お問い合わせはこちら

「脱ひきこもり」お役立ちコラム

「不登校」から前に進む上での共通点①「不登校が良い・悪い」ではない

松隈 信一郎(医学博士/公認心理師)

福岡県出身。慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程にて幸福感や強み等、人間のプラス面を科学するポジティブサイコロジーを研究。在学中より従来のカウンセリンではない、ポジティブサイコロジーによる不登校・ひきこもり支援の可能性を見出す。その後、一般社団法人ストレングス協会を設立。10代、20代の若者に特化した訪問支援と教員・保護者へのポジティブサイコロジーの教育を通して、世界中の青少年が希望をもてる社会の実現に向けて活動を続ける。著書に『「強み」の見出し方』(「月刊精神科」2017年7月号)等。

 

お子様が不登校の場合、この先どうなってしまうのかと心配したり、不安になったりするのは自然な感情です。「学校に行かないと社会性が身に付かないのではないか?」「このままひきこもってしまったら、社会に出た時やっていけないんじゃないか?」「進級できなかったら留年になるけど、下の学年の子達と一緒に勉強となると、さらに苦しむんじゃないかしら」・・・色んな考えが頭の中をいっぱいにしていくと思います。「不登校」といっても、それぞれ状況が異なるため、ひとつの「正解」はありませんが、ここでは不登校のお子様で復学やフリースクール等、前に進んでいったご家庭に共通することに関して、数回に分けてお話していきたいと思います。今回はそもそもの前提についてお話したいと思います。

 

「不登校は良い・悪い」の次元ではない

そもそもの前提として、私は「不登校」という状態について「良いこと」や「悪いこと」だという考えをもっていません。一昔前の「登校拒否」という言葉に表されているように、未だ「不登校は悪いもの」という考えのもと、無理矢理にでも学校に連れて行かせようとすることをよく伺います。一方、子どもの気持ちを考えていない、何も無理して行くことはないという考えから「不登校でもいい」と見守ることを奨励する支援もあります。こんなことを言うと嫌われてしまうかもしれませんが、私は正直、この「不登校は良い・悪い」の論争はあまり意味がないと思っています。なぜなら、この論争をしている土俵自体がそもそもおかしいと思うからです。

 

「不登校でもいい」と言われ、ずっと家でゲームをし続け、気づいた時には同級生が就活をはじめ、置いて行かれた劣等感から自殺を試みた20代のお子様にも出会いました。一方、「不登校でもいい」と言われて、安心することができ、学年が変わるクラス替えを機に復学した10代のお子様にも出会いました。「不登校は駄目だ」と子どもの気持ちを考えずに無理矢理行かせようとして、益々、社会を拒絶した10代のお子様にも出会う一方、学校をさぼり続けて戻るタイミングを失い悩んでいたけど、嫌だというお子さんを親御さんが車で送り、それをキッカケに復学して今は楽しそうに学校に通っている10代のお子様にも出会いました。

 

ここで私が何を言いたいかというと、「不登校が良い・悪い」という論点でお子様に向き合っていくのは、正直、ずれているということです。

 

文科省は平成28年に「不登校児童生徒への支援の在り方について(通知)」で以下の文書を発表しました。

 

「不登校とは,多様な要因・背景により,結果として不登校状態になっているということであり,その行為を「問題行動」と判断してはならない。不登校児童生徒が悪いという根強い偏見を払拭し,学校・家庭・社会が不登校児童生徒に寄り添い共感的理解と受容の姿勢を持つことが,児童生徒の自己肯定感を高めるためにも重要 であり,周囲の大人との信頼関係を構築していく過程が社会性や人間性の伸長につながり,結果として児童生徒の社会的自立につながることが期待される。」

 

もしこの文書をご存じない親御様はリンクを貼っていますので、是非、ご一読して頂きたいのですが、私はこの文科省の文書に本質があると思っています。

 

上述の文書を私なりに解釈してみると・・・「不登校って、これまでその子ども自身が(怠けているとか忍耐がないとかで)悪いと一括りにレッテル貼っていたけど、そうじゃなくて、例えば、いじめとか家庭内のプレッシャーとか色んなものが重なって現れる現象なので、一概にその子ども自身の問題行動として判断しちゃいけませんよね。(よく見落とされがちですけど、学校に行くとか行かないとかが大事なんじゃなくて、)その子が社会的に自立できるようにすることが最も重要なことですよね。そのためには他の人との信頼関係を結ぶ経験が大事になってきますけど、それは(学校だけでなく)周りにいる大人との関わりの中でも養われることだし、別に学校以外でもできますよね。そもそも自分は駄目だと思ってしまっている子が他の人と信頼を結んでいくことって難しいから、その子の気持ちを理解して、その子が(学校に行っていようが行ってまいが、)価値ある人間だと認めていくことが大事ですよね。」となります。経験上からも思うことなのですが、「不登校が良い・悪い」という話ではなく「自分には価値がある」と思えるかどうかの方がより本質的なことだと思うのです。いくら復学したとしても、学校に行けるようになったとしても「自分は劣っている」と思い続けている限り、その状態は長続きしません。

 

このコラムを通して、皆さんに今一度考えて頂きたいことは、「不登校が良い・悪い」という次元のお話ではなく、「この子はどれくらい自分には価値があると思えているだろう?」という点です。

 

100点満点中、何点くらいだと思いますか?

 

その点数はどのような意味ですか?

 

もしその点数がプラス5点あがったとしたら、それはどのような言葉がけをしたからですか?

 

注目すべきは「不登校が良い・悪い」でははく、その子の「劣等感」にある。この考えを前提に、これから前に進み出すご家庭の共通点を見ていきたいと思います。