ストレングス協会は現在、不登校やひきこもりのお子様がその状態から次の一歩が歩み出せるように支援させて頂いておりますが、ここで改めて私達が考える「不登校・ひきこもり支援」の意味について考えてみたいと思います。ぜひ親御様ご自身のお考えと照らし合わせながらお読み頂ければ幸いです。

 

私は何も「学校に行かないこと」や「家の中にずっといること」に関して、正直、「悪いこと」だと思っていません。学校に行かないことや家にずっといることは別に何かを犯しているわけではありませんし、むしろ、いじめ等で学校や職場に行けない場合など、寧ろ引きこもっていてほしいとさえ思います。一方、かといって「ずっと不登校でもいいじゃないか」「引きこもりのままでいいじゃないか」という考えでもありません。なぜなら、私の論点は「家にいること」や「学校に行っていないこと」という目に見えることではないからです。

 

ストレングス協会が最も大切にしているものは「人として成長すること」にあります。

 

人は喜怒哀楽、様々な感情を経験する中で精神的に成長していく生き物です。

 

私は不登校やひきこもりのお子様に対して、「成長すること」が最も重要なことだと考えています。感受性が豊かな時期に、様々なことを経験して感じてほしい、感動してほしいという想いが私達の不登校・ひきこもり支援の根幹にあります。

 

というのも、不登校やひきこもりの状態でも彼らは成長している時があるのです。「焦り」や「迷い」、「悩み」に「劣等感」など、様々な感情を経験している時がまさにそれです。人生にもがいている不登校やひきこもり状態のお子様と向き合う度に、私達は「可哀想だな」という上からの感情よりもむしろ「ああ、この子はいい経験しているなあ、しっかり成長しようとしているなあ」とついつい思ってしまい、拍手を送りたくなるのです。

 

ストレングス協会が考える「不登校・ひきこもり支援」の意味、それは様々な経験を通して感動すること、成長すること。

 

どうしても不登校やひきこもり状態で家の中に長くいると、「もうどうでもいいや」と心が感じなくなってきてしまいます。その状態で「ひきこもりでもいいじゃないか」とは到底思えませんし、一方、何が何でも「同じ学校や職場に戻すこと」は、「感動すること」や「成長すること」という観点からすると、私達にとってそこまで重要なことではないのです。

 

ストレングス協会にとっての不登校やひきこもり支援は、喜怒哀楽、様々な感情を経験する中で成長することにあります。もしそれが元々いた学校や職場でお子様が経験しやすいのであれば、復学・復職する方向でサポートしていきます。もし以前の環境ではハードルが高すぎて中々進めないのであれば、別のオプションを探り、別の環境で喜怒哀楽を感じられるようにサポートしていきます。もし不登校やひきこもりの状態で今もがいているのであれば、成長しているその勇姿に拍手を送り、さらなる成長が出来るようにサポートしていきます。

 

もし今、親御様がその内的な成長を抜きにお子様を不登校やひきこもり状態から何としてでも脱出させようとされているのでしたら、一度、お話しませんか?もしかすると、普段とは異なる角度からお子様を新しく捉えることができるかもしれませんし、現状打破の突破口が見つかるかもしれません。何かピンッときましたら、是非お気軽にお問い合わせください。