お問い合わせはこちら

>
<
モニター生徒の声

MILESTONE「脱不登校・ひきこもりプログラム」対象者(10代・20代)

お子様支援(訪問支援 )

  • 小学生(高学年)・中学生の不登校
  • 高校生・大学生の学生ひきこもり
  • 学校中退・卒業後の若者ひきこもり
  • 就活失敗・退職等の若者ひきこもり

保護者支援(電話コーチング)

  • 不登校・若者ひきこもりでお悩みの保護者様
  • 小学生(低学年)の保護者様
  • 関東圏外にお住まいの保護者様

お子様の「強み」を見出し、「脱不登校・ひきこもり」へと導く。

初めまして。MILESTONE(マイルストーン)代表の松隈信一郎と申します。 私達は今、学校に行けない、もしくは行かないお子様や、人生(みち)に迷ってしまっているお子様とお話をして、最初の一歩が踏み出せるようにお手伝いをさせて頂いております。
しかし、矛盾しているようですが、私達は何も「学校に行かないこと」や「家にいること」が悪いことだとは思っていません。「一生、生きていけるのであれば、ずっと家にいてもいいのではないか?」とも正直、思っています。
ただ1つだけ気になることがあるのです。それは、家の中にずっといるお子様と対話していると、「自分はダメだ」とか「自分には価値がない」とか、中には「こんなんだったら生まれてこなければよかった」と思ってしまっている子達と出逢うことがあるのです。それも一人ではなく非常に多くの数の子達と。しかし、そんな彼らも心のどこかで「このままじゃダメだ」とわかっている。だけど「自信」がなくて、これからどうすればいいのか分からない。そういう子達の声なき声が聴こえてくるのです。
私はこれまで従来のカウンセリングとは全く異なる「ポジティブサイコロジー」というアメリカで生まれた新しい心理学を学んできました。そして人の「強み」や「長所」というものを科学的に勉強してきました。誰しもが「強み」や「長所」をもっているのに、それに気がついていないお子様があまりにも多く存在しているのです。
もし不登校や家にひきこもっているお子様ご自身が自分自身に自信がなく、「自分は価値がない人間だ」と思っているのであれば、私達は何かお役立ちできるかもしれません。
MILESTONEはポジティブサイコロジーの理論を基に、お子様特有の「強み」を見出し、その活かし方を教えていきます。お子様がご自身の「強み」を活かし、自らの人生(みち)を一歩踏み出せるように、私達は傍にいます。

お子様への手紙(PDF)はコチラ
※お子様へご紹介する際にご活用ください。
松隈 信一郎

まずはお電話・メールでの無料問い合わせをお気軽にどうぞ!

お電話でのお問い合わせは

  080-1530-9781

WEBからのお問い合わせは

  お問い合わせフォームへ

―コラム随時更新中!―
「脱ひきこもり」お役立ちコラム「脱ひきこもり」お役立ちコラム