お問い合わせはこちら

「脱ひきこもり」お役立ちコラム

「不登校」から前に進む上での共通点② 親子間に信頼がある

松隈 信一郎(医学博士/公認心理師)

福岡県出身。慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程にて幸福感や強み等、人間のプラス面を科学するポジティブサイコロジーを研究。在学中より従来のカウンセリンではない、ポジティブサイコロジーによる不登校・ひきこもり支援の可能性を見出す。その後、一般社団法人ストレングス協会を設立。10代、20代の若者に特化した訪問支援と教員・保護者へのポジティブサイコロジーの教育を通して、世界中の青少年が希望をもてる社会の実現に向けて活動を続ける。著書に『「強み」の見出し方』(「月刊精神科」2017年7月号)等。

 

不登校のお子様が前に進み出す際の共通点は何かを考えた時、まずはお子様自身ではなく、「家庭環境」の方から目を向けてみたいと思います。「不登校支援」というとお子様への直接的なカウンセリングもあれば、親の意識や関わり方の変化を促す「家族支援」、また、転校・フリースクールに移るという「環境」を変える支援などがありますが、少なくとも「お子様個人」「家庭環境」「外部環境」の3つの領域があると思います。その際、まずは「家庭環境」の共通点を見たいところです。なぜなら、不登校の状態から前に進み出すお子様は親御様と信頼関係にあることが共通点として多く挙げられるからです。

 

親御様がお子様と同じサイドに立つ

不登校の状態から別室登校を始めたり、復学したり、家庭教師を始めたり、何かしら前に進み出すお子様は親御様と雑談したり、「普通の会話」ができている子が多いようです。よくお子様が不登校やひきこもりの状態になった時、「この子の何が悪いのか?」ということばかりに目がいきがちですが、実はそれ以上に重要なことは、「私はこの子が自分に悩みを打ち明けるほどの信頼関係を築けているか?」という質問です。人間である以上、誰しもがつまずくことはあります。これは不登校やひきこもりに限った話ではなく、大人である我々も職場でつまずいたり、悩んだりしている時に上司や同僚など、一人でも相談できる人がいるのといないのでは心の持ちようが全然違います。

 

よく壁にぶつかっても心が折れない人は、とても我慢強く、精神力が強い人のような印象をもちがちですが、ポジティブサイコロジーの研究で明らかになったことは、心が折れない人は窮地に陥った時に「助けを求めることができる人」であったのです。しんどくなった時、一人で頑張るのではなく、仲間の手を握ることができる人が折れない心の持ち主であるということが明らかになりました。これは不登校やひきこもりの文脈でも非常に重要なポイントです。なぜなら、お子様がつまずいた時に、その子から見て「手を伸ばして握りたい」と思われる存在に私達がなっていなければ、その子は一人で潰れていくしか他に道はないからです。

 

お子様が不登校やひきこもり状態の時、「この子を助けたい」「何とかしてあげたい」という想いのもと、進路のことや今後のこと等、私達の会話は終始、学校や進路の話ばかりになりがちです。そんな自分の姿を逆の立場から見てみると、ひょっとしたら、一番、突かれたくないことばかりを突いてくる「敵」に映ってしまっているかもしれません。自分がしんどい時、痛い目に遭いそうなところに自ら歩む人はまずいません。ですから、まずは不登校やひきこもりのお子様の同じサイドに立つことから始めていきたいと思っています。「同じサイド」というのは、彼らから見て、「自分の『味方』だ」と感じる存在、つまり自分のことを理解してくれる存在を指しています。「彼らから見て」と主語が「彼ら」であることに注意してください。

 

「気持ち」を推測する

では、私達はどのように「自分のことを理解してくれている」とお子様が感じられる存在になることができるのでしょうか? ここは単なる方法論をお伝えしてもあまり意味がないところかもしれませんが、1つポイントを挙げるとしたら、「気持ち」にフォーカスすることが挙げられます。目の前にいるお子様と向き合う時、「この子は今、どんな気持ちなんだろう?」と自問自答してみてください。「辛い」「苦しい」「寂しい」「焦り」「罪悪感」・・・。「何を考えているのか?」「将来のことをどう思っているのか?」という「考え」を知ろうとする前に、この「声になっていない声(気持ち)」に気づくことが「彼らから見た味方」になるために非常に重要な役割を果たします。

 

「そりゃ、私も同じ立場だったら不安になるわ」

「周りから遅れているって焦るよね、そりゃ」

「そりゃ、気持ちが沈むと将来のこととか考えたくないよね」

 

まずは、お子様がどんな気持ちでいるのかを推測されてみてください。今、目に見える様子(例えば、ずっとベッドでスマホしている姿 等)ではなく、どんな気持ちなのかを考えてみてください。こちらがどんな気持ちで何を考えているのかも理解していないのに、外から見えるものだけで評価してくる上司、嫌ですよね?

 

以前、「子どもが〇〇に合格したが、もう引きこもりに戻らないと本人に約束してもらいたい」と仰られる親御様がいらっしゃいました。これまでの内容を考慮すると、このご発言が的外れなことは容易にご理解頂けるのではないかと思います。心の折れにくい人はピンチの時に周りの手を握れる人です。お子様と契約を交わすのではなく、彼らが窮地に立たされた時に「手を差し伸べたい」と思える信頼関係を親御様との間でしっかり築けているかどうかの方が遥かに大事です。勿論、一概には言えませんが、そのためにも、まずはお子様の様子ではなく、「気持ち」にフォーカスされ、彼らと同じサイドに立つことをまず意識されてみて頂ければと思います。また 一方、お子様が不登校やひきこもりについての悩みを話してくる関係性がもう既にあるのであれば、信頼関係はしっかり築けていますので、その状態から前に進んでいくのは試行錯誤を繰り返しながら、比較的、スムーズに進んでいくかと思います。今回は不登校から前に進んでいくお子様に見受けられる共通点として、親子間の信頼関係をテーマにお話させて頂きました。少しでも何かのご参考になればと願っています。