お問い合わせはこちら

「脱ひきこもり」お役立ちコラム

「不登校」は恥ずかしいこと?

これまで様々な親御様と関わってくる中、不登校のお子様をもつ親御様の特徴として、大きく2つに分かれます。それは、親御様ご自身が、お子様の「不登校」を恥ずかしいことだと思っているかどうかということがあります。欧米圏のようにホームスクーリングやチャータースクールのように多様な教育選択がなく、また途上国のように学校に行けない経済状況でもない日本という国において、学校に行くことが「普通」(「普通」と「普遍」をよく日本社会は混同して使われていますが)であり、普通のことも出来ていない子どもがいることに一種の恥ずかしさを感じてしまうことは無理もないのです。

 

「子育てを失敗したと思われるんじゃないかしら」

「気の毒に思われたくないし」

 

周りの評価は自分で決められるものではないため、他の親御さんから “悪く” 見られないように、お子様の不登校をあたかも隠すように動かれる親御様がいらっしゃいます。もしくはご自身ではそのような気はないのに、三世代で暮らしているご家庭で、お祖父さん、お祖母さんからの圧力により、そのような思考になられている方もいらっしゃるようです。

 

一方、「私の子ども、不登校なの」と何も臆することなく、ご友人等にお話される親御様もいらっしゃいます。別に悪いことしている訳ではないし、海外も含め、色んな学ぶ道もあるし、それよりも本人が熱中できるものを見つけてほしいと、考えられている親御様が多く、なかでも海外で暮らされたご経験をもつ親御様に比較的、多いような考え方です。

 

勿論、この2つのタイプに完璧に分けられる訳ではありません。寧ろ、割合の問題なのかなと思いますが、重要なことは、一度、子どもの視点に立って、この二つの考え方を見てみることです。

 

「メラビアンの法則」にもあるように、私たちがコミュニケーションをとる際、具体的に発する言葉の内容はほとんど伝わっておらず、逆に見た目や声のトーンなど、言葉の内容以外のものが9割以上伝わると言われています。

 

この2つの考え方は、直接、言葉にしなくても、表情や仕草などを通して、日常生活の中でお子様に “確実” に伝わっています。

 

どちらの考え方が良いかということはお子様の視点に立ってみると、それぞれの状況で何か見えてくるものがあるのではないでしょうか?

 

「不登校」や「ひきこもり」と向き合うこと。

実は私たち、大人が成長する機会を与えられているのかもと日々、実感します。

 

 

松隈 信一郎

1986年福岡県出身。慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程にて、幸福感や強み等、人間のプラス面を科学するポジティブサイコロジーを研究。在学中、知人よりひきこもりの子どもの訪問支援を依頼され、試行錯誤しながら面談を実施していく中、長年ひきこもっていた子達が活力を取り戻し、行動し始めたことから、従来のカウンセリングではない、ポジティブサイコロジーによるひきこもり脱出支援の可能性を見出す。その後、MILESTONEを立ち上げ。10代、20代の若者に特化した訪問支援を通して、世界中の若者たちが人間らしい喜怒哀楽を享受する社会の実現に向けて活動を続ける。日本ポジティブサイコロジー医学会事務局、米国GALLUP社人材開発コンサルタント兼任。