お問い合わせはこちら

「脱ひきこもり」お役立ちコラム

「強み」を活かす子育てとは?

MILESTONEの不登校・若者ひきこもりの脱出支援は、「ただエネルギーが溜まるまで見守りましょう」という従来のカウンセリングとは異なり、ポジティブサイコロジーという近年アメリカで生まれた新しい心理学の理論を応用し、お子様の「強み」にフォーカスしながら脱出に向けた面談を進めていくものです。ここでは、不登校や引きこもりに問わず、「強みを活かす子育て」とは何か?についてお話したいと思います。

 

皆さんは、「強みを活かす子育て」と聞くと、どのようなことを思い浮かべるでしょうか?例えばお子様がサッカーが得意なら、サッカーばかりやらせることでしょうか?ピアノが得意ならピアノばかりやらせることでしょうか?もしゲームが得意で勉強が苦手であれば、勉強は無視してゲームばかりやらせることでしょうか?往々にして「強み」にフォーカスと聞くと、「得意なことばかりやらせること」だと思われる方が多いのではないかと思います。

 

「でも、うちの子、何も特技なんてないし・・・」「そんなゲームばかりさせたら甘やかしじゃないの?」

 

このような疑問を抱かれる親御様もいらっしゃるのではないかと思いますが、「強みを活かす子育て」とは、実はこのようなことでは全くないのです。

 

「強みを活かす子育て」とは、お子様の弱みを無視する子育てではなく、「うまく行っている部分から取り組んでいく子育て」を意味します。

 

生き物の脳は危険をいち早く察知して生き残るために、そもそもネガティブなものに引き寄せられるという性質をもっています。ですからついついお子様のネガティブな部分や不安材料に目がいきがちになるのは仕方ないことなのです。皆さんも小さい頃、テストの点数が80%は良かったのに、20%の部分が悪かった時、食卓では良かった80%の部分よりも、20%の部分ばかりが会話の話題に挙がったご経験はないでしょうか?

 

この出来ていなかった細かい部分を修正して高みを目指す練習は「Deliberate Practice(計画的訓練)」と呼ばれ、一流のアスリートや芸術家が更なる高みを目指すためにしていることで、一流のアスリートと同じように、自発的に目的も目標も明確にもっているお子様にとっては非常に重要なアプローチになります。しかし、これはそもそもの前提が「自発的に目的も目標も明確にもっている」場合です。

 

反対に、自発的に目的も目標も明確にもっていない多くの不登校やひきこもりのお子様にとって、このように出来ていない部分から入るアプローチは、ひきこもり状態からの脱出に対して、お子様のやる気を下げ、継続的に行動することが困難になるケースが多いようです。またこれは何もお子様に限った話ではなく、社会に出ても、部下のモチベーションを無意識に下げ続けている上司に共通していることなのです。

 

「強みを活かす子育て」とは、この良かった80%の部分をただ褒めるのではなく、しっかり分析させる子育てです。

 

「この80%の部分、なんでうまく行ったと思う?どんなことしたの?なんでそんなことしようと思ったの?」

 

このように「今うまく行っていること」や「良い部分」をお子様本人がしっかり分析できるように仕向けてあげれば、お子様はそこから自分の勝ちパターンを学び、徐々にそのパターンを用いて自分が苦手なことに応用できるようになってくるからです。つまり、ひきこもり状態からの脱出でもそれを活かすことができるようになるのです。

 

人間は私達が思っている以上に複雑な生き物です。今、不登校や引きこもり状態のお子様を見ていると全てがうまくいっていない、全てがダメだと評価してしまいがちになります。しかし、どんなお子様にも、いかなる状況でも、「うまくいっていること」「良い部分」は必ずあります。もしそれが今見つけられないのであれば、お子様の問題ではなく、親御様ご自身の見方が偏り過ぎている可能性が大であると断言できます。

 

「強みを活かす子育て」は、豪州のLea Waters教授を中心に、この10年弱で急速に研究が進み、子どもの心理状態にも影響があることが明らかになってきました。

 

お子様のうまく行っている部分や良い部分に気付くためにも、常にお子様と顔を合わす前に「この子の何がうまくいっているのか?」と自問されて会話をし始めてみませんか?不登校や引きこもりのお子様が現状を打破し、脱出していくのは、お子様と関わる大人が、彼らの「強み」に気付き、しっかりそれを育てていくことに起因します。

 

ですから、お子様のひきこもり脱出のために、是非、次の質問に答えてみてください。

 

「今のお子様のうまく行っている点は何ですか?」

 

とりあえず、5個は挙げてみてください。

 

さあ、何に気が付きましたでしょうか?